catch-img

Wowma!ならではの強みと戦略


auコマース&ライフ株式会社

ストア営業部第1グループ

水谷達哉

某不動産会社を経て、auコマース&ライフ株式会社(旧KDDIコマースフォワード株式会社)入社。ファッション・ブランド品・スポーツアウトドア領域を担当。現在は営業部チームリーダーとして営業活動を促進。



目次[非表示]

  1. 1.幅広い消費領域をカバーするWowma!共に歩んできた水谷氏
  2. 2.「毎日がワウ!になる!」Wowma!の全体概要
  3. 3.EC領域を強化し、Wowma!を展開していくKDDIの基本戦略
  4. 4.モバイル決済auPAY、越境ECへ拡大~Wowma!の取り組み
  5. 5.「三太郎の日」「Gunosy」などWowma!特有のプロモーション
  6. 6.キャリア決済の効果~Wowma!ならではの特徴
  7. 7.Wowma!の出店プラン



幅広い消費領域をカバーするWowma!共に歩んできた水谷氏

auコマース&ライフ株式会社 ストア営業部の水谷達哉と申します。

前職についてはCMでも有名な不動産Aショップにおりまして、そこでも営業活動を行っていました。私自身はWowma!がオープンした当初からおりまして、ファッション領域を担当したのち、第二グループと呼ばれるスポーツアウトドアをはじめとする幅広い分野を担当しました。現在はチームリーダーとして営業活動の促進とマネージメントを行っています。


それでは、これよりWowma!概要をご説明させて頂きます。

本日のアジェンダ下記の6つになります。

1 KDDIの基本戦略

2.急成長中のWowma!

3.Wowma!の取り組み

4.Wowma!のプロモーション

5.Wowma!ならではの特徴

6.特別プレゼント


「毎日がワウ!になる!」Wowma!の全体概要

まずWowma!の全体概要について説明させて頂きます。

Wowma!は「毎日がワウ!になる」をコンセプトに、毎日お客さまや出店店舗さまに驚きや感動を提供したいという想いを込めて名づけられました。

毎日訪れることが楽しみになるような驚き(Wow!)や感動を、お客さまと出店店舗さまにお届けするネットショッピングモールを目指しています。

もともとは株式会社DeNAが運営しており、1999年bittersとして誕生しました。その後、DeNAショッピング、auショッピングモールとして運営されていましたが、KDDIに譲渡され、2017年1月~Wowma!として生まれ変わりました。

Wowma!のサービスの利用者層は、主に30~40代が中心となっています。

また、Wowma!の特徴としてモバイルに非常に強いことが挙げられます。その背景としてモバイルに強いサービスと連携をしていたり、通信サービスを提供しているKDDIグループが運営していることもあり、スマートフォン経由の売上が93%と他のモールよりも圧倒的に高いのではないでしょうか。

また、近年のスマホ購入者・保有者は8割に迫っており、年々増加傾向にある事や電車の移動時間や寝る前等、さくっと購入できるお客様の割合がふえておりますので、市場としても増えているということもあると思います。

通信サービスを提供しているKDDIグループが運営していることもあり、キャリア決済利用者が多いのもWowma!の特徴です。キャリア決済の場合、購入時に新たに個人情報やクレジットカード情報の入力が不要です。そのため、個人情報の入力に抵抗がある方にも気軽にWowma!をご利用いただいています。

キャリア決済しやすいということは、クレカを使わない層を取り込みやすいので、他のモールを利用されているユーザーとは違う層を獲得できる可能性が高いので、出店する際にはこのau簡単決済は必ず導入して頂いた方がよろしいかと思います。

ここまでの内容をまとめさせていただきますと、Wowma!のユーザーは「スマホ利用率が他のモールと比較して高い」「キャリア決済の割合が他のモールと比較して圧倒的に高い」ということもあり、他のモールとは違う層にアプローチ出来るため、追加で売り上げを伸ばすことが出来ます。そのため、新しいお客様を獲得したいという店舗様にはお勧めです。


EC領域を強化し、Wowma!を展開していくKDDIの基本戦略

続きましてKDDIの基本戦略に移ります。

そもそも、なぜKDDIがWowmaを始めたのか。KDDI=通信の会社として今まで事業を行ってきましたが、世の中の「今後人口が増えない」「格安スマホやシムフリー携帯の出現」という背景もあり、KDDIグループを今後どうしていくかと考えました。そのときに通信事業だけですと、この先限界が見えているということになりました。そのため、全体の利益を伸ばすために非通信事業の拡大を図っていくことが狙いとなっています。KDDIとしては、通信料収入に加え、非通信事業の拡張を加速させていくことで、付加価値収入の拡大を目指しています。

「電気」「通信料」「損保」「住宅ローン」などが非通信事業にあたります。しかし、いきなり「電気変えましょう!」「保険に入りましょう!」では、正直かなりハードル高い。その中で、一番使ってもらえそうなサービスは何か、そして今後伸びていく事業はなにかとなった時に、EC、ネットショッピングがフォーカスされました。そして2年前DeNAから事業を買収し、現在、Wowma!に力を入れています。



こちらはKDDIが過去にどのような会社と提携してきたかという取り組みを表に表したものになります。

これを見ても分かる通り、KDDIは、先ほどお伝えした非通信事業であるライフデザイン事業に対し、M&Aなどを通じて、積極的に取り組みをしています。

また、グループ会社同士でも一緒に取り組みもしていまして、直近ではKDDIはニュースアプリのグノシーと提携しました。グノシー内にinfeed広告(コンテンツの間に自然に表示される広告)を出したりして、Wowma内に導線を引いたりと強化連携を図っています。

グループ企業だからこそ協力し合い、相互送客や共同プロモーションを実施することで、新規顧客の獲得も出来ています。

今後も、M&Aやパートナー企業様との協業を含めたライフデザインサービスの拡充に努め、au経済圏流通総額の拡大と新たな成長軸としての伸張を目指していきます。

つまり、KDDIの戦略としては、非通信事業を縦に伸ばしていくという形が事業方針となり、成功へのカギとなります。

それでは、au経済圏の中でWowma!はどういう立ち位置なのかについて紹介させていただきます。

KDDIは、お客さまのライフステージに応じて様々なサービスを提供しています。「電気」「通信料」「損保」「住宅ローン」など、その他auサービスを利用すると、お客さまには「WALLETポイント」などが付与されます。

しかし、実はこのポイントが何百億と未使用の状態なのです。

今までは機種変更時に携帯の付属品等でしか使えないなど、使い先が少なかったため、あまり使われていませんでした。今は、そのポイントをWowma!でお買い物をして頂けるようにイベントやキャンペーンを絡めながら送客しています。つまり、ポイント未使用分の経済圏がWowma!へ流れてくるということになります。今後はWowma!の方で使えますよと認知づけるために、携帯料金の還元やポイント還元の施策を全面的に押し出していったり、非通信サービスのユーザーにクーポンの配布やポイントを増額したりして、力を入れています。



続きまして、Wowma!を数字の面で見てみます。

具体的な数字は出せないのですが、このグラフは本当の数字で作成しているので、成長率をお察しください(笑)。グラフを見て分かる通り、Wowma!が誕生してから、毎月600店舗以上の店舗さまにお申込みを頂いております。そのため、出店店舗数、そして出品数も増えており、バラエティ豊かな魅力的な売場に進化しています。

続きましていわゆるナショナルクライアントと呼ばれる一般的に認知度が高い店舗様の一覧となります。直近でいうとヤマダ電機さんやゼビオさん、タイガーさん等が出店頂き流通進捗もかなり好調となっております。西松屋さんは、公式通販HPがWowma!に直結していまして、直接送客等も行っています。

なぜWowma!がこのようにナショナルクライアントを積極的に出店していただいているかというと、正直、現時点ではWowma!の知名度は高いとは言い切れません。そのため、このようなすでにお客様を持っている店舗様に出店していただくことで、商品をバラエティ豊かにし、Wowma!への新規顧客獲得を狙っています。新しいお客様にWowma!に入っていただき、他の店舗様で購入していただくことも狙いの一つになっています。そのため、回遊率が上がる工夫もサイト内で行っています。

「Wowma!」の購入ユーザー数と流通高の推移をみると、KDDIのコマース基盤として中核を担い、auキャリアと連携した施策を多数実施したり、 KDDIグループ全体で相互送客を実施しているため、購入ユーザー数・流通高ともに大幅に成長しています。


モバイル決済auPAY、越境ECへ拡大~Wowma!の取り組み

続きましてWowma!の取り組みに移ります。

楽天との業務提携が気になっている方相当いらっしゃると思いますが、一つ言えることはモールが統合したりお客様の食い合いにはならないという事だけお伝えいたします。

KDDIは今年4月からauPAYというモバイル決済を開始しました。この事業提携によりサービス開始当初から現在楽天PAYを導入している店舗、企業120万店舗に導入される予定になっています。

また物流面でも楽天の物流サービスを使い、お客様にとってWowma!で買い物をしやすい環境を整えていく予定です。

楽天は、通信事業に参入するにあたってKDDIから回線の借り受けを受け、KDDIは楽天のユーザーがデータ通信や通話を行えば、KDDIに対して通信収入が入ってくる仕組みです。KDDIからみれば、混雑エリア以外の場所は、ネットワークのキャパシティ的にかなりの余裕があります。そこに、追加投資することなく、新たに楽天のユーザーが使ってくれれば、新たな収益が生まれる仕組みとなっております。

お互いが培ってきたプラットフォームのギブアンドテイクのイメージですね。

インアゴーラは、日本企業と中国のお客さまを結ぶワンストップソリューション型の越境ECプラットフォーム「豌豆 (ワンドウ) プラットフォーム」を提供しています。中国のお客さま向けに商品情報の制作・翻訳、物流、決済、マーケティング、顧客対応、他チャンネル展開などの全工程をインアゴーラが担っています。日本企業はインアゴーラの日本国内倉庫に商品を配送するだけで簡単に巨大な中国市場に進出することが可能になります。注意事項としてWowma!に出店していることが条件と、出店時の審査がございますことを、ご留意ください。

動画制作では強みのあるエブリーの良さと商品力で強みのある「Wowma!」の良さを生かして、今後はライブ動画の中で行われるアンケートやクイズに回答することで、クーポンやポイントが付与される機能や、動画の同時視聴者が多く集まるほど、お得に買い物ができる企画の実施など、ショッピングがより楽しくなるサービスの提供を予定しております。

「Wowma!」の出店者にとっては、自ら番組を作ることなく、高い制作力に支えられて、商品を提供するだけで、自らの商品を新しい販売チャネルを作り、新規顧客開拓ができます。また、エブリーにとっては大手企業に対して、これらのライブコマースの番組を枠ごと買ってもらい、独自コンテンツとして各社で育てられれば、エブリーが培ってきた動画の世界がこのプラットフォームを契機に広がることになるでしょう。


「三太郎の日」「Gunosy」などWowma!特有のプロモーション

次にWowma!が行っているプロモーションを紹介します。

毎月3・13・23日の「三太郎の日」には、auユーザーにWowma!のクーポンを配布。さらに、auユーザーがWowma!で購入すると最大15%のポイントがもらえます。お得な環境を用意することでauユーザーがWowma!で購入しやすい環境づくりをしています。

実際にauユーザーに様々な特典が提供される三太郎の日は通常より大きく売上が伸びる傾向にあります。

auが販売している端末(android)には、Wowma!のアプリがプリインストールされていて、ニュースや天気、占い、ショッピングなど毎日の生活に必要な情報の入り口となるアプリのTOP、利用率の高いWALLETアプリ、お得なコンテンツが盛り沢山のauスマートパスなどauサービスの様々な箇所で、お得な特典と共にWowma!を露出し、auユーザーを誘導しています。au導線を強化することで、Wowma!の認知を高め、お客様が購入しやすい環境を作っています。

KDDIグループにはプレミアム・タイムセールECサイトの「LUXA」、ニュースアプリ「Gunosy」、通販・テレビショッピングの「ショップチャンネル」など、様々な業界の有名企業が多数あります。同じグループ企業だからこそ協力し合い、相互送客や共同プロモーションを実施することで、新規顧客獲得をしています。

Webチャネルだけでなく、リアル店舗でもWowma!のプロモーションを実施しています。全国にある約2500店舗のauショップでのWowma!会員獲得を強化しています。携帯を保有しているお客様は2年に一度更新のタイミングでauショップを訪れます。既存チャネルでアプローチできていないauユーザーに対して、直接お伝えすることで認知を高めています。簡単に登録できる仕組みも整っているので、その場で新規顧客獲得をしています。実際にこの取り組みを始めてからauユーザーの会員登録数は伸びています。

Wowma!購入時の特典としてauご利用料金還元を利用できるキャンペーンやauユーザーへの送料相当額のポイントを還元も実施しています。この取り組みは、auユーザーのリテンション強化の1つとしてWowma!を活用しているのです。

また、Wowma!はサイトを運営しているのではなく、リアルイベントのショッピングサイトの運営も行ってます。KDDIアセット以外の新たな顧客の流入源、またWowma!としてのコンテンツ拡充をセットで取り組むことで、魅力的なコンテンツを持つ他社を巻き込んだパートナーアライアンスというスキームを、今後も更に積極的に広げていきます。


キャリア決済の効果~Wowma!ならではの特徴



こちらは他のモール様では見られない傾向かなと思います。毎月1日にワウマの流通は跳ね上がります。理由は、毎月1日にau簡単決済のキャリア上限がリセットされるからです。それと合わせて月末月初にワウセールを開催したりして、このような波動になっております。

auに出店されている店舗様も一番この時期に力を入れて売上を伸ばしています。

あとは、auユーザーに様々な特典が提供される三太郎の日、毎月3日、13日、23日に流通があがっています。これは月に併せてテーマが変わります。例えばauユーザーにポイントクーポン倍増やデータ容量プレゼント、ダイソーで使える200円クーポン配布等多種多様なテーマを提供しております。3のつく日や流通が跳ね上がる月末月初・還元斉に合わせて施策を行って頂く事で、店舗様の流通もあがっていきますので、出店した際はこの時期に施策を集中して組み込むことをお勧めします。

Wowma!はどの時期に伸びるかがとても分かりやすいモールです。施策自体もずっと行っていくことがベストなのですが、みなさん他のモールでもとても忙しいと思うので、Wowma!ではこの時期をメインに施策を実施するなどすると運用しやすいと思います。

出店して頂いても、出店店舗さまが売上を上げて、笑顔になって頂かなければ意味がありません。Wowma!には売上サポートチームがあり、メルマガや、管理画面に売上を上げる為のノウハウコンテンツを用意しております。

まず店舗様がご入会いただきますと、初期設定のご不明点があれば電話にて初期サポートチームがサポートします。初期設定の所要時間は全体で3時間程でございます。初期設定が終われば、売上サポートチームにて、売上が上がるためのノウハウやご相談をさせて頂きます。


Wowma!の出店プラン

それでは最後に出店プランをご紹介します。

Wowma!では、「コミコミ出店プラン」「シンプル出店プラン」の2種類の料金プランを提供しています。

コミコミ出店プランは、成約手数料に、決済代行会社「株式会社ペイジェント」が取扱う決済サービスの利用にかかる各種料金を含んだプランです。このプランは決済手数料が販売手数料に含まれているにも関わらず、手数料率が4.5%~9.0%と安いので、とても分かりやすい料金体系になっています。さらに、売上が高くなればなるほど、お客さまの手元に利益が残りやすい料金

決済システムの導入に1か月かかるので出店までに1か月半とお伝えさせていただいていますが、販売開始自体は2週間ほどで開始可能です。

今、Wowma!は大きくすべく、プロモーションに力を入れています。競合の少ない今、出店することで店舗様は先行者利益を獲得できますので、早めに出店することをお勧めします。最後までご清聴いただき、ありがとうございました。


  au Wowma!出店のご案内 ネットショップ出店・開業ならau Wowma!にお任せください!初心者の方でも安心のかんたん店舗構築、専任アドバイザーの手厚いサポートで堅実の売上アップ! ネットショップ出店・開業なら圧倒的な集客力のau Wowma!



auコマース&ライフ株式会社 水谷達哉
auコマース&ライフ株式会社 水谷達哉

某不動産会社を経て、auコマース&ライフ株式会社(旧KDDIコマースフォワード株式会社)入社。ファッション・ブランド品・スポーツアウトドア領域を担当。現在は営業部チームリーダーとして営業活動を促進。

ECセミナーからのお知らせを受け取る

下記項目を入力の上、送信することで、

ECセミナーJPからの、更新情報、セミナー開催情報などを受け取ることができます。

オススメ 記事一覧

関連セミナー記事

『後悔しないD2Cカート選定のポイント』

D2C、単品リピートECで、年商30億の企業へ成長するためのEC事業成長のHow Toとしてグループ会社であるエクセレントメディカルで行っている事業内容、そのなかから成功事例や失敗事例をお伝えします。

~最新調査結果から分析~ アフターコロナの中国人消費者像と中国マーケティングの考え方

本日は、アフターコロナの中国人消費者の変化、中国マーケティングの考え方を中心にお話をさせていただきます。

「中国越境ECの展開施策」

「中国越境ECの展開施策」と題し、百分百を活用した取り組み、そのほかの施策についてご紹介いたします。

【事例】コロナ禍におけるリアル店舗からのデジタルシフト戦略

本セミナーでは、新型コロナウイルス(COVID-19)の影響により、販促店舗の一斉休業を余儀なくされた状況下でも、販促予算をECに積極的に投下し、事業拡大を狙った結果、コロナ情勢下でもEC売上拡大に成功した株式会社SABON Japan様の実績をご紹介致します。 株式会社SABON japanの鈴木様にもご登壇いただき、広告を活用したマーケティング戦略をディスカッション形式でご紹介いたします。

「事例」をベースにしたマーケティング施策

難しい理論の話よりも、なるべく再現性のありそうな事例の話をベースにお話いたします。特にGoogle、Facebookを始めとする媒体は、自動学習を始めたことにより近年運用効果に差異が出にくくなってきました。またD2Cと言われる「Story」をもつ通販企業の参入で、ダイレクトマーケティングはますます競争が激化しています。そこで差を生むのは、「クリエイティブをどうするのか」「Dataをどう使うか」この2点に集約されると考えています。こちらに関して弊社のナレッジをお話します。

「LTV向上に向けたクロスチャネルCRM」

情報過多の時代において、ユーザーとのコミュニケーションをクロスチャネルで設計することが重要視されています。それを実現しようにも、DMPやマーケティングオートメーションなどのキーワードだけが先行して、実業務に落とせていない事業者様は多いのではないでしょうか?本セッションでは本当に効果の高い自社にあったタッチポイント(メール・LINE・広告など)の見極め方・具体的な事例について解説します。

「ANA 国際エコー賞に学ぶ顧客体験型ソリューション」

世界の主要企業・団体がどのようなデータベースマーケティングを行っているのか、どのようにデジタルテクノロジーの活用をマーケティングに活用しているのか、それらのマーケティング活動を表彰するアワード・ANA国際エコー賞の受賞作から、実際に成果を上げた最新事例を紹介し、日本でのマーケティングプランニングへの視点や発想を解説します。

「LINE公式アカウント×キャンペーンで友だちを獲得する手法。最新LINEコンテンツ運用事例と共に公開!」

多くの会社でLINEアカウントを使ったマーケティングが活性化している中、ユーザーに飽きられない魅力的なアカウントであり続けるための秘訣は?LINEアカウントの活性化、キャンペーンツールを活用した友だち獲得のアイデアを、事例を交えてご紹介します。

「キャンペーン手法によるリピート率アップと休眠顧客の掘り起こし戦略」

株式会社 ADDIXの中元と申します。私から「キャンペーン手法によるリピート率アップと休眠顧客の掘り起こし戦略」についてお話いたします。

ユーザーとブランドが創る「共に楽しむ世界」 ~ネットとリアルの融合で生まれる新しいステージ~

日本の20~30代女性の3人に2人が毎月利用するコスメ・美容の総合サイト『@cosme』。そんな『@cosme』がプロデュースする「@cosme STORE」について、本来別チャネルで販売している商品を横断的に取り揃えた品揃えや『@cosme』のランキングを反映した売り場といった特徴から、ユーザーとブランドとの接点拡大や顧客理解、顧客体験の向上につながるポイントについてご紹介します。 また、2020年1月10日、原宿駅前にオープンする「@cosme TOKYO」の店舗紹介や、アイスタイルグループが見据える新しい「ネットとリアルの融合」の姿を、リテールテックの活用、ユーザーの「体験」を大事にした仕掛けづくりとともに、お話させていただきます。

「LINE課金対策を意識したLINE×CRM施策の鉄板パターンをご紹介」

LINE公式アカウント統合に伴い、LINEのメッセージ配信による課金は、「友だち数」から「通数」に変更されました。通数課金を前提にした、メッセージ配信においては、従来の一斉配信ではなく、顧客データを活用した配信を意識する必要がとなります。 本セッションでは、通数課金の対策としての顧客データの活用、企業様が今取り組むべきLINE施策の成功事例をご紹介します。

よなよなエール流 ファンとの絆づくり

「よなよなエール」「インドの青鬼」「水曜日のネコ」「僕ビール、君ビール。」などのクラフトビールを製造・販売するヤッホーブルーイングのオフライン×オンライン問わないファンとのコミュニケーション施策についてお話いたします。

「D2C元年となる2020年のデジタルマーケティング戦略」

世界中でユニコーン企業が増え続けるなか、ここ数年の大きなグローバルトレンドとなっているD2C。旧来の通信販売となにが違うのか、日本のD2Cスタートアップの動向はどうか。通信販売の価格帯別(2,000円以上4,000円未満)シェア日本No.1を獲得したメンズスキンケアブランド『BULK HOMME』の過去と未来を下敷きとして考察します。

カスタマイズした一元管理で顧客に合った情報を即座に現場へ共有!~業務改善・人件費を削減した成功事例~

一元管理システム「アシスト店長」の利活用ポイントとして、業務改善だけでなく、企業に合わせたカスタマイズを実施。難しいサイトも統合を可能にし、人件費を抑えながらも、お客様ひとりひとりに合わせた情報を現場に落とし込む成功事例をご紹介いたします。

自社EC売上最大化セミナー ~課題ごとの売上最大化施策大公開~

株式会社これからの川村と申します。本日は、最大のCVRにするためのECの地盤づくりを、事例を含めて詳しくご紹介いたします。

KPIの可視化にかかる工数を劇的に削減し、マーケティングの意思決定スピードを上げる方法

ADDIXの木野と申します。本日は、「KPIの可視化に掛かる工数を劇的に削減し、マーケティング意思決定スピードを上げる方法」をお伝えいたします。

Googleショッピング広告で検索結果をおさえる!2019年最新トレンドと売上増加事例 大公開

Google広告のショッピングキャンペーンから生成される『Googleショッピング広告』GoogleアップデートによるSEO変動の集客への影響に対応するため、広告枠からの集客が重要性になります。 本セミナーでは、Googleショッピング広告の導入からの準備フローを効率化できる『EC Booster』を活用して、自社ECの運営をGoogleショッピング広告でくベストプラクティスを解説します。

「CPAから脱却した広告運用とは」

シナジーマーケティングはCRMのご支援をしている会社です。本日は「アドレサブル広告」に着目し、その活用補法を事例を含めて詳しくご紹介いたします。

「RTB Houseの最新トピックスから実例、ノウハウまで」

RTB Houseの高橋と申します。本日は弊社の一番の特徴であるエンジンについても、実例を含めて詳しくご説明いたします。また、新味プロダクトについてもご紹介させていただきます。

ネット通販(EC事業)とバックオフィス(EC物流)~失敗しないC事業を構築する為に~

株式会社ヒューマニアインターナショナルの代表取締役、善里と申します。今ECでどのような流れが起きており、なぜ物流、バックヤードが重要になるのか、集客に役立つUXやLTVの活用方法を交えながらご紹介させていただきます。

「日本企業のネクストチャイナ進出を実現するShopee出店戦略設計 ~出店サポート内容と連携方法について~」

BeeCruise株式会社の岩本氏が、ネクストチャイナ進出を実現するShopee出店戦略設計をテーマに、出店ステップや成功事例を詳しくご紹介いたします。

「コンタクトセンターのアウトソースを考える~コンタクトセンターをアウトソースすることで得られるメリットやアウトソース本来の意味と価値~」

コールセンターの受託業務を中心に行うCENTRIC株式会社。「コンタクトセンターのアウトソースを考える」をテーマに、そもそも事業にとってコンタクトセンターってどんな位置付けなのか、何のためにアウトソースするのか、どういったことを判断して外注先を決めていくのか?といったことをお話しさせていただきます。

リピート顧客を新規獲得しやすいWeb集客施策 〜なぜあのLPは定期加入率が高いのか?!〜

ペンシルはWEBコンサルティングの会社です。専門的なコンサルティングにより、顧客の売上をあげるための「成功シート」、解析ツール、TIPSを含めながら、数字の取れるLPの成功事例をご紹介いたします。

台湾でのLINE Pay利用状況

台湾でも圧倒的なアクティブユーザーを持つLINE。そのLINEのペイメントサービスLINE Payを活用し、台湾越境ECで成功するためのポイントをご紹介いたします。

自動撮影システムで、商品撮影はもっと効率化・単純化できる!

Orteryの「自動撮影システム」の活用ポイントとは、コンピューター制御で、いつでも誰でも同じクオリティーで撮影することが可能な点です。従来の撮影方法と比べ、約5倍の業務効率化を実現。さらに、360度アニメーション撮影を取り入れた場合の成功事例もご紹介いたします。

新規顧客獲得最終手段の真実をお伝えします!

プロスペクトクリエイは、顧客データベース、システム、アウトバンドを駆使したサービスを構築。生きたリストづくり、効果的なアウトバンドにつながる「自動見込み顧客発掘サービス」の成功事例をご紹介いたします。

ECサイトフェリシモの事例に学ぶ。 キャンペーンの売り上げを3倍にしたモーメント分析とは

株式会社ビービットのセミナー。『フェリシモ』のECサイトの事例から、データドリヴンマーケティングの重要性について、モーメント分析の具体例に触れながら、デジタルマーケティングのPDCAについてご紹介しています。

サイトに流入してきたユーザーのCV率を向上させる、仮説の立て方とシナリオ設計のコツ

ReproWebを提供する、Repro株式会社のセミナーです。今回はコンバージョンを向上させるポイント、コンバージョン貢献度などに注目し、ページ最適化について解説しています。

W11に向けてのプロモーション

アジア圏でPRサポートを展開するVECTORグループ。 中国本土におけるPR企画の立案・実施、ブランディング、マーケティングリサーチ、 イベントの企画・実施 を行うVECTOR CHINAの板屋氏による、中国のマーケットについて、2018年のW11を振り返りながら、今年のW11に向けた戦略について講演しています。

WEBマーケティングで顧客情報を徹底活用 ~データの力を活かそう~

世界的潮流として社会システムのデジタル化がダイナミックに進展しており、ビッグデータ時代が本格的に到来しています。第四次産業革命とのとらまえかたもあり、企業は15年以内にデジタル化に対応しないと淘汰されると言われています。 企業にはウェブ上で物販や予約販売などの事業基盤を構築するに加え、収益を獲得増大させるために、顧客データを活用したマーケティングが必要不可欠です。今回は、クイックにウェブマーケティングを行う意義とデータの持つ力についてセミナーを行います。

DG1活用について   

多様化、高速化が要求される現在の消費マーケットにおいて、1to1コミュニケーションが実現できるプラットフォーム「DG1」。ウェブサイトやLPの構築、カート機能や決済、オンライン予約機能まで、あらゆるWEB上での顧客体験を実現するソリューションを実際に使用していくセミナーです。

D2C時代を勝ち残る!売上UP成功率98%以上のEC戦略セミナー

ECサイトに特化したコンサルティングを展開する株式会社Crescent。D2C時代にフィットしたノウハウを、マーケティングノウハウを駆使して提供、EC戦略の最大化をご提案しています。

飛躍の2019年へ 「今」こそ見直したいビジネスモデルと集客構造

株式会社これから による、単品通販、リピート通販に焦点を当てたセミナーです。同社の支援領域はEC通販に特化したコンサルティングから、クリエイティブ制作、マーケティング支援など多岐にわたります。

Wowma!ならではの強みと戦略

auコマース&ライフ株式会社が展開しているWowma!について、コンセプトやモールにおけるビジョン、サービス対象セグメントなどを、KDDI独自の拡大戦略・プロモーション施策と交えてご紹介。 Wowma!出展をお考えの企業様向けの講演です。

「自社ブランドで年商20億まで売上を伸ばした成功事例!」~広告費を使わずに顧客をリピートさせた方法~

株式会社ネットショップ支援室、株式会社薬事法ドットコム、株式会社フルスピードの三社共催セミナー「薬機法を理解してWeb集客を効率的に行う方法」【第一部】自社ブランドで年商20億まで売上を伸ばした成功事例!

封入物=顧客が100%手に取る広告媒体! ~最小限の広告費で顧客をリピートさせた成功事例~

ECカートシステム「楽楽リピート」の利活用ポイントとして、 「封入物」を「顧客が100%手に取る広告媒体」として捉え、広告費を最小限に抑え、リピート率を上げてきた事例を、化粧品・健康食品販売業の例を挙げて紹介します。

成長を見据えた、クロネコヤマトができるお手伝い

ヤマトフィナンシャル株式会社が、EC決済業界について多様化が進む決済手段についてご紹介しています。 導入推奨の決済から最新の決済情報まで、今後メインストリームになるキャッシュレス決済などについて展開しています。

申込み完了率6.3%向上! 入力フォームでの最先端機能!

皆様、こんにちは。ショーケース・ティービーの大熊と申します。我々が得意としている領域は非常にニッチなものです。入力フォームの領域において、ノウハウを蓄積してきたものを本日はご紹介できればと思っています。よろしくお願いします。

ECサイトで成果をあげる!サイト内検索ナビゲーションの改善ポイント

同社が提供するASP/SaaS 「probo」と、「probo EC」の紹介と、売り上げアップに直結する施策…ECの『サイト内検索』の最適化をご提案。実際にサントリー、キッコーマン、ダイキン他800社への導入実績があります。

事例で見る越境EC成功 ~日本を超えて韓国、中国全世界に販路拡大戦略~

株式会社Ms.IDのセミナーでは、自社ブランド『セレクトモカ』の日本国内のソリューションとして、新たにCAFE24JAPANへ移行した際のメリットやノウハウを紹介しています。

新規顧客のコンバージョンを最大化させる決済手段とは? ~ジャックスグループの後払い「アトディーネ」の事例大公開~

ECサイト利用時に必須になる決済サービス。 後払い決済サービス『アトディーネ』を提供しているジャックス・ペイメント・ソリューションズ株式会社の久米氏が、後払い決済サービスと、アトディーネについて紹介しています。

未来のビジネスを決定づけるデジタル化資産戦略

中小企業向けのソリューション。未来のビジネスを決定づけるデジタル化資産戦略として、DG1が提供できるプラットフォームをご紹介しています。

通販・EC・D2C成功のためのCRMと顧客育成分析ノウハウについて

やずや通販CRM基幹システム、やずや少数盛栄塾など通販の総合ノウハウを提供する、やずや未来館による、スマホ時代の到来による、プラットフォームとの適性な付き合い方、経営=マーケティング=CRMの方程式について解説しています。

マーケティングオートメーションの活用方法と必要なコンテンツとは

企業のマーケティング活動を支援しているMtame株式会社。BtoB領域のMA(マーケティングオートメーション)の最適化について解説しています。

導入のみでCVR10倍を実現するD2C特化型SaaSとは

株式会社SUPER STUDIOのセミナー。自社が提供しているD2C特化型SaaS『EC Force』の紹介をしながら、マーケティング支援、CRM等 優位性について、事例を交えながら解説します。

全46件中 1〜 46件を表示