catch-img

「LINE課金対策を意識したLINE×CRM施策の鉄板パターンをご紹介」

シナジーマーケティング株式会社 
AD2推進グループ リーダー
光山 誠一

LINE公式アカウント統合に伴い、LINEのメッセージ配信による課金は、「友だち数」から「通数」に変更されました。通数課金を前提にした、メッセージ配信においては、従来の一斉配信ではなく、顧客データを活用した配信を意識する必要がとなります。
本セッションでは、通数課金の対策としての顧客データの活用、企業様が今取り組むべきLINE施策の成功事例をご紹介します。



目次[非表示]

  1. 1.会社概要
  2. 2.自己紹介
  3. 3.「LINE×CRM」でLTVを高める
  4. 4.LINE公式アカウントの一本化とは?
  5. 5.新料金体系の課金対策がなぜ重要なのか
  6. 6.コストを抑えて効果を高める「セグメント配信」
  7. 7.「セグメント配信」の3つのポイント
  8. 8.セグメント配信を有効活用する、6つの施策
  9. 9.セグメント配信のボリュームを増やすには
  10. 10.LINEの友達を増やす方法
  11. 11.友達と自社顧客データを結びつける方法
  12. 12.靴のヒラキ様の事例:WEBのCRMの実績が昨対比2倍以上に
  13. 13.『Synergy!』というCRMシステムができること

会社概要

会社概要です。シナジーマーケティングは、「顧客とのシアワセな関係が、ビジネスを成長させる。」というスローガンを掲げております。CRMといわれる企業様と顧客との関係性を構築している企業です。昨今ですと既存顧客様にメールを届ける内容もあれば、広告運用、アプリプッシュなど、幅広いクロスチャネルのCRMをご支援しております。


2014年に買収総額約92億円のTOBにより、ヤフーのグループ企業となりました。5年間ヤフーの100%子会社として、広告を中心とした集客施策からCRM活動までの包括的な支援を行い、知見を蓄積してきました。しかし弊社を退任した創業者が経営に復帰することになり、夏に弊社全株式をヤフーから買い戻しました。創業者が自腹を切ったという噂もささやかれています。そのような珍しい経歴の会社です(笑)。


実績をご紹介いたします。ソフトバンクホークス様の既存ファンの方々とのタッチポイント設計などをご支援しております。ほかにも「伝え方」のご支援も行っております。実績ですと、単品通販の「すっぽん小町」様のメールライティングのご支援を行っておりまして、ライティングを改善するだけで年間2000万円のインパクトを出す成果を上げております。

自己紹介

自己紹介をさせていただきます。光る山と書いてミツヤマと申します。本日は大阪から来ておりまして、シナジーマーケティング現在は大阪と東京の二本社制ですが、大阪発の起業でもともと大阪が本社でした。私も大阪生まれ、大阪育ちです。もともとトランスコスモスという会社でWEB広告のプランニングをやっており、その後シナジーマーケティングでCRM領域のご支援をしております。

「LINE×CRM」でLTVを高める

本日は「LINE×CRM」という話ですが、LINEを活用し既存顧客との関係を構築し、ライフタイムバリュー(LTV)を高めていこう、という目的がございます。


マーケティングの課題は、新規顧客獲得、効率化、LTVと考えられておりまして、なかなか広告の効率化が改善しにくい部分がございますので、既存の会員様との関係を高め、LTVを上げる点にシフトしていこう、と考えられる企業様が増えております。


LINEのインパクトは非常に強く、約8200万人の会員様がおり、アクティブユーザー数が非常に多いのが特徴です。既存の会員様へのメッセージも届きやすく、ユーザーにとっても企業様の情報をスマートフォンで収集するためにLINEはとても活用されています。

LINE公式アカウントの一本化とは?

LINEの公式アカウント一本化とCRMについてお話させていただきます。

公式アカウントの一本化を行うことで、CRM領域においてビジネスのチャンスと脅威が生まれています。


まず、公式アカウントの一本化についてご説明いたします。今までハイレア―な大企業様の公式アカウントがあり、それとは別で『LINEビジネスコネクト』、『LINEカスタマーコネクト』という専門サービスがありました。公式アカウントと『LINEビジネスコネクト』に共通するのはどちらも企業規模が大きい会社様向けのメニューになっており、公式アカウントですと月額数千万円、『LINEビジネスコネクト』ですと月額50万円と費用が掛かる特徴がございました。『LINE@』であればEC事業者様やスモールビジネスの皆様もスムーズに使えるという特徴がございました。それらが一本化するというお話です。


一本化することにより、今までできなかったLINEの機能が利用できるようになります。ビジネスチャンスがある一方で、なぜLINEは公式アカウントを一本化していくか?という点も押さえておかなければなりません。


LINEのIR資料を見ていきます。LINEのディスプレイ広告、LINE公式アカウントの課金がコア事業で構成されています。公式アカウントの売上というのが今伸びてきています。もう少し紐解いていきましょう。LINEは主要KPIというものを発表しています。主要KPIで公式アカウント数を追っています。従来の旧公式アカウントと『旧LINE@』はその利用社数が大きく異なります。旧LINE@の数を公式アカウントへ移行し、ここでマネタイズすることにより、公式アカウントの金額を大きく伸ばそうとしているわけです。


今まで『LINE@』を使っていた方にもしっかり金額を取っていく、つまり、LINEがCRM領域に対し本気でマネタイズしていることがLINE公式アカウント一本化の背景です。

新料金体系の課金対策がなぜ重要なのか

LINE公式アカウントの課金対策が非常に大切になっていきます。今年の2月で新料金体系に完全に移行しております。新料金体系の課金対策がなぜ重要なのでしょうか?


ライトプラン、スタンダードプランと書かれているのですが、ポイントは追加メッセージ料金です。ライトプラン月額5000円、スタンダードプラン月額1万5000円なので「そこまで掛からないな」と思いがちなのですが、追加メッセージ料金1通3円、1通5円というのが非常にくせ者です。


過去の料金では友達数に応じて課金だったものが、新料金では通数課金になります。配信が増えれば増えるほど料金が高騰します。そうなりますと、一定会員数を持っている企業様がLINEメッセージ配信をやっていこうと考えますと、非常にコスト高騰のリスクが高まります。


例えば、5万人いる会員様に月10回メッセージ配信を行うとしますと、なんと配信料金は100万円を超えてしまいます。CRM施策で月100万円を超えるというのは非常に高額です。効果のインパクトは母数が増えれば増えるほど上がりますが、その分コストは高騰しますので費用対効果のコントロールは非常に難しくなります。課金対策としては、コストを抑制して効果を高めることが大切になります。

コストを抑えて効果を高める「セグメント配信」

さまざまな施策があるのですが、本日はいくつかに絞ってお話していきます。まず、LINEの魅力は、LINEチャットとは1to1トークです。個別トークに関しては課金対象外になります。そこに誘導しましょう、というお話です。


次にアカウントを分ける方法があります。自社でブランドに分けてアカウントを作ることが可能なため、分けて超過料金を抑える施策です。


このあたりは企業様の方針で可能かが分けられてしまいますので、本日はセグメント配信に絞ってお話を進めていきます。


セグメント配信は汎用的ですべての企業様で活用できる施策です。セグメント配信とは、ユーザーを絞ってユーザーに合った配信をしていくものです。


一斉配信とセグメント配信を比較すると、弊社では9倍実績が違ってきます。なぜセグメント配信が課金対策になるかといいますと、課金対策としては通数を抑えたいところがありますので、ユーザーを絞りピンポイントのメッセージを送ることにより、その1メッセージの効果を高めましょう、というものです。配信対象数は減らしつつ、配信数は増やしながら効果を維持するという考え方です。


『LINE@』によりメッセージが乱立するのを防ぎ、通数の単価を上げることによりセグメント配信を増やし、ユーザーにとっても良い状態をつくることが可能になる、というのがLINE側から見たセグメント配信のメリットだと思います。


LINEはブロックされやすいため、課金対策あるなしに関わらず、企業様はセグメント配信を活用された方が良いと思います。全体の10~20%のアカウントがブロックされているとも言われておりますが、LINEはメールや他媒体と比べブロックされやすい特徴があります。通知が来る、捨てアドレスが使えませんし、プライベートな空間だからです。解決策として、企業はユーザーにとって有意義な情報を届けていくことが大事になりますので、どの観点からもセグメント配信は有効です。


ここまでのまとめです。LINEを活用したCRMが普及していき、LINEの配信コストは高騰していきます。その施策としてユーザー1人ひとりに合わせたセグメント配信が効果的です。

「セグメント配信」の3つのポイント

ここからは、LINEセグメント配信のポイントを3つお話していきます。

ポイント1つ目は、顧客データを活用するという点です。


LINEのセグメント配信は大きく分けて2つのやり方があります。やり方の1つは、LINE公式アカウントのデータを使う方法です。年齢、性別、地域の推定、友達にいつなったか、を活用し配信することができます。


やり方の2つ目は、皆様の顧客データを活用しセグメントしていく方法です。CRMの観点ではこの顧客データが大切です。顧客データ活用のメリットは、「この商品を買っている方にこのLINEを届けよう」「来店した方にお礼のLINEを送ろう」というように配信することが可能な点です。これはLINE側では持っていない情報になりますので、企業様が持つ情報をいかに活用できるかがポイントになります。これをサポートするのが『LINE Messaging KPI』という仕組みでして、旧LINEビジネスコネクトです。これは、LINEがデータを持つ窓口を開放しますので、そこに顧客データを連携させるものになります。LINEは個人情報を直接的には持ちませんが、色んな企業様が持つデータベースと連携することで識別子を送り込み、LINE側でも顧客をセグメントして配信が可能になる仕組みです。これを活用することで、LINEが保持していない情報でセグメント配信ができます。


ポイントの2つ目は、自動配信を組み込んでいく仕組みです。ユーザーを絞って配信するデメリットは手間が掛かる点です。ユーザーを絞り、その方の情報を追い、その方に合った内容を考え、入稿しなければなりません。あらゆるパターンで行おうとしますと手間が掛かり、スピードも担保できません。


それを解消するのが、自動配信です。顧客データを活用し、このような条件の方が来たら自動で配信をする仕組みで、一度設定すれば送信可能になります。この自動配信をおすすめする理由は、LINEの即時性と相性が良い点です。LINEはプッシュ通知が来ますのですぐに見てもらいやすく、即時性に優れていると言われています。LINEの開封は配信後30分以内が50%、当日中が70%とも言われ、多くのユーザーがその日中に見てくれます。工数を考えると毎日セグメントメールを送っていられませんので、自動で配信することが大事になってきます。


3つ目のポイントは、セグメント配信の費用対効果の試算です。よくある失敗例なのですが、ユーザーにとって最適なメッセージとなるように、条件分岐をすることです。「購入金額が1万円以上で、5回以上買われている方」などです。絞り過ぎて10万人いる会員の中で3人しか送れませんでした、ということがよくあります。もう1つよくある失敗例は、セグメントをするために他社に依頼し、3か月ほど期間を要し、やっと配信できたケースです。これは、配信工数とインパクトが合っていないということを示しています


LINEでいうコストとは、メッセージ配信と配信の工数です。インパクトとは、配信数、反応×利用期間です。例えば、コストが5万5000円で、インパクトが18万円の場合、ROASは350%です。この数字が自社ビジネス的にどうなのかを考え、セグメントしていく必要があります。


さまざまなセグメントをしたいと思いますが、我々がおすすめしているのは、数字の観点を取り入れていただき、対象数と反応率、どれだけの工数が掛かるのかを試算し、優先度を決めていただきながら進めていただくのが良いかと思います。


ここまでのまとめです。顧客データを活用する、自動で配信を組み込む、セグメントの費用対効果を試算する。ここが重要です。

セグメント配信を有効活用する、6つの施策

ここからはどのような施策があるのか、具体的な施策例をもとにご紹介していきます。まずセグメント配信の考え方ですが、LINEで反応が良いのはクーポンなどのお得な情報です。LINEはクーポン文化が進んでいます。そういった内容に馴染んだ文章が見られやすい傾向があります。ビジネスによってはクーポンが使えないものもありますが、特典、プレゼントなどの表現を変えていくと良いでしょう。


よく使われる施策例1つ目は、誕生日LINEです。LINEの即時性と非常に相性が良く、誕生日クーポンや特典を送る施策がございます。コンタクト用品の企業様はこういった施策をよく行っております。その日に送信もしますし、その月にも送っておき、クーポンの有効期限が切れますよ、と送っておくと効果が出やすくなります。


2つ目は、初回購入後LINEです。初回はお試しで高額は使ってはいないけれども、気に入っていただければ継続していただきやすいため、初めて買っていただいた方にお礼と次の商品のアクションを誘導する施策です。


3つ目は、離脱ユーザー向けLINEです。サイト来訪した方を起点とし、広告でなくLINEで行う施策です。サイトに来ているということはユーザーの購買意欲も上がっています。そのユーザーに絞り込み、後日LINEを送ります。


4つ目が、カゴ落ちLINEです。カートに入れてはいるものの、その後アクションしていない方に向けた施策です。こちらもEC事業者様にとって非常に効果が出やすい施策です。


5つ目が、離反客向けLINEです。これは最終購入日が結構空いてしまっているユーザーに対し、離反しそうなタイミングで送るLINEを組み込んでおく施策です。某求人広告企業様はよく使われています。最終購入日や最終利用日でセグメントを行えば、行いやすい施策となっています。


6つ目は、ポイント失効LINEです。得するより、損失してしまう方が人は気になってしまう生き物ですので、その思考を活かし、「もったいない」と思わせアクションさせる施策です。


今お話している施策は、実はLINEだけでなくメールでも効果が出ている施策です。即時性ではLINEが優れているのですが、考え方は大きく変わらず、ユーザーに合ったタイミングで役に立つ情報を送る、というのが配信の重要なポイントとなります。

セグメント配信のボリュームを増やすには

ここまでお話していて、「セグメント配信って送る母数が少なかったら意味がないのでは?」と感じている方が多いのではと思います。ここでは、セグメント配信のボリュームを増やす方法についてもお話いたします。


セグメント配信のボリュームを増やすには、2つの方法があります。当たり前のことですが、LINEは友達数が多ければ多いほど配信数が増えます。さらに、セグメント配信ができる前提条件は、友達と顧客データが紐づいていなければなりません。考えなければならないのは、LINEの友達を増やす方法と、その友達と自社の顧客データをいかに紐づけるか、の2つの観点が大切になります。

LINEの友達を増やす方法

まず、LINEの友達を増やす方法です。皆様もすでに取り組まれているかと思いますので割愛しますが、友達を増やすための方法1つ目として、スマホやPC向けWEBサイトにQRコードを載せるなど、導線をしっかりつくることが大事です。


2つ目は、LINEの抽選機能を活用することです。この機能を使うとユーザーが簡単に応募することができ、すぐに友達追加へ誘導できますので、ADDIX様などキャンペーンが得意なベンダー様にご相談しますと、友達がより増えやすいと思います。


3つ目は、ソウルドアウト様のお話にもありましたが、CPF(Cost Per Freinds)広告の活用です。LINEの広告で友達獲得課金というものがありますので、これを有効活用し友達を増やすことが可能です。


CPFのポイントを補足しますと、LINEで友達になると最初からすぐにブロックしてしまう方がいます。すぐブロックされないようクーポンを渡し、少しだけ期間を空けて再度クーポンなどの特典をあげますということを匂わすことが大事になります。

友達と自社顧客データを結びつける方法


次に、友達と自社顧客データを結びつける方法です。紐づけるにはコネクトという方法を行わなければなりません。LINEのリッチメニューにID連携が書かれており、それを押すと企業様のフォームに飛び、入力をするとコネクトが完了します。この問題点は、ID連携やコネクトという表現がユーザーに見えてしまうという点です。


友達と自社顧客データを結びつける方法の1つ目は、ユーザーにとって自然な状態で連携することです。このポイントは、友達になったときが連携しやすい傾向がありますので、ID連携しフォームに飛び入力したら特典がもらえますよ、という見せ方が非常に良いかと思います。


2つ目は、リッチメニューで新規顧客向けなのか既存顧客向けなのか、ターゲットが明確にすることです。某企業様の事例では、新規顧客と既存顧客で実際に分けて表示しています。ここまで行いますと誘導がしやすくなります。


3つ目は、LINEのログインの活用です。自社サイトでログインする際にLINEログインを取り入れていただき、LINEログインするときに友達追加とコネクトを一緒に行う施策です。そのような方法も合わせ、企業様の顧客データと紐づけていくことが大切になります。

靴のヒラキ様の事例:WEBのCRMの実績が昨対比2倍以上に

最後に事例をご紹介しましょう。靴のヒラキ様の事例です。靴を手軽な価格で通販している企業様です。課題としては、商品が安いため、販促費用があまり掛けられない点ですそこでメールとLINEで施策を打ったところ、WEBのCRMの実績が昨対比2倍以上の成果を出すことができました。


行った施策は、既存の会員様に対しさまざまなセグメントでLINE、メール配信を行いました。さらにLINEログインを取り入れ、既存の会員様にLINE、メールも送れるようにいたしました。ほかにもカゴ落ちメールやカタログを請求した方にLINE、メールを行う、2回目購入の誘導LINE、メールを行うなど、効果的なセグメントを費用対効果を試算しながら取り組んでおります。


ほかにも、LINEとメールの併用も行い、全員に送る際はメール、特定のユーザーにはLINEというようにチャネルの費用対効果を意識し活用しております。基本的にはメールを配信し、反応がない方にはLINEをお送りすることで、費用対効果をマルチチャネルで高めることに成功しています。いきなりLINEを送るとブロックされてしまう可能性もありますので、メールで様子を見て、反応が良ければLINEをする施策も行っております。


LINEセグメント配信の重要な点をまとめますと、顧客データを活用し、その顧客データを自動運用で配信します。また、費用対効果を試算することもお伝えしました。また、セグメントの対象者を増やし、LINEとメールを併用することが大切なポイントです。

『Synergy!』というCRMシステムができること

LINEだけでCRMを行おうとしますと、配信、インフラ、知見の課題が出てきます。シナジーマーケティングはその課題に対し、『Synergy!』というCRMシステムで解決に導いております。6000件ほどの企業様に導入いただいており、月1万5000円から使えるツールになっております。顧客データの管理とそのデータをLINEやメール、アプリ、広告につなげていくクロスチャネルの配信機能を持っております。ほかにも、カスタマーサクセスにも力を入れており、人的なサービスも充実しております。CRM施策のコンサル、メールのライティング代行、LINEの公式アカウントの運用を行う部隊もおりますので、トータルでご支援することが可能です。


販売パートナー様も募集しておりまして、我々は個人情報の管理権限を付与することができますので、広告代理店様は個人情報に触れずにシステムを運用し、クライアント様にサービスを提供することができます。


「LINE×CRM」はこれからも非常に発展していく領域だと思います。一緒にこの業界を盛り上げていきたいと思っておりますので、ご質問やご相談などお気軽にいただけたら幸いです。ご清聴いただき、ありがとうございました。

  シナジーマーケティング株式会社|CRM 顧客とのシアワセな関係がビジネスを成長させる マーケティング活動が手軽にできる国産クラウドサービスと、CRMのプロによる総合的な支援。私たちは、あなたのマーケティングを成功に導くパートナーです https://www.synergy-marketing.co.jp/


シナジーマーケティング 光山 誠一
シナジーマーケティング 光山 誠一

大手Webマーケティング会社にてWeb広告を中心としたアカウントプランナーに従事し、 ダイレクトマーケティング業種を中心としたコミュニケーション立案を経験。 2014年よりシナジーマーケティング社に入社。CRMのコンサルタントとして従事し、 お客様向けにメールマーケティングやDMPの設計支援を担当。 現在は、広告・CRMの経験を活かし、広告とCRMが連動し通販企業様向けのソリューションの創出に奔走している。

ECセミナーからのお知らせを受け取る

下記項目を入力の上、送信することで、

ECセミナーJPからの、更新情報、セミナー開催情報などを受け取ることができます。

オススメ 記事一覧

関連セミナー記事

「事例」をベースにしたマーケティング施策

難しい理論の話よりも、なるべく再現性のありそうな事例の話をベースにお話いたします。特にGoogle、Facebookを始めとする媒体は、自動学習を始めたことにより近年運用効果に差異が出にくくなってきました。またD2Cと言われる「Story」をもつ通販企業の参入で、ダイレクトマーケティングはますます競争が激化しています。そこで差を生むのは、「クリエイティブをどうするのか」「Dataをどう使うか」この2点に集約されると考えています。こちらに関して弊社のナレッジをお話します。

「LTV向上に向けたクロスチャネルCRM」

情報過多の時代において、ユーザーとのコミュニケーションをクロスチャネルで設計することが重要視されています。それを実現しようにも、DMPやマーケティングオートメーションなどのキーワードだけが先行して、実業務に落とせていない事業者様は多いのではないでしょうか?本セッションでは本当に効果の高い自社にあったタッチポイント(メール・LINE・広告など)の見極め方・具体的な事例について解説します。

「ANA 国際エコー賞に学ぶ顧客体験型ソリューション」

世界の主要企業・団体がどのようなデータベースマーケティングを行っているのか、どのようにデジタルテクノロジーの活用をマーケティングに活用しているのか、それらのマーケティング活動を表彰するアワード・ANA国際エコー賞の受賞作から、実際に成果を上げた最新事例を紹介し、日本でのマーケティングプランニングへの視点や発想を解説します。

「LINE公式アカウント×キャンペーンで友だちを獲得する手法。最新LINEコンテンツ運用事例と共に公開!」

多くの会社でLINEアカウントを使ったマーケティングが活性化している中、ユーザーに飽きられない魅力的なアカウントであり続けるための秘訣は?LINEアカウントの活性化、キャンペーンツールを活用した友だち獲得のアイデアを、事例を交えてご紹介します。

「キャンペーン手法によるリピート率アップと休眠顧客の掘り起こし戦略」

株式会社 ADDIXの中元と申します。私から「キャンペーン手法によるリピート率アップと休眠顧客の掘り起こし戦略」についてお話いたします。

ユーザーとブランドが創る「共に楽しむ世界」 ~ネットとリアルの融合で生まれる新しいステージ~

日本の20~30代女性の3人に2人が毎月利用するコスメ・美容の総合サイト『@cosme』。そんな『@cosme』がプロデュースする「@cosme STORE」について、本来別チャネルで販売している商品を横断的に取り揃えた品揃えや『@cosme』のランキングを反映した売り場といった特徴から、ユーザーとブランドとの接点拡大や顧客理解、顧客体験の向上につながるポイントについてご紹介します。 また、2020年1月10日、原宿駅前にオープンする「@cosme TOKYO」の店舗紹介や、アイスタイルグループが見据える新しい「ネットとリアルの融合」の姿を、リテールテックの活用、ユーザーの「体験」を大事にした仕掛けづくりとともに、お話させていただきます。

「LINE課金対策を意識したLINE×CRM施策の鉄板パターンをご紹介」

LINE公式アカウント統合に伴い、LINEのメッセージ配信による課金は、「友だち数」から「通数」に変更されました。通数課金を前提にした、メッセージ配信においては、従来の一斉配信ではなく、顧客データを活用した配信を意識する必要がとなります。 本セッションでは、通数課金の対策としての顧客データの活用、企業様が今取り組むべきLINE施策の成功事例をご紹介します。

よなよなエール流 ファンとの絆づくり

「よなよなエール」「インドの青鬼」「水曜日のネコ」「僕ビール、君ビール。」などのクラフトビールを製造・販売するヤッホーブルーイングのオフライン×オンライン問わないファンとのコミュニケーション施策についてお話いたします。

「D2C元年となる2020年のデジタルマーケティング戦略」

世界中でユニコーン企業が増え続けるなか、ここ数年の大きなグローバルトレンドとなっているD2C。旧来の通信販売となにが違うのか、日本のD2Cスタートアップの動向はどうか。通信販売の価格帯別(2,000円以上4,000円未満)シェア日本No.1を獲得したメンズスキンケアブランド『BULK HOMME』の過去と未来を下敷きとして考察します。

カスタマイズした一元管理で顧客に合った情報を即座に現場へ共有!~業務改善・人件費を削減した成功事例~

一元管理システム「アシスト店長」の利活用ポイントとして、業務改善だけでなく、企業に合わせたカスタマイズを実施。難しいサイトも統合を可能にし、人件費を抑えながらも、お客様ひとりひとりに合わせた情報を現場に落とし込む成功事例をご紹介いたします。

自社EC売上最大化セミナー ~課題ごとの売上最大化施策大公開~

株式会社これからの川村と申します。本日は、最大のCVRにするためのECの地盤づくりを、事例を含めて詳しくご紹介いたします。

KPIの可視化にかかる工数を劇的に削減し、マーケティングの意思決定スピードを上げる方法

ADDIXの木野と申します。本日は、「KPIの可視化に掛かる工数を劇的に削減し、マーケティング意思決定スピードを上げる方法」をお伝えいたします。

Googleショッピング広告で検索結果をおさえる!2019年最新トレンドと売上増加事例 大公開

Google広告のショッピングキャンペーンから生成される『Googleショッピング広告』GoogleアップデートによるSEO変動の集客への影響に対応するため、広告枠からの集客が重要性になります。 本セミナーでは、Googleショッピング広告の導入からの準備フローを効率化できる『EC Booster』を活用して、自社ECの運営をGoogleショッピング広告でくベストプラクティスを解説します。

「CPAから脱却した広告運用とは」

シナジーマーケティングはCRMのご支援をしている会社です。本日は「アドレサブル広告」に着目し、その活用補法を事例を含めて詳しくご紹介いたします。

「RTB Houseの最新トピックスから実例、ノウハウまで」

RTB Houseの高橋と申します。本日は弊社の一番の特徴であるエンジンについても、実例を含めて詳しくご説明いたします。また、新味プロダクトについてもご紹介させていただきます。

ネット通販(EC事業)とバックオフィス(EC物流)~失敗しないC事業を構築する為に~

株式会社ヒューマニアインターナショナルの代表取締役、善里と申します。今ECでどのような流れが起きており、なぜ物流、バックヤードが重要になるのか、集客に役立つUXやLTVの活用方法を交えながらご紹介させていただきます。

「日本企業のネクストチャイナ進出を実現するShopee出店戦略設計 ~出店サポート内容と連携方法について~」

BeeCruise株式会社の岩本氏が、ネクストチャイナ進出を実現するShopee出店戦略設計をテーマに、出店ステップや成功事例を詳しくご紹介いたします。

「コンタクトセンターのアウトソースを考える~コンタクトセンターをアウトソースすることで得られるメリットやアウトソース本来の意味と価値~」

コールセンターの受託業務を中心に行うCENTRIC株式会社。「コンタクトセンターのアウトソースを考える」をテーマに、そもそも事業にとってコンタクトセンターってどんな位置付けなのか、何のためにアウトソースするのか、どういったことを判断して外注先を決めていくのか?といったことをお話しさせていただきます。

リピート顧客を新規獲得しやすいWeb集客施策 〜なぜあのLPは定期加入率が高いのか?!〜

ペンシルはWEBコンサルティングの会社です。専門的なコンサルティングにより、顧客の売上をあげるための「成功シート」、解析ツール、TIPSを含めながら、数字の取れるLPの成功事例をご紹介いたします。

台湾でのLINE Pay利用状況

台湾でも圧倒的なアクティブユーザーを持つLINE。そのLINEのペイメントサービスLINE Payを活用し、台湾越境ECで成功するためのポイントをご紹介いたします。

自動撮影システムで、商品撮影はもっと効率化・単純化できる!

Orteryの「自動撮影システム」の活用ポイントとは、コンピューター制御で、いつでも誰でも同じクオリティーで撮影することが可能な点です。従来の撮影方法と比べ、約5倍の業務効率化を実現。さらに、360度アニメーション撮影を取り入れた場合の成功事例もご紹介いたします。

新規顧客獲得最終手段の真実をお伝えします!

プロスペクトクリエイは、顧客データベース、システム、アウトバンドを駆使したサービスを構築。生きたリストづくり、効果的なアウトバンドにつながる「自動見込み顧客発掘サービス」の成功事例をご紹介いたします。

ECサイトフェリシモの事例に学ぶ。 キャンペーンの売り上げを3倍にしたモーメント分析とは

株式会社ビービットのセミナー。『フェリシモ』のECサイトの事例から、データドリヴンマーケティングの重要性について、モーメント分析の具体例に触れながら、デジタルマーケティングのPDCAについてご紹介しています。

サイトに流入してきたユーザーのCV率を向上させる、仮説の立て方とシナリオ設計のコツ

ReproWebを提供する、Repro株式会社のセミナーです。今回はコンバージョンを向上させるポイント、コンバージョン貢献度などに注目し、ページ最適化について解説しています。

W11に向けてのプロモーション

アジア圏でPRサポートを展開するVECTORグループ。 中国本土におけるPR企画の立案・実施、ブランディング、マーケティングリサーチ、 イベントの企画・実施 を行うVECTOR CHINAの板屋氏による、中国のマーケットについて、2018年のW11を振り返りながら、今年のW11に向けた戦略について講演しています。

WEBマーケティングで顧客情報を徹底活用 ~データの力を活かそう~

世界的潮流として社会システムのデジタル化がダイナミックに進展しており、ビッグデータ時代が本格的に到来しています。第四次産業革命とのとらまえかたもあり、企業は15年以内にデジタル化に対応しないと淘汰されると言われています。 企業にはウェブ上で物販や予約販売などの事業基盤を構築するに加え、収益を獲得増大させるために、顧客データを活用したマーケティングが必要不可欠です。今回は、クイックにウェブマーケティングを行う意義とデータの持つ力についてセミナーを行います。

DG1活用について   

多様化、高速化が要求される現在の消費マーケットにおいて、1to1コミュニケーションが実現できるプラットフォーム「DG1」。ウェブサイトやLPの構築、カート機能や決済、オンライン予約機能まで、あらゆるWEB上での顧客体験を実現するソリューションを実際に使用していくセミナーです。

D2C時代を勝ち残る!売上UP成功率98%以上のEC戦略セミナー

ECサイトに特化したコンサルティングを展開する株式会社Crescent。D2C時代にフィットしたノウハウを、マーケティングノウハウを駆使して提供、EC戦略の最大化をご提案しています。

飛躍の2019年へ 「今」こそ見直したいビジネスモデルと集客構造

株式会社これから による、単品通販、リピート通販に焦点を当てたセミナーです。同社の支援領域はEC通販に特化したコンサルティングから、クリエイティブ制作、マーケティング支援など多岐にわたります。

Wowma!ならではの強みと戦略

auコマース&ライフ株式会社が展開しているWowma!について、コンセプトやモールにおけるビジョン、サービス対象セグメントなどを、KDDI独自の拡大戦略・プロモーション施策と交えてご紹介。 Wowma!出展をお考えの企業様向けの講演です。

「自社ブランドで年商20億まで売上を伸ばした成功事例!」~広告費を使わずに顧客をリピートさせた方法~

株式会社ネットショップ支援室、株式会社薬事法ドットコム、株式会社フルスピードの三社共催セミナー「薬機法を理解してWeb集客を効率的に行う方法」【第一部】自社ブランドで年商20億まで売上を伸ばした成功事例!

封入物=顧客が100%手に取る広告媒体! ~最小限の広告費で顧客をリピートさせた成功事例~

ECカートシステム「楽楽リピート」の利活用ポイントとして、 「封入物」を「顧客が100%手に取る広告媒体」として捉え、広告費を最小限に抑え、リピート率を上げてきた事例を、化粧品・健康食品販売業の例を挙げて紹介します。

成長を見据えた、クロネコヤマトができるお手伝い

ヤマトフィナンシャル株式会社が、EC決済業界について多様化が進む決済手段についてご紹介しています。 導入推奨の決済から最新の決済情報まで、今後メインストリームになるキャッシュレス決済などについて展開しています。

申込み完了率6.3%向上! 入力フォームでの最先端機能!

皆様、こんにちは。ショーケース・ティービーの大熊と申します。我々が得意としている領域は非常にニッチなものです。入力フォームの領域において、ノウハウを蓄積してきたものを本日はご紹介できればと思っています。よろしくお願いします。

ECサイトで成果をあげる!サイト内検索ナビゲーションの改善ポイント

同社が提供するASP/SaaS 「probo」と、「probo EC」の紹介と、売り上げアップに直結する施策…ECの『サイト内検索』の最適化をご提案。実際にサントリー、キッコーマン、ダイキン他800社への導入実績があります。

事例で見る越境EC成功 ~日本を超えて韓国、中国全世界に販路拡大戦略~

株式会社Ms.IDのセミナーでは、自社ブランド『セレクトモカ』の日本国内のソリューションとして、新たにCAFE24JAPANへ移行した際のメリットやノウハウを紹介しています。

新規顧客のコンバージョンを最大化させる決済手段とは? ~ジャックスグループの後払い「アトディーネ」の事例大公開~

ECサイト利用時に必須になる決済サービス。 後払い決済サービス『アトディーネ』を提供しているジャックス・ペイメント・ソリューションズ株式会社の久米氏が、後払い決済サービスと、アトディーネについて紹介しています。

未来のビジネスを決定づけるデジタル化資産戦略

中小企業向けのソリューション。未来のビジネスを決定づけるデジタル化資産戦略として、DG1が提供できるプラットフォームをご紹介しています。

通販・EC・D2C成功のためのCRMと顧客育成分析ノウハウについて

やずや通販CRM基幹システム、やずや少数盛栄塾など通販の総合ノウハウを提供する、やずや未来館による、スマホ時代の到来による、プラットフォームとの適性な付き合い方、経営=マーケティング=CRMの方程式について解説しています。

マーケティングオートメーションの活用方法と必要なコンテンツとは

企業のマーケティング活動を支援しているMtame株式会社。BtoB領域のMA(マーケティングオートメーション)の最適化について解説しています。

導入のみでCVR10倍を実現するD2C特化型SaaSとは

株式会社SUPER STUDIOのセミナー。自社が提供しているD2C特化型SaaS『EC Force』の紹介をしながら、マーケティング支援、CRM等 優位性について、事例を交えながら解説します。

全42件中 1〜 42件を表示