catch-img

自社ネットショップ特化セミナー ~2020年自社ネットショップ販促トレンド×AI活用徹底解説~

株式会社これから
取締役
川村拓也

2004年、IT系上場企業に新卒として入社。 ECサイトのコンサルティング営業を行う部署に所属し、 同期85名の中で最短にて管理職昇格。 さまざまな業種のECサイトコンサルティング業務に従事する中で、売れるECサイトのノウハウを習得。その後全国拠点の拠点長を歴任し、2012年1月株式会社これからに創業メンバーとして参画、取締役就任。 新規サイト制作から広告運用、CRMまで自社ECサイトのコンサルティングを行う。 時代の移り変わりと共に、売れるECサイトのノウハウも変化するため、 常にクライアント様と二人三脚体制を構築し、エンゲージメント強化を図っている。 人気セミナー講師として、全国多数の講演実績あり。



目次[非表示]

  1. 1.会社概要
  2. 2.自己紹介
  3. 3.EC業界動向
  4. 4.構築編 
  5. 5.アクセス数×購入率×客単価
  6. 6.PDCAの回し方のコツは、ベンチマーク企業から学ぶ
  7. 7.施策の回転数が売上アップにつながる
  8. 8.AIに解析させることで、業務効率化に
  9. 9.事例1 AIをヒントに導線設計を実施、売り上げがアップ
  10. 10.事例2 AI解析を利用し、コンテンツで売り上げアップ
  11. 11.集客編
  12. 12.基本的な広告の種類
  13. 13.効果が左右されるバナー広告
  14. 14.2020年最新の広告トレンドは動画

会社概要

株式会社これからは、2012年1月に創業した9期目に入る会社です。一言でいいますと、「ネットショップの売り上げを上げる会社」です。まさにネットショップのことだけを考えている会社です。今まで2000サイト以上のサポートをさせていただいております。たいていの業界について携わってきました。本日は構築のノウハウや今年の集客トレンドについてお話させていただきます。


今までの実績としましてGoogle様やYahoo!様とはプレミアムパートナーという称号をいただき、そのほかEC関連ではさまざまな受賞をいただいております。

我々が行っていることは、制作、広告、リピートづくりの3本柱で事業を行っております。「全部まるっとサポートしてほしい」とのお声も多く、最近ではコンサルティング事業も行っております。チーム制で事業を進めており、すべてのカートに対応できる担当がおり、皆でサポートをさせていただいております。


もう少しだけ弊社の紹介をさせてください。『にゃんこスター』をご存知でしょうか。実は女の子の方が弊社の新卒社員です。ライブも社員皆で見に行っています(笑)。


弊社の採用ページを見ていただくと、「どヘンタイ募集」や「どヘンタイ集団」なんて書かれています。結構個性的なメンバーが多いです。なぜそのような方を募集しているのかといいますと、圧倒的な成果を出したいからです。普通の人ではなく、ぶっ飛んだ人が欲しいため、「どヘンタイ集団」と書かせていただいております(笑)。

自己紹介

私は川村と申しまして、創業メンバーの1人です。新卒のときからネットショップの業界に15年おりまして、まさに「ネットショップどヘンタイ」です(笑)。どうしたら上手くいくのかのノウハウも培っておりますので、ご相談あればお気軽にお声がけください。

EC業界動向

まず、業界動向をお伝えいたします。結論からいいますと、EC業界、まだまだ伸びています。未来は明るいです!その要因は、スマートホンの伸びしろです。この伸びしろがEC業界の伸びしろといっても過言ではありません。皆様、対策をするのであればスマホ対策を必ず行ってください。ECサイトスマホ版がメインになると考えましょう。


次にちょっと近未来、AIの話です。AIもECで活用され始めています。よく聞くのがAI接客ツールですが、それ以外にもECにはAIが入り込んでいますのでチェックしておきましょう。アパレルメーカーですと店舗を閉じてECでやっていく、というような話もありますし、目の前の数字も大事ですが中長期的な考えも非常に大切なのではと思います。


では、日本におけるAIの活用はどれくらいかといいますと、全然活用できていません。現状としては人材不足などさまざまな要因でAIが進んでいませんが、必ずAIの時代が来ると覚えておいて損はないでしょう。

構築編 

次が構築編です。

売れるサイトはどのようなものなのか、を改めて把握していきましょう。基礎的な内容ですので「どんなこと知っているよ!」という方もいるかと思いますが、斜めに構えず、「私たちは合っていたんだな」と思っていただきますと幸いです。


これは、弊社の売上を上げるためのロードマップです。売れているショップ様は必ずこのステップを踏んでいます。


1つクイズを出します。パワーポイントに表示されている「1%」という数字、これはどういう意味でしょうか?

答えは、自社ECの購入率です。一般的に1%を最初に目安にしていきます。リピートの多い会社様でもこの購入率が10%になる会社様はまずありません。そこで、次に紹介する「売り上げの方程式」を見ていきましょう。

アクセス数×購入率×客単価

売り上げとは、「アクセス数×購入率×客単価」の掛け算でしか成り立たちません。どれかがずれてしまえば、売り上げは0円になってしまいます。逆に10%×10%×10%伸びるだけで売り上げが1.3倍になります。つまり、すべての売上を上げる要素がこの掛け算に集約されており、0.5ポイントでもよいので何かを改善できれば売上は大きく伸ばすことができます。


では、売れるサイトとはどういうサイトでしょうか?結論からいいますと、PDCAを回しているかどうかです。意識している、していないに関わらず、必ずこのステップを踏んでいます。


販売戦略を立てて落とし込むというのが非常に大切で、紙に書き出すことをおすすめしています。僕たちが色んな相談を受ける中で質問をしますと、意外と答えられないショップ様が多いからです。売り上げについて伺うと明確に答えられますが、「どんなサイトにしたいですか?」と聞くと「社長でないと答えられません」「よくわかりません」という方が多いです。

PDCAの回し方のコツは、ベンチマーク企業から学ぶ

では次にPDCAをどう回すのかについて触れていきます。

必ずやってほしいことは、「ベンチマーク」しているサイトを見つけ、自社サイトにないものは何か見比べていきます。プラスαのポイントとして「買ってみて」ください。意外とここまでやっている方は非常に少ないです。売れている理由が必ずわかります。「同梱物がいいな」「箱がいいな」「追いかけのメルマガがいいな」など、売れている理由を知ることでPDCAが回しやすくなります。

施策の回転数が売上アップにつながる

我々は売れているショップ様の研究を行っているのですが、共通点はPDCAを回し、細かい施策をたくさん打っていることです。


TOPページのファーストビューについてもABテストの回数を回しています。そして、必ず定点観測しています。毎月売上を締めると思いますが、毎月末に売上が上がった、下がったかをフィードバックしているだけでは、すぐにまた月末が来てしまいます。


そうではなく、施策を打ったら1週間後に何が解明したのか1つずつ見ていきます。その重なりが先ほどの売上の方程式につながっています。


全部掛け算ですので1つ1つの要素を検証し、施策を多く回すことが、売上が伸びるショップの秘訣です。ここを念頭に入れていただきたいと思います。

AIに解析させることで、業務効率化に

サイトの解析に必要なのはアナリティクスなのですが、人が見ているとものすごく時間が掛かってしまいます。弊社はAIに24時間サイトを監視させます。AIを入れると細かいところの数字まで把握できますので、どこがウィークポイントなのか、どこが良いポイントなのかがデータとしてすぐ見られます。そこに我々の知見をプラスしてサイトのABテストを繰り返していきます。


AIの導入メリットはPDCAの回数を増やせる点です。繰り返しになりますが、売れているショップの共通点は、PDCAの回数が多い点です。GA見て解析して…という手間が大きく省けます。2000サイト以上見てきて、これは間違いないと確信を得ています。できるだけ多くPDCAを回すためには人手では足りません。回数を増やすためにAIに手伝ってもらう、まさにそういう時代になってきています。


AIを入れることでスピード、精度を担保できるため、より売れるショップが出上がっていきます。ECサイトは作って終わりではありません。そこがスタートラインで、そこからいかにPDCAを回すかが売上につながるポイントです。

事例1 AIをヒントに導線設計を実施、売り上げがアップ

1つ事例をご紹介いたします。とあるネットショップ様のスマホサイトを作らせていただきました。その後、コンサルも希望されたため、AIを入れたところ、なんとCV数は倍になりました。


AIが自由検索をする方が一番購入しているというデータを出してくれたため、自由検索をメイン導線設計にしたところ、非常に良い結果を出すことができました。

事例2 AI解析を利用し、コンテンツで売り上げアップ

次に呉服屋さんの事例をご紹介いたします。通常ネットショップは商品を一面に出していくのがオーソドックスなやり方ですが、このサイトの場合、AIが読み物コンテンツを1度経由した方々の売り上げが伸びやすいというデータを持ってきてくれました。実際にコンテンツをTOPページに持ってきたところ、売上を伸ばすことができました。


我々も大胆なABテストは行いいくいのですが、こういったAIの裏付けによって上手く改善できた事例です。

集客編

次に集客編です。広告で集客を行うか、SNSなどで頑張って集客するかのどちらかです。両方大事ですが、もし予算があるのであれば広告の方が絶対にいいです。


なぜなら、SNSで集客をすると100万円売るのに1~2年掛かるからです。時間を掛けて100万円売るのと来月100万円売るのでは全く価値が異なります。リピートにもつながりますので、予算が相当厳しい企業様を除いては広告を打つのをおすすめしています。

広告の基礎知識をお伝えいたします。売るための広告はワンクリックいくらという成果単価になっていますので、非常に仮説が立てやすいです。リピート性の高い商材をお持ちのお客様であれば、100万円の投資が100万円の売上であれば絶対やったほうがいいです。


WEB広告はたくさん種類がありますので、適切なものをご支援するために、弊社では運用代行も行っております。ぜひ気になる方はお声掛けください。

基本的な広告の種類

1つ目は、リスティング広告です。これは王道ですね。検索すると出てくるメジャーな広告です。


2つ目が、商品リスト広告といって、写真がたくさん出てくる広告です。ECをやっている方は必ずやった方がよい広告です。その理由は、検索エンジンの半数以上が広告枠で取られてしまうからです。検索エンジン対策だけ行っていると、半分以下のマーケットでしか勝負できませんので、広告を必ずやりましょう。


3つ目がリマーケティング広告です。1度訪れたサイト広告が追ってくるものです。これもネットショップやっている方は必ずやらなければいけません。なぜかといいますと、購買率は先ほど1%とお伝えしました。99%の方は買いません。どんなに頑張って集客しても99%の方が出ていきます。せっかく集めた99%の方を放ったらかしにして良いですか、という話になります。必ず追いかけましょう。


4つ目に静的、動的広告の話です。静的広告ですが、1つのバナーでトップページに飛ばすことを指します。動的とは直接商品に飛ばす方法です。ECの場合、ここまで設定しましょう。


5つ目はリピート広告です。アプリの中にフィードされているインフィード広告があります。今、インフィード広告の市場が年々、倍々に伸びています。理由は、スマホを持っている方の7割がアプリを使っているからです。検索エンジンを使っている方は30%いないのです。検索エンジン対策だけでは全体の30%でしか勝負できず、さらに広告枠で検索が埋まっている状態ですので、こちらも必ず行いましょう。

効果が左右されるバナー広告

次に、バナーです。バナーでも効果が大きく左右されます。本日クイズを持ってきました。こちらとある企業様のバナーです。3つ並んでいますが、CVを比較すると、Aが2件、Bが46件、Cが119件と大きな差があります。今日は割愛しますが、バナー1つでこんなに変わりますので、出し方もとても重要です。

2020年最新の広告トレンドは動画

最後に2020年のトレンドについてお話いたします。2020年にやってほしいことをクイズにしますと、「20%」です。これはどういう意味でしょうか。


2020年は動画の年になります。私の予測ですが、動画広告が20%を超えてくると思います。ゲーム広告ですと動画で行うのが一般的だと思いますが、普通の広告も動画で流す時代になってきています。とある動画広告ですが、静止画と比べCPCが15%伸びたと言われています。今年5Gもスタートしていますので、動画の時代がやってくると感じています。ぜひやってください。


最後に動画広告の3つのポイントをご紹介しましょう。


ポイント1つ目は、必ず4本以上の動画を入稿してください。


2つ目は、10秒以内に収めることです。10秒以上のWEB広告はほとんど見られませんので、作成する際は4~10秒がポイントです。


3つ目は、初めの3秒が大切ですので、紹介訴求や品質訴求など、入れ替えて色んなパターンを取りそろえることが大事です。


また大前提として動画は音声なしでも伝わるものを作りましょう。


足早な説明で大変恐縮ではありますが、必ず大爆発する広告になると思いますので、ぜひ実践してみてください。本日はご清聴いただき、ありがとうございました。

株式会社これから 川村拓也
株式会社これから 川村拓也

2004年、IT系上場企業に新卒として入社。 ECサイトのコンサルティング営業を行う部署に所属し、 同期85名の中で最短にて管理職昇格。 さまざまな業種のECサイトコンサルティング業務に従事する中で、売れるECサイトのノウハウを習得。その後全国拠点の拠点長を歴任し、2012年1月株式会社これからに創業メンバーとして参画、取締役就任。 新規サイト制作から広告運用、CRMまで自社ECサイトのコンサルティングを行う。 時代の移り変わりと共に、売れるECサイトのノウハウも変化するため、 常にクライアント様と二人三脚体制を構築し、エンゲージメント強化を図っている。 人気セミナー講師として、全国多数の講演実績あり。 

ECセミナーからのお知らせを受け取る

下記項目を入力の上、送信することで、

ECセミナーJPからの、更新情報、セミナー開催情報などを受け取ることができます。

オススメ 記事一覧

関連セミナー記事

「LINE公式アカウント×キャンペーンで友だちを獲得する手法。最新LINEコンテンツ運用事例と共に公開!」

多くの会社でLINEアカウントを使ったマーケティングが活性化している中、ユーザーに飽きられない魅力的なアカウントであり続けるための秘訣は?LINEアカウントの活性化、キャンペーンツールを活用した友だち獲得のアイデアを、事例を交えてご紹介します。

「キャンペーン手法によるリピート率アップと休眠顧客の掘り起こし戦略」

株式会社 ADDIXの中元と申します。私から「キャンペーン手法によるリピート率アップと休眠顧客の掘り起こし戦略」についてお話いたします。

ユーザーとブランドが創る「共に楽しむ世界」 ~ネットとリアルの融合で生まれる新しいステージ~

日本の20~30代女性の3人に2人が毎月利用するコスメ・美容の総合サイト『@cosme』。そんな『@cosme』がプロデュースする「@cosme STORE」について、本来別チャネルで販売している商品を横断的に取り揃えた品揃えや『@cosme』のランキングを反映した売り場といった特徴から、ユーザーとブランドとの接点拡大や顧客理解、顧客体験の向上につながるポイントについてご紹介します。 また、2020年1月10日、原宿駅前にオープンする「@cosme TOKYO」の店舗紹介や、アイスタイルグループが見据える新しい「ネットとリアルの融合」の姿を、リテールテックの活用、ユーザーの「体験」を大事にした仕掛けづくりとともに、お話させていただきます。

「LINE課金対策を意識したLINE×CRM施策の鉄板パターンをご紹介」

LINE公式アカウント統合に伴い、LINEのメッセージ配信による課金は、「友だち数」から「通数」に変更されました。通数課金を前提にした、メッセージ配信においては、従来の一斉配信ではなく、顧客データを活用した配信を意識する必要がとなります。 本セッションでは、通数課金の対策としての顧客データの活用、企業様が今取り組むべきLINE施策の成功事例をご紹介します。

よなよなエール流 ファンとの絆づくり

「よなよなエール」「インドの青鬼」「水曜日のネコ」「僕ビール、君ビール。」などのクラフトビールを製造・販売するヤッホーブルーイングのオフライン×オンライン問わないファンとのコミュニケーション施策についてお話いたします。

「D2C元年となる2020年のデジタルマーケティング戦略」

世界中でユニコーン企業が増え続けるなか、ここ数年の大きなグローバルトレンドとなっているD2C。旧来の通信販売となにが違うのか、日本のD2Cスタートアップの動向はどうか。通信販売の価格帯別(2,000円以上4,000円未満)シェア日本No.1を獲得したメンズスキンケアブランド『BULK HOMME』の過去と未来を下敷きとして考察します。

カスタマイズした一元管理で顧客に合った情報を即座に現場へ共有!~業務改善・人件費を削減した成功事例~

一元管理システム「アシスト店長」の利活用ポイントとして、業務改善だけでなく、企業に合わせたカスタマイズを実施。難しいサイトも統合を可能にし、人件費を抑えながらも、お客様ひとりひとりに合わせた情報を現場に落とし込む成功事例をご紹介いたします。

自社EC売上最大化セミナー ~課題ごとの売上最大化施策大公開~

株式会社これからの川村と申します。本日は、最大のCVRにするためのECの地盤づくりを、事例を含めて詳しくご紹介いたします。

KPIの可視化にかかる工数を劇的に削減し、マーケティングの意思決定スピードを上げる方法

ADDIXの木野と申します。本日は、「KPIの可視化に掛かる工数を劇的に削減し、マーケティング意思決定スピードを上げる方法」をお伝えいたします。

Googleショッピング広告で検索結果をおさえる!2019年最新トレンドと売上増加事例 大公開

Google広告のショッピングキャンペーンから生成される『Googleショッピング広告』GoogleアップデートによるSEO変動の集客への影響に対応するため、広告枠からの集客が重要性になります。 本セミナーでは、Googleショッピング広告の導入からの準備フローを効率化できる『EC Booster』を活用して、自社ECの運営をGoogleショッピング広告でくベストプラクティスを解説します。

「CPAから脱却した広告運用とは」

シナジーマーケティングはCRMのご支援をしている会社です。本日は「アドレサブル広告」に着目し、その活用補法を事例を含めて詳しくご紹介いたします。

「RTB Houseの最新トピックスから実例、ノウハウまで」

RTB Houseの高橋と申します。本日は弊社の一番の特徴であるエンジンについても、実例を含めて詳しくご説明いたします。また、新味プロダクトについてもご紹介させていただきます。

ネット通販(EC事業)とバックオフィス(EC物流)~失敗しないC事業を構築する為に~

株式会社ヒューマニアインターナショナルの代表取締役、善里と申します。今ECでどのような流れが起きており、なぜ物流、バックヤードが重要になるのか、集客に役立つUXやLTVの活用方法を交えながらご紹介させていただきます。

「日本企業のネクストチャイナ進出を実現するShopee出店戦略設計 ~出店サポート内容と連携方法について~」

BeeCruise株式会社の岩本氏が、ネクストチャイナ進出を実現するShopee出店戦略設計をテーマに、出店ステップや成功事例を詳しくご紹介いたします。

「コンタクトセンターのアウトソースを考える~コンタクトセンターをアウトソースすることで得られるメリットやアウトソース本来の意味と価値~」

コールセンターの受託業務を中心に行うCENTRIC株式会社。「コンタクトセンターのアウトソースを考える」をテーマに、そもそも事業にとってコンタクトセンターってどんな位置付けなのか、何のためにアウトソースするのか、どういったことを判断して外注先を決めていくのか?といったことをお話しさせていただきます。

リピート顧客を新規獲得しやすいWeb集客施策 〜なぜあのLPは定期加入率が高いのか?!〜

ペンシルはWEBコンサルティングの会社です。専門的なコンサルティングにより、顧客の売上をあげるための「成功シート」、解析ツール、TIPSを含めながら、数字の取れるLPの成功事例をご紹介いたします。

台湾でのLINE Pay利用状況

台湾でも圧倒的なアクティブユーザーを持つLINE。そのLINEのペイメントサービスLINE Payを活用し、台湾越境ECで成功するためのポイントをご紹介いたします。

自動撮影システムで、商品撮影はもっと効率化・単純化できる!

Orteryの「自動撮影システム」の活用ポイントとは、コンピューター制御で、いつでも誰でも同じクオリティーで撮影することが可能な点です。従来の撮影方法と比べ、約5倍の業務効率化を実現。さらに、360度アニメーション撮影を取り入れた場合の成功事例もご紹介いたします。

新規顧客獲得最終手段の真実をお伝えします!

プロスペクトクリエイは、顧客データベース、システム、アウトバンドを駆使したサービスを構築。生きたリストづくり、効果的なアウトバンドにつながる「自動見込み顧客発掘サービス」の成功事例をご紹介いたします。

ECサイトフェリシモの事例に学ぶ。 キャンペーンの売り上げを3倍にしたモーメント分析とは

株式会社ビービットのセミナー。『フェリシモ』のECサイトの事例から、データドリヴンマーケティングの重要性について、モーメント分析の具体例に触れながら、デジタルマーケティングのPDCAについてご紹介しています。

サイトに流入してきたユーザーのCV率を向上させる、仮説の立て方とシナリオ設計のコツ

ReproWebを提供する、Repro株式会社のセミナーです。今回はコンバージョンを向上させるポイント、コンバージョン貢献度などに注目し、ページ最適化について解説しています。

W11に向けてのプロモーション

アジア圏でPRサポートを展開するVECTORグループ。 中国本土におけるPR企画の立案・実施、ブランディング、マーケティングリサーチ、 イベントの企画・実施 を行うVECTOR CHINAの板屋氏による、中国のマーケットについて、2018年のW11を振り返りながら、今年のW11に向けた戦略について講演しています。

WEBマーケティングで顧客情報を徹底活用 ~データの力を活かそう~

世界的潮流として社会システムのデジタル化がダイナミックに進展しており、ビッグデータ時代が本格的に到来しています。第四次産業革命とのとらまえかたもあり、企業は15年以内にデジタル化に対応しないと淘汰されると言われています。 企業にはウェブ上で物販や予約販売などの事業基盤を構築するに加え、収益を獲得増大させるために、顧客データを活用したマーケティングが必要不可欠です。今回は、クイックにウェブマーケティングを行う意義とデータの持つ力についてセミナーを行います。

DG1活用について   

多様化、高速化が要求される現在の消費マーケットにおいて、1to1コミュニケーションが実現できるプラットフォーム「DG1」。ウェブサイトやLPの構築、カート機能や決済、オンライン予約機能まで、あらゆるWEB上での顧客体験を実現するソリューションを実際に使用していくセミナーです。

D2C時代を勝ち残る!売上UP成功率98%以上のEC戦略セミナー

ECサイトに特化したコンサルティングを展開する株式会社Crescent。D2C時代にフィットしたノウハウを、マーケティングノウハウを駆使して提供、EC戦略の最大化をご提案しています。

飛躍の2019年へ 「今」こそ見直したいビジネスモデルと集客構造

株式会社これから による、単品通販、リピート通販に焦点を当てたセミナーです。同社の支援領域はEC通販に特化したコンサルティングから、クリエイティブ制作、マーケティング支援など多岐にわたります。

Wowma!ならではの強みと戦略

auコマース&ライフ株式会社が展開しているWowma!について、コンセプトやモールにおけるビジョン、サービス対象セグメントなどを、KDDI独自の拡大戦略・プロモーション施策と交えてご紹介。 Wowma!出展をお考えの企業様向けの講演です。

「自社ブランドで年商20億まで売上を伸ばした成功事例!」~広告費を使わずに顧客をリピートさせた方法~

株式会社ネットショップ支援室、株式会社薬事法ドットコム、株式会社フルスピードの三社共催セミナー「薬機法を理解してWeb集客を効率的に行う方法」【第一部】自社ブランドで年商20億まで売上を伸ばした成功事例!

封入物=顧客が100%手に取る広告媒体! ~最小限の広告費で顧客をリピートさせた成功事例~

ECカートシステム「楽楽リピート」の利活用ポイントとして、 「封入物」を「顧客が100%手に取る広告媒体」として捉え、広告費を最小限に抑え、リピート率を上げてきた事例を、化粧品・健康食品販売業の例を挙げて紹介します。

成長を見据えた、クロネコヤマトができるお手伝い

ヤマトフィナンシャル株式会社が、EC決済業界について多様化が進む決済手段についてご紹介しています。 導入推奨の決済から最新の決済情報まで、今後メインストリームになるキャッシュレス決済などについて展開しています。

申込み完了率6.3%向上! 入力フォームでの最先端機能!

皆様、こんにちは。ショーケース・ティービーの大熊と申します。我々が得意としている領域は非常にニッチなものです。入力フォームの領域において、ノウハウを蓄積してきたものを本日はご紹介できればと思っています。よろしくお願いします。

ECサイトで成果をあげる!サイト内検索ナビゲーションの改善ポイント

同社が提供するASP/SaaS 「probo」と、「probo EC」の紹介と、売り上げアップに直結する施策…ECの『サイト内検索』の最適化をご提案。実際にサントリー、キッコーマン、ダイキン他800社への導入実績があります。

事例で見る越境EC成功 ~日本を超えて韓国、中国全世界に販路拡大戦略~

株式会社Ms.IDのセミナーでは、自社ブランド『セレクトモカ』の日本国内のソリューションとして、新たにCAFE24JAPANへ移行した際のメリットやノウハウを紹介しています。

新規顧客のコンバージョンを最大化させる決済手段とは? ~ジャックスグループの後払い「アトディーネ」の事例大公開~

ECサイト利用時に必須になる決済サービス。 後払い決済サービス『アトディーネ』を提供しているジャックス・ペイメント・ソリューションズ株式会社の久米氏が、後払い決済サービスと、アトディーネについて紹介しています。

未来のビジネスを決定づけるデジタル化資産戦略

中小企業向けのソリューション。未来のビジネスを決定づけるデジタル化資産戦略として、DG1が提供できるプラットフォームをご紹介しています。

通販・EC・D2C成功のためのCRMと顧客育成分析ノウハウについて

やずや通販CRM基幹システム、やずや少数盛栄塾など通販の総合ノウハウを提供する、やずや未来館による、スマホ時代の到来による、プラットフォームとの適性な付き合い方、経営=マーケティング=CRMの方程式について解説しています。

通販・EC・D2C成功のためのCRMと顧客育成分析ノウハウについて

ECスタートアップの成長支援のために、CRフルフィルメントの一括サービを事業コンセプトとして展開している株式会社PREDiA 代表取締役 西間木氏による、顧客体験向上のための施策について、CRMの具体的な活用と、事例として男性化粧品のバルクオムを例に紹介しています。

マーケティングオートメーションの活用方法と必要なコンテンツとは

企業のマーケティング活動を支援しているMtame株式会社。BtoB領域のMA(マーケティングオートメーション)の最適化について解説しています。

導入のみでCVR10倍を実現するD2C特化型SaaSとは

株式会社SUPER STUDIOのセミナー。自社が提供しているD2C特化型SaaS『EC Force』の紹介をしながら、マーケティング支援、CRM等 優位性について、事例を交えながら解説します。

全40件中 1〜 40件を表示