catch-img

よなよなエール流 ファンとの絆づくり

株式会社ヤッホーブルーイング
よなよなピースラボ(CRM設計・CXデザイン)
ラボ長
佐藤 潤

2000年にカルチュア・コンビニエンス・クラブ株式会社(CCC)に新卒入社。
インターネット事業部にて事業の立ち上げや、インターネット事業部の宣伝責任者などに従事。
2012年にヤッホーブルーイングに中途入社。通販部門・プロモーション部門・ファンベースマーケティン部門の部門長を歴任。
現在はCRM設計・CXデザインを探求する部門にて、オンライン・オフライン問わないファンとのコミュニケーション施策の企画や運営に携わる。


「よなよなエール」「インドの青鬼」「水曜日のネコ」「僕ビール君ビール」などのクラフトビールを製造・販売するヤッホーブルーイングのオフライン×オンライン問わないファンとのコミュニケーション施策についてお話いたします。

目次[非表示]

  1. 1.自己紹介
  2. 2.会社概要
  3. 3.日本のクラフトビールを代表する『よなよなエール』
  4. 4.マーケティングの目線で考える「ファン」の存在
  5. 5.ヤッホーブルーイングのDNA
  6. 6.購入後のお客様の気持ちを表す5つのフェーズ
  7. 7.個性的でオリジナリティ溢れた製品開発
  8. 8.ターゲットに寄り添うテイストとデザイン
  9. 9.尖ったターゲッティングで刺さる層を明確に
  10. 10.より近くの方を獲得し、ジワジワとファンを獲得していく
  11. 11.「カエル捕獲」プロモーションでSNSを盛り上げる
  12. 12.ロイヤルティーによってファンイベントを3つに作り分ける
  13. 13.見学では製品への熱い思いを必ず伝える
  14. 14.クイズでファン同士の距離を近づける宴イベント
  15. 15.キャンプ場を貸し切り1000名のファンが参加する『よなよなエールの超宴』
  16. 16.「自分ごと」にさせる経営戦略イベント
  17. 17.ファン自らが開催する「ファン宴」
  18. 18.年間1万人を動員するファンイベント
  19. 19.お客様の気持ちの構成比、分布を把握しコミュニケーション施策に活かす
  20. 20.知人・友人から誘われて参加する方は驚きの3割
  21. 21.まとめ


自己紹介

初めまして、ヤッホーブルーイングの佐藤と申します。本日はオンライン、オフラインを超えたファンの方とのコミュニケーションについてお話させていただきます。

まず自己紹介させていただきます、ヤッホーブルーイングの佐藤潤と申します。弊社はニックネームで呼び合う会社でして、社内では「ジュンジュン」と呼ばれております。もともと東京の町田出身で、2012年に初めての転職でヤッホーブルーイングに入社いたしました。そのタイミングで、Iターンで住まいを東京から軽井沢に移しております。

前職ではネット関係のキャリアがありましたので、ヤッホーブルーイングに入社した際は通販事業、プロモーション事業、その後ロイヤルティーマーケティングを担当し、現在はCRM設計・CXデザイン部門の責任者を任せていただいております。

会社概要

会社紹介です。株式会社ヤッホーブルーイングは1997年に軽井沢町で創業し、クラフトビールの製造、販売をしております。フラッグシップのビールは『よなよなエール』でして、コンセプトが家庭で飲める、手軽な本格エールビールとなっております。

23年前、当時まだエールビールやクラフトビールという文化が日本の市場になく、いつかおいしいエールビールが日本の食卓に並ぶといいなと夢見て、毎夜毎夜エールビール、つまり『よなよなエール』というネーミングとなっております。

我々は非常に和の要素を大切にしており、このラベルも花札をモチーフにしております。

弊社は「ビールに味を!人生に幸せを!」というミッションがございます。我々がアクションを起こそうと思った際は、必ずこのミッションに紐づいているのか確認をしており、我々の大切な心の拠り所です。非常に大切にしております。

具体的に申し上げますと、「画一的な味しかなかった日本のビール市場にバラエティを提供し、新たなビール文化を創出する。そしてビールファンにささやかな幸せをお届けする。」というのが我々のミッションとなっております。

日本のクラフトビールを代表する『よなよなエール』

もう少しだけクラフトビールの話をさせてください。ビールには種類がございます。我々はスタイルと呼んでいるのですが、実は世界には100種類以上の種類があります。スライドにピルスナービールと書かれているのですが、日本に流通しているビールをグローバル基準であるスタイルで括ると、ほとんどがラガービールの中のピルスナービールという種類のみです。オリオンビール様を含めた大手5社のビールでは99%がラガービールです。我々が生産しているクラフトビールはわずか1%しかありません。この1%の中に我々を含めるクラフトビールのブルワリーが400社ほど含まれております。その中で我々はトップシェアを持ちながら15期連続で増収、増益を遂げております。この成長を支えてくださっているのがファンの皆様です。本日は弊社がどのようにファンとコミュニケーションをしているか、獲得しているかをお話したいと思います。

マーケティングの目線で考える「ファン」の存在

なぜファンが必要なのかマーケティングの視点で考えますと、2つ理由があります。1つが売上や収益を支えてくれる存在だからです。上位10%のお客様で売上の約65%を占めております。2つ目は、新しいお客様を口コミで連れて来てくれる、という点です。「よなよなエール」をまだ知らないお客様へダイレクトマーケティングでアプローチをするのですが、それと同時にファンの方が「よなよなエール飲んでみたらどう?』や『よなよなエールのイベント行ってみようよ」というようなオーガニックな口コミを広げてくださいます。

ヤッホーブルーイングのDNA

次に我々のDNAについてお話いたします。弊社は軽井沢で創業し、最初の3年くらいは当時流行した地ビールブームがあったため売上が好調でした。その後からシュリンクしていき廃業寸前にまで落ち込む時期がありましまた。当時やれることが少なかったため、唯一取り組んでいなかったインターネット通販をスタートいたしました。全国にいらっしゃるファンの方と直接つながり、「おいしいビールをつくり続けてほしい」というお言葉をいただき、そこから回復した背景があります。ファンの方の市場がなければ成長はありませんし、社員のモチベーションを上げてくださる存在ですので、会社のカルチャー、DNAとしてを大切にしてきたのはこういった経緯からだと感じております。

購入後のお客様の気持ちを表す5つのフェーズ

我々は買った後のお客様の気持ちには5つの層があると考えております。

1つは、まず買ってみるお客様です。2つ目はお得だったら買うお客様です。例えばポイントが10倍だから買ってみよう、などです。3つ目は、不満はないけれどロイヤルティーもないお客様です。4つ目は、強いロイヤルティーを持ってブランドを指名買いしてくれるお客様です。そして5つ目の層は、我々は伝道師と呼んでいるのですが、身近な友人にも推奨してくれるお客様です。

3と4には違いがあり、Life Time Valueは変わらないかもしれませんが、明らかに気持ちを持ってくださっています。我々がファンの方とお会いしお話していき紐解きながらカスタマージャーニーを描くようにしているのですが、3と4の大きな違いは我々のミッションに共感してくだっているかどうかだと思います。この会社がつくっている製品、スタッフが本気であることが伝われば応援したいという気持ちになってくださります。会社、スタッフ、ファンのコミュニケーションを通しながらミッションや気持ちを伝えていき、製品が好きという軸と会社が好きという軸を登ってきてもらうということを大事にしております。

個性的でオリジナリティ溢れた製品開発

製品開発についていくつかの視点でお話いたします。我々は『よなよなエール』を中心とした多様で個性的なクラフトビールを開発しています。

当時クラフトビールの中で女性向けのビール製品がなかったため、女性向けにつくっていこうという気持ちから『水曜日のネコ』という製品をつくりました。どのような方に飲んでいただきたいかイメージすることを大切にしており、30歳前後の仕事をしている女性をターゲットにしました。当時、水曜日というのはノー残業デーとも言われていた時代で、週の真ん中の水曜は少し仕事を早く切り上げてホッとした素の自分に戻りませんか?という思いを製品名に込めています。製品の猫のイラストも笑っているような、怒っているような、なんとも言えない素の表情をしています。このイラストの理由も本来の自分に戻って欲しいという思いからです。

ターゲットに寄り添うテイストとデザイン

もう1つご紹介しましょう。『僕ビール君ビール』という個性的なカエルがモチーフのビールがございます。ローソン様限定で販売しているクラフトビールです。ローソン様から「若者向けのビールを開発してほしい」とご相談いただき開発したて製品です。30歳前後の男性にターゲットを絞っていくという作業を行い、ターゲットのインタビューを通し繊細な人物像を作っていきました。当時30歳前後の男性にインタビューをしますと、ビールが苦手な方は「ビールっておじさんまの飲み物で、自分たちの飲み物という感じがしない」と話しており、我々は新たにターゲットに寄り添うビールとして、この製品名をつけさせていただきました。

実際飲んでいただくとわかりますが、このビールはセゾンスタイルと呼ばれるフルーティーなビールです。ベルギー地方でポピュラーなのですが、日本で流通しているビールとは明らかに異なります。30歳前後の男性はゆるキャラが好きというインサイトも出ておりカタツムリなどのイラスト候補もありましたがカエルに決定いたしました。

尖ったターゲッティングで刺さる層を明確に

まとめていきますと我々の製品開発はターゲットを明確に絞っていくことをしております。やはり1%程度の市場しかありませんので、極論100人に一人が熱狂すれば良いと考えており、我々からしますと多くの方が選ぶデザインはピンボケしているように感じます。1〜2割くらいの支持率が心地よいですし、賛否両論が出るというところも大切にしております。

実際に『水曜日のネコ』もお酒のメーカーなのに猫をキャラクターにしたビールを出して良いのかなど社内で議論があったくらいなのですが、それくらい議論があって良いと考えたおります。

キャラクターを擬人化して相棒のように感じていただきたいと思っております。このように徹底した差別化を大切にしております。

より近くの方を獲得し、ジワジワとファンを獲得していく


我々は中小企業で大きな母体を持っておりませんのでマス広告をするような体力はありません。売り場に並んだときにいかに目立たせるか、ターゲットとなる方に刺さるかが全てです。徹底的にターゲットを定め絞っていくことを重要視しております。

新規や認知を取っていくプロモーションについても同様です。『よなよなエール』を飲んだことがない方にプロモーションを強めたいのですが、距離とコストというものは比例すると感じております。それよりも近くにいるファンからのエンゲージメントを獲得し、その滲み出しで届けられない人に届けていく、ファンを味方にしていくことが重要です。

「カエル捕獲」プロモーションでSNSを盛り上げる


1つ特徴的なものをご紹介します。先ほどのカエルのイラストの『僕ビール君ビール』のプロモーション事例です。発売日当日に弊社のスタッフが都内のローソン様を巡回し製品を置いてくださっているか確認し、製品が売っていれば自分たちで購入し、その写真を自分たちのアカウントで投稿していきます。アップする際に「カエル捕獲」というメッセージで載せていきます。朝これを行なっていますと午後からはファンの方が一緒に遊び出してくれます。実際の投稿ですが、「新潟県上越市でカエル捕獲」と書いています。右の投稿では「行ったけど売り切れ。ローソン◯◯店」のようにファンの方が一緒に遊びながら買ってくれるようになり、捕獲したよという投稿をどんどんアップしてくれるようになりました。

夕方からは我々がオンライン放送を始めます。全国の日本地図を開き、タイムラインから流れるお客様の捕獲情報を見ながら、丸の花束を地図に付けていき満開にしながら、最後には乾杯をします(笑)。ほかの都道府県で捕獲情報がなければ、ほかのファンの方に呼びかけていただき捕獲するなど、丸一日掛けてファンとコミュニケーションを取りながらプロモーションしていきます。

ローソン様で年間を通して売れているビールというのはやはり大手様です。ですが、我々が『僕ビール君ビール』を販売した初週だけはどのビールメーカー様もを超えて1位になるほど売れているビールに変わっておりました。こういった実績を作りながらローソン様にも表彰いただいております。

ロイヤルティーによってファンイベントを3つに作り分ける

次に特徴的なのがファンイベントです。我々ファンイベントを10年くらいやっているのですがとても大切にしております。おいしさなどの製品の機能軸だけでは限界が出てきますので、こういったファンイベントを通しながらどういう風にこのビールを飲むと楽しいか、どういうシーンで飲んでほしいか、どういう思い出を持ち帰ってもらえるかという体験を増やしていくことを重要視しております。

いつも我々がファンイベントの際に気を付けていることが3点あります。お客様のロイヤルティーによってどのようなイベントに作り込むか分けるのですか、1つ目は学び、2つ目は交流、3つ目は共創です。この3点を必ずコンテンツを企画する際は必ず入れ込むようにしております。

人とのお付き合いと似ていると考えています。最初は知ってもらう、つまり学びです。我々の価値観を伝えていくことが大切です。それができると次に交流です。向き合う関係性になります。最後は共創です。結婚のように同じ方向を向いていく、そういう関係をブランドの中にも意識しています。

好きなことは何でも知りたくなると思います。そういう学びを大切し、好きな人同士がつながる交流は熱量がものすごくありますので意識しております。熱狂的になるお客様というのは、製品を安くお得に買いたいという気持ちはありません。自己実現に近く、会社の経営や成長を応援したいというお気持ちのため、そういった方とどのような共創ができるか、ということが大事です。

見学では製品への熱い思いを必ず伝える

具体的にご紹介していきますと、学びとして醸造所見学ツアーを行なっております。ワンシーズンで3000名くらいのお客様にお越しいただいております。どのようなスタッフがお話するのか明記したウェルカムボードから始まり、食べたり香ったりすることでビールの原材料を体感し、見学の場を特別用意はしていないため、スタッフが通常通り仕事をしている醸造所の仕事場を見ていただきます。さらに、バーカウンターに戻りますとテイスティングができます。ワインに近いのですが、クラフトビールにも飲む作法があります。どういう順番で、どういう食事と合わせるとおいしいか、ブランド、製品に込めた思いをセミナー形式でお伝えしております。だいたい1コマ100分くらいです。セミナーはら我々スタッフからのプレゼンテーションなのですが、学びを意識し、製品に対する思いを伝えることを大切にしております。

クイズでファン同士の距離を近づける宴イベント

次に交流です。都内に公式ビアレストランがありまして、宴という飲み会イベントを開催しております。月1回につきおよそ80名のお客様が参加していただいております。ここではファン同士のつながりを大事にしております。このイベントでは80名の方が全て埋まりますと全員が相席になります。皆様初めましてになります。そこでアイスブレイクとしまして5分程度のテーブル対抗クイズ合戦を行います。例えばビールの原材料であるモルト複数の品種をテーブルに置き、その中に1つだけ『よなよなエール』で使われているモルトがあるのでかじってみて当ててみてください、とお伝えします。打ち解けられるような接点の中に学びがあり、持ち帰ってもらえるようなコンテンツを用意しております。

アイスブレイクを数問実施しますと、すぐにテーブル同士で打ち解けてくださいまさので、フリータイムでも勝手に盛り上がっていきます。お客様同士仲良くなっていただくというのもありますし、お客様とスタッフ相互のコミュニケーションにもつながっております。

キャンプ場を貸し切り1000名のファンが参加する『よなよなエールの超宴』

この2〜3年はこのイベントの規模がどんどん大きくなっておりまして、お陰様でこのイベントから『よなよなエールの超宴』というイベントを開催しております。年1回北軽井沢のキャンプ場を貸し切り、1泊2日1000名のお客様とイベントを行なっております。やっているコミュニケーションは変わりません。交流と学びです。皆で乾杯して各々楽しんでいただき、音楽を聴きながらビールを飲んだり、離れの小屋ではセミナーをやったり、1名の優勝者を決める〇×クイズ大会を開催しています。最後は皆でキャンプファイヤーをして盛り上がる楽しい体験を作っています。

最近ではこの規模をもう少し大きくしており2年前はお台場で5000名近いイベントを行いました。行ったことはどのイベントも同じです。学び、交流、いかに引き合わせられるか、一体感を生み出せるかです。

「自分ごと」にさせる経営戦略イベント

最後に共創です。少人数の熱狂的なファンイベントを行なった際、3時間半のノンアルコールイベントを行いました。その目的は、熱狂的なファンの方によりヤッホーブルーイングのことを知っていただき、ヤッホーブルーイングと同じような目線に立って考えていただきたいという点からです。また、そういったお客様との対話を通して新しいサービス開発ができれば、そして結果的に『よなよなエール』を推奨してくださる。そういったことを目的としてイベントを行いました。

我々は目的を整理する際にとても悩んだのですが、熱狂的なお客様ですので宣伝してほしいと考えました。しかし、熱狂的なファンとはいえ、「宣伝してくださいね」と言っても簡単には宣伝してもらえません。甘いマーケティングではなく、宣伝したくなる気持ち作りはどういうものか考えました。それが「もっと自分ごとにしてほしい」ということです。

イベントでは、ニックネームで自己紹介をしていただき、その後ヤッホーブルーイングから経営戦略を赤裸々にお伝えします。普段なら絶対ファンの方に話すことはない中期計画をお伝えします。やりたい計画はたくさんありますが課題だらけです。その課題をクリアしていき中期のビジョンを達成するのが目的なのですが、ファンの方と一緒に解決策を見つけたいという目的があり、思い切って経営戦略を共有しています。

そうすることでファンの方々に自分なりの解決策や支援や拡散を考えていただき、それぞれ発表していただきます。今写真で表示しているファンの方はエンジニアの方なのですが、「アプリを作ろう」とアイデアを出してくださいました。クラフトビールは種類がたくさんあるため、自分が飲んだビールをコレクトしていくアプリです。そうするとビールに詳しくなり、収集したい気持ちが強まり、ビールを飲むのが楽しくなるアイデアをたくさん共有してくださるのです。

イベントの最後には、我々の名刺と同じフォーマットでファンの方の氏名を印字した認定証をプレゼントし、「スタッフのような存在ですので、明日から一緒にヤッホーブルーイングを盛り上げましょう!」とお伝えしています。この方達とは今クローズドでコミュニティを作り、どのようにクラフトビール市場を広げていくか極秘作戦を話し合っています。我々にとって相談相手のような存在です。

ファン自らが開催する「ファン宴」

このイベントの中ではファン宴というものが起こっています。ファン宴とは、ファンの方が幹事でファンを呼んで、『よなよなエール』の良さを伝えるイベントを開催することです。

ファンイベントに参加された方でイベントが好き、イベントを開催したいと言ってくださる方が多く、都内で開催すれば今度大阪でファン宴が開催されるような動きができています。

共創の中で大切にしていることは、我々のミッションにファンの方が共感していただき、その中でファンの方でできることを見つけたときに、ファンの方というのはものすごく熱狂し推奨してくださる、ということです。共創のイベントに参加した方は全員イベントをやりたいわけではありません。たまたまイベントをやりたい方がいたり、料理好きの方でクラフトビールに合うレシピを作りたい方がいたりと、我々のミッションとファンの方の得意分野を見つけるサービス開発まで行なっております。

年間1万人を動員するファンイベント

結果どんな定量効果を出しているかお話いたします。我々の業績の棒グラフをご覧ください。右側の網掛けがあるのですが、これは我々の年間イベント動員数です。我々10年前からイベントを行なっており、最初は30人ほどのイベントからスタートしました。直近では年間1万人ほど動員しており、ファンの方と直接お会いしている人数と業績との関係性を感じております。イベントをやる際、通販で購入されているファンの方に直接感想を聞くようにしています。


イベントのアンケートでは、イベントの満足度、ブランドロイヤルティーを伺うと必ず決めています。イベントの満足度ではイベントの満足度を7段階で聞いています。結果を見ながらPDCAを回しています。ロイヤルティーについては、イベントの満足度ではなく、そのときのブランドへの気持ちをヒアリングしています。聞いている項目は熱狂度、NPSの2つを必ず聞いています。熱狂度ではブランドのことをどれだけ好きかストレートに聞きます。NPSは、おすすめしたいかどうかです。これをいつもクロスで見るようにしています。右側がNPS、縦軸が熱狂度です。これを上中下の3段階にしクロスで見ます。

お客様の気持ちの構成比、分布を把握しコミュニケーション施策に活かす

我々は通販事業でサブスクリプションサービスを提供しておりまして、VIPのお客様にも定期的にアンケートをしております。お客様の気持ちの構成比、分布を見ながら、今お客様はうちのブランドに対してどんな気持ちでいるのかという傾向を知ることができます。表で言う右側、つまり『よなよなエール』がとても好きだし、おすすめしたいという気持ちになるのが一番の理想です。こういう気持ちになるにはどういうコミュニケーションを取ればよいのか深掘りをしています。

5000人規模の『よなよなエールの超宴』というイベントに参加したファンの方に年間購入金額を聞いているのですが、表の右上の方にいる方はものすごく飲んでくださっているのがわかります。特徴的なのは左上の方もたくさん飲んでくださっているということです。あまり推奨していないが、『よなよなエール』がすごく好きというお客様です。クラフトビールは嗜好品ですので、無理にすすめないけれども『よなよなエール』が好きだよ、という方です。表の右上の方と左上の方はタイプが異なるわけです。我々は右上の方だけでなく、左上の方も真ん中の方も大切にすることを心掛けています。NPSだけでは見えないブランドに対するラブ度を把握するようにしています。こういった部分を見ながら会社の中期計画、どのくらいの人に飲んでいただけたらよいか、ロイヤルティーの割合、コミュニケーション施策へ落とし込むようにしております。

知人・友人から誘われて参加する方は驚きの3割

ほかには、新しい友達を連れてくださるという点が挙げられます。5000人の『よなよなエールの 超宴』では認知度についてもアンケートを実施しています。表示しているグラフの中で青52%というのは、オウンドメディアを見てイベントを知ってくださった方の割合です。オウンドメディアまで見てくださっていますのでファンの方と言えます。友人・知人に連れて来られてという方が32%いますので、52%の方が32%の方を連れて来ていると考えられます。我々が開催しているイベントは約半数がファンの方で、残り半分弱が初めての方であると読みとくことで、イベント経験度、ブランドとの距離感を知ることができます。

こういったイベントを通してその他にどんなことを知れるかといいますと、カスタマージャーニーです。接点、沸点を聞くことが可能です。私はいつもお客様と話す際は知ったきっかけ、より好きになったきっかけを聞くようにしています。その理由から最近のお客様はタッチポイントがどこであるかを知ることで、会社の戦略に活かすことができています。

そのほかにもイベントを行う際、ボランティアとして駆けつけてくれ、運営するスタッフとしてファンの方が動いてくださいます。弊社社員だけですと140人程度しかいませんので、5000人規模のイベントを行う際声掛けしますと一気に集まってくださいます。

最近では日本航空様にお声掛けいただき、一緒にファンイベントを企画しています。日本航空様はデジタルマーケティングにものすごく力を入れている一方で、こういった直接的なイベントにも力を入れていきたい意向があり、一緒に企画を作らせていただいています。

まとめ

最後にまとめです。
経営戦略としまして他社が真似できないようなサービス、コミュニケーションを生み出し、差別化を大切にしています。また、カスタマージャーニーを作り、ファンになった理由を知ることを大切にしています。  

製品開発ではターゲットを明確に絞ることを重要視し、製品が好きになるだけでなく企業への共感の2つの軸を上ってもらうようにすることが大事です。

そしてロイヤルティーに応じたブランドの体験を作り、リアルイベントで気持ちを高め、学び、交流、共創を感じられるコンテンツ作りに力を入れています。

我々にとってファンの方はお客様であると同時に同志のような関係です。困ったときに助けてくださるような関係で、スモールスタートから今に至っています。

マーケティングではスタッフの働きがいもを大切です。社員やボランティアで参加する方のやりがい、楽しみを抽出するよう日々努力しております。

本日のセミナーを聞いていただいた企業様もファンの方と楽しみながら、ともに市場を作っていけたらと思います。ご静聴ありがとうございました。


  ヤッホーブルーイング コーポレートサイト ヤッホーブルーイングのコーポレートサイトです。クラフトビール「よなよなエール」をはじめ「インドの青鬼」「水曜日のネコ」「僕ビール、君ビール。」「軽井沢高原ビール」などを製造・販売しています。 ヤッホーブルーイング コーポレートサイト


株式会社ヤッホーブルーイング 佐藤 潤
株式会社ヤッホーブルーイング 佐藤 潤

2000年にカルチュア・コンビニエンス・クラブ株式会社(CCC)に新卒入社。 インターネット事業部にて事業の立ち上げや、インターネット事業部の宣伝責任者などに従事。 2012年にヤッホーブルーイングに中途入社。通販部門・プロモーション部門・ファンベースマーケティン部門の部門長を歴任。 現在はCRM設計・CXデザインを探求する部門にて、オンライン・オフライン問わないファンとのコミュニケーション施策の企画や運営に携わる。

ECセミナーからのお知らせを受け取る

下記項目を入力の上、送信することで、

ECセミナーJPからの、更新情報、セミナー開催情報などを受け取ることができます。

オススメ 記事一覧

関連セミナー記事

『後悔しないD2Cカート選定のポイント』

D2C、単品リピートECで、年商30億の企業へ成長するためのEC事業成長のHow Toとしてグループ会社であるエクセレントメディカルで行っている事業内容、そのなかから成功事例や失敗事例をお伝えします。

~最新調査結果から分析~ アフターコロナの中国人消費者像と中国マーケティングの考え方

本日は、アフターコロナの中国人消費者の変化、中国マーケティングの考え方を中心にお話をさせていただきます。

「中国越境ECの展開施策」

「中国越境ECの展開施策」と題し、百分百を活用した取り組み、そのほかの施策についてご紹介いたします。

【事例】コロナ禍におけるリアル店舗からのデジタルシフト戦略

本セミナーでは、新型コロナウイルス(COVID-19)の影響により、販促店舗の一斉休業を余儀なくされた状況下でも、販促予算をECに積極的に投下し、事業拡大を狙った結果、コロナ情勢下でもEC売上拡大に成功した株式会社SABON Japan様の実績をご紹介致します。 株式会社SABON japanの鈴木様にもご登壇いただき、広告を活用したマーケティング戦略をディスカッション形式でご紹介いたします。

「事例」をベースにしたマーケティング施策

難しい理論の話よりも、なるべく再現性のありそうな事例の話をベースにお話いたします。特にGoogle、Facebookを始めとする媒体は、自動学習を始めたことにより近年運用効果に差異が出にくくなってきました。またD2Cと言われる「Story」をもつ通販企業の参入で、ダイレクトマーケティングはますます競争が激化しています。そこで差を生むのは、「クリエイティブをどうするのか」「Dataをどう使うか」この2点に集約されると考えています。こちらに関して弊社のナレッジをお話します。

「LTV向上に向けたクロスチャネルCRM」

情報過多の時代において、ユーザーとのコミュニケーションをクロスチャネルで設計することが重要視されています。それを実現しようにも、DMPやマーケティングオートメーションなどのキーワードだけが先行して、実業務に落とせていない事業者様は多いのではないでしょうか?本セッションでは本当に効果の高い自社にあったタッチポイント(メール・LINE・広告など)の見極め方・具体的な事例について解説します。

「ANA 国際エコー賞に学ぶ顧客体験型ソリューション」

世界の主要企業・団体がどのようなデータベースマーケティングを行っているのか、どのようにデジタルテクノロジーの活用をマーケティングに活用しているのか、それらのマーケティング活動を表彰するアワード・ANA国際エコー賞の受賞作から、実際に成果を上げた最新事例を紹介し、日本でのマーケティングプランニングへの視点や発想を解説します。

「LINE公式アカウント×キャンペーンで友だちを獲得する手法。最新LINEコンテンツ運用事例と共に公開!」

多くの会社でLINEアカウントを使ったマーケティングが活性化している中、ユーザーに飽きられない魅力的なアカウントであり続けるための秘訣は?LINEアカウントの活性化、キャンペーンツールを活用した友だち獲得のアイデアを、事例を交えてご紹介します。

「キャンペーン手法によるリピート率アップと休眠顧客の掘り起こし戦略」

株式会社 ADDIXの中元と申します。私から「キャンペーン手法によるリピート率アップと休眠顧客の掘り起こし戦略」についてお話いたします。

ユーザーとブランドが創る「共に楽しむ世界」 ~ネットとリアルの融合で生まれる新しいステージ~

日本の20~30代女性の3人に2人が毎月利用するコスメ・美容の総合サイト『@cosme』。そんな『@cosme』がプロデュースする「@cosme STORE」について、本来別チャネルで販売している商品を横断的に取り揃えた品揃えや『@cosme』のランキングを反映した売り場といった特徴から、ユーザーとブランドとの接点拡大や顧客理解、顧客体験の向上につながるポイントについてご紹介します。 また、2020年1月10日、原宿駅前にオープンする「@cosme TOKYO」の店舗紹介や、アイスタイルグループが見据える新しい「ネットとリアルの融合」の姿を、リテールテックの活用、ユーザーの「体験」を大事にした仕掛けづくりとともに、お話させていただきます。

「LINE課金対策を意識したLINE×CRM施策の鉄板パターンをご紹介」

LINE公式アカウント統合に伴い、LINEのメッセージ配信による課金は、「友だち数」から「通数」に変更されました。通数課金を前提にした、メッセージ配信においては、従来の一斉配信ではなく、顧客データを活用した配信を意識する必要がとなります。 本セッションでは、通数課金の対策としての顧客データの活用、企業様が今取り組むべきLINE施策の成功事例をご紹介します。

よなよなエール流 ファンとの絆づくり

「よなよなエール」「インドの青鬼」「水曜日のネコ」「僕ビール、君ビール。」などのクラフトビールを製造・販売するヤッホーブルーイングのオフライン×オンライン問わないファンとのコミュニケーション施策についてお話いたします。

「D2C元年となる2020年のデジタルマーケティング戦略」

世界中でユニコーン企業が増え続けるなか、ここ数年の大きなグローバルトレンドとなっているD2C。旧来の通信販売となにが違うのか、日本のD2Cスタートアップの動向はどうか。通信販売の価格帯別(2,000円以上4,000円未満)シェア日本No.1を獲得したメンズスキンケアブランド『BULK HOMME』の過去と未来を下敷きとして考察します。

カスタマイズした一元管理で顧客に合った情報を即座に現場へ共有!~業務改善・人件費を削減した成功事例~

一元管理システム「アシスト店長」の利活用ポイントとして、業務改善だけでなく、企業に合わせたカスタマイズを実施。難しいサイトも統合を可能にし、人件費を抑えながらも、お客様ひとりひとりに合わせた情報を現場に落とし込む成功事例をご紹介いたします。

自社EC売上最大化セミナー ~課題ごとの売上最大化施策大公開~

株式会社これからの川村と申します。本日は、最大のCVRにするためのECの地盤づくりを、事例を含めて詳しくご紹介いたします。

KPIの可視化にかかる工数を劇的に削減し、マーケティングの意思決定スピードを上げる方法

ADDIXの木野と申します。本日は、「KPIの可視化に掛かる工数を劇的に削減し、マーケティング意思決定スピードを上げる方法」をお伝えいたします。

Googleショッピング広告で検索結果をおさえる!2019年最新トレンドと売上増加事例 大公開

Google広告のショッピングキャンペーンから生成される『Googleショッピング広告』GoogleアップデートによるSEO変動の集客への影響に対応するため、広告枠からの集客が重要性になります。 本セミナーでは、Googleショッピング広告の導入からの準備フローを効率化できる『EC Booster』を活用して、自社ECの運営をGoogleショッピング広告でくベストプラクティスを解説します。

「CPAから脱却した広告運用とは」

シナジーマーケティングはCRMのご支援をしている会社です。本日は「アドレサブル広告」に着目し、その活用補法を事例を含めて詳しくご紹介いたします。

「RTB Houseの最新トピックスから実例、ノウハウまで」

RTB Houseの高橋と申します。本日は弊社の一番の特徴であるエンジンについても、実例を含めて詳しくご説明いたします。また、新味プロダクトについてもご紹介させていただきます。

ネット通販(EC事業)とバックオフィス(EC物流)~失敗しないC事業を構築する為に~

株式会社ヒューマニアインターナショナルの代表取締役、善里と申します。今ECでどのような流れが起きており、なぜ物流、バックヤードが重要になるのか、集客に役立つUXやLTVの活用方法を交えながらご紹介させていただきます。

「日本企業のネクストチャイナ進出を実現するShopee出店戦略設計 ~出店サポート内容と連携方法について~」

BeeCruise株式会社の岩本氏が、ネクストチャイナ進出を実現するShopee出店戦略設計をテーマに、出店ステップや成功事例を詳しくご紹介いたします。

「コンタクトセンターのアウトソースを考える~コンタクトセンターをアウトソースすることで得られるメリットやアウトソース本来の意味と価値~」

コールセンターの受託業務を中心に行うCENTRIC株式会社。「コンタクトセンターのアウトソースを考える」をテーマに、そもそも事業にとってコンタクトセンターってどんな位置付けなのか、何のためにアウトソースするのか、どういったことを判断して外注先を決めていくのか?といったことをお話しさせていただきます。

リピート顧客を新規獲得しやすいWeb集客施策 〜なぜあのLPは定期加入率が高いのか?!〜

ペンシルはWEBコンサルティングの会社です。専門的なコンサルティングにより、顧客の売上をあげるための「成功シート」、解析ツール、TIPSを含めながら、数字の取れるLPの成功事例をご紹介いたします。

台湾でのLINE Pay利用状況

台湾でも圧倒的なアクティブユーザーを持つLINE。そのLINEのペイメントサービスLINE Payを活用し、台湾越境ECで成功するためのポイントをご紹介いたします。

自動撮影システムで、商品撮影はもっと効率化・単純化できる!

Orteryの「自動撮影システム」の活用ポイントとは、コンピューター制御で、いつでも誰でも同じクオリティーで撮影することが可能な点です。従来の撮影方法と比べ、約5倍の業務効率化を実現。さらに、360度アニメーション撮影を取り入れた場合の成功事例もご紹介いたします。

新規顧客獲得最終手段の真実をお伝えします!

プロスペクトクリエイは、顧客データベース、システム、アウトバンドを駆使したサービスを構築。生きたリストづくり、効果的なアウトバンドにつながる「自動見込み顧客発掘サービス」の成功事例をご紹介いたします。

ECサイトフェリシモの事例に学ぶ。 キャンペーンの売り上げを3倍にしたモーメント分析とは

株式会社ビービットのセミナー。『フェリシモ』のECサイトの事例から、データドリヴンマーケティングの重要性について、モーメント分析の具体例に触れながら、デジタルマーケティングのPDCAについてご紹介しています。

サイトに流入してきたユーザーのCV率を向上させる、仮説の立て方とシナリオ設計のコツ

ReproWebを提供する、Repro株式会社のセミナーです。今回はコンバージョンを向上させるポイント、コンバージョン貢献度などに注目し、ページ最適化について解説しています。

W11に向けてのプロモーション

アジア圏でPRサポートを展開するVECTORグループ。 中国本土におけるPR企画の立案・実施、ブランディング、マーケティングリサーチ、 イベントの企画・実施 を行うVECTOR CHINAの板屋氏による、中国のマーケットについて、2018年のW11を振り返りながら、今年のW11に向けた戦略について講演しています。

WEBマーケティングで顧客情報を徹底活用 ~データの力を活かそう~

世界的潮流として社会システムのデジタル化がダイナミックに進展しており、ビッグデータ時代が本格的に到来しています。第四次産業革命とのとらまえかたもあり、企業は15年以内にデジタル化に対応しないと淘汰されると言われています。 企業にはウェブ上で物販や予約販売などの事業基盤を構築するに加え、収益を獲得増大させるために、顧客データを活用したマーケティングが必要不可欠です。今回は、クイックにウェブマーケティングを行う意義とデータの持つ力についてセミナーを行います。

DG1活用について   

多様化、高速化が要求される現在の消費マーケットにおいて、1to1コミュニケーションが実現できるプラットフォーム「DG1」。ウェブサイトやLPの構築、カート機能や決済、オンライン予約機能まで、あらゆるWEB上での顧客体験を実現するソリューションを実際に使用していくセミナーです。

D2C時代を勝ち残る!売上UP成功率98%以上のEC戦略セミナー

ECサイトに特化したコンサルティングを展開する株式会社Crescent。D2C時代にフィットしたノウハウを、マーケティングノウハウを駆使して提供、EC戦略の最大化をご提案しています。

飛躍の2019年へ 「今」こそ見直したいビジネスモデルと集客構造

株式会社これから による、単品通販、リピート通販に焦点を当てたセミナーです。同社の支援領域はEC通販に特化したコンサルティングから、クリエイティブ制作、マーケティング支援など多岐にわたります。

Wowma!ならではの強みと戦略

auコマース&ライフ株式会社が展開しているWowma!について、コンセプトやモールにおけるビジョン、サービス対象セグメントなどを、KDDI独自の拡大戦略・プロモーション施策と交えてご紹介。 Wowma!出展をお考えの企業様向けの講演です。

「自社ブランドで年商20億まで売上を伸ばした成功事例!」~広告費を使わずに顧客をリピートさせた方法~

株式会社ネットショップ支援室、株式会社薬事法ドットコム、株式会社フルスピードの三社共催セミナー「薬機法を理解してWeb集客を効率的に行う方法」【第一部】自社ブランドで年商20億まで売上を伸ばした成功事例!

封入物=顧客が100%手に取る広告媒体! ~最小限の広告費で顧客をリピートさせた成功事例~

ECカートシステム「楽楽リピート」の利活用ポイントとして、 「封入物」を「顧客が100%手に取る広告媒体」として捉え、広告費を最小限に抑え、リピート率を上げてきた事例を、化粧品・健康食品販売業の例を挙げて紹介します。

成長を見据えた、クロネコヤマトができるお手伝い

ヤマトフィナンシャル株式会社が、EC決済業界について多様化が進む決済手段についてご紹介しています。 導入推奨の決済から最新の決済情報まで、今後メインストリームになるキャッシュレス決済などについて展開しています。

申込み完了率6.3%向上! 入力フォームでの最先端機能!

皆様、こんにちは。ショーケース・ティービーの大熊と申します。我々が得意としている領域は非常にニッチなものです。入力フォームの領域において、ノウハウを蓄積してきたものを本日はご紹介できればと思っています。よろしくお願いします。

ECサイトで成果をあげる!サイト内検索ナビゲーションの改善ポイント

同社が提供するASP/SaaS 「probo」と、「probo EC」の紹介と、売り上げアップに直結する施策…ECの『サイト内検索』の最適化をご提案。実際にサントリー、キッコーマン、ダイキン他800社への導入実績があります。

事例で見る越境EC成功 ~日本を超えて韓国、中国全世界に販路拡大戦略~

株式会社Ms.IDのセミナーでは、自社ブランド『セレクトモカ』の日本国内のソリューションとして、新たにCAFE24JAPANへ移行した際のメリットやノウハウを紹介しています。

新規顧客のコンバージョンを最大化させる決済手段とは? ~ジャックスグループの後払い「アトディーネ」の事例大公開~

ECサイト利用時に必須になる決済サービス。 後払い決済サービス『アトディーネ』を提供しているジャックス・ペイメント・ソリューションズ株式会社の久米氏が、後払い決済サービスと、アトディーネについて紹介しています。

未来のビジネスを決定づけるデジタル化資産戦略

中小企業向けのソリューション。未来のビジネスを決定づけるデジタル化資産戦略として、DG1が提供できるプラットフォームをご紹介しています。

通販・EC・D2C成功のためのCRMと顧客育成分析ノウハウについて

やずや通販CRM基幹システム、やずや少数盛栄塾など通販の総合ノウハウを提供する、やずや未来館による、スマホ時代の到来による、プラットフォームとの適性な付き合い方、経営=マーケティング=CRMの方程式について解説しています。

マーケティングオートメーションの活用方法と必要なコンテンツとは

企業のマーケティング活動を支援しているMtame株式会社。BtoB領域のMA(マーケティングオートメーション)の最適化について解説しています。

導入のみでCVR10倍を実現するD2C特化型SaaSとは

株式会社SUPER STUDIOのセミナー。自社が提供しているD2C特化型SaaS『EC Force』の紹介をしながら、マーケティング支援、CRM等 優位性について、事例を交えながら解説します。

全46件中 1〜 46件を表示