catch-img

「RTB Houseの最新トピックスから実例、ノウハウまで」

RTB House JAPAN株式会社 
Sales Director
高橋 君成一

大学卒業後人材業界を経て2014年からCriteoに入社。さらにアプリ企業を経て2018年1月から現職。日本法人の立ち上げから1人目として参画して現在は18名の従業員まで成長。売り上げもAPAC(アジア太平洋地域)の70%を占めるまで成長。


RTB Houseの高橋と申します。私どもは2012年にポーランドで創業し、本格的に始動したのが2015年、日本法人オフィスが出来上がったのが2018年1月です。もうすぐ丸2年になります。

目次[非表示]

  1. 1.「深層学習(ディープラーニング)」をコンセントとするRTB House
  2. 2.各媒体のエンジンが行う、DSPやリターゲティングの5つのポイント
  3. 3.ロジスティック回帰分析で使われる手法とは
  4. 4.良質なユーザーの動きを捉えると、S字曲線を描く
  5. 5.他社にはない、「ディープラーニング」を持つRTBだけの特徴2点
  6. 6.他社比較で判明した、インプレッション、eCPM、ROASの増加
  7. 7.ラストクリック型の計測/コンバージョンごとの課金モデル
  8. 8.RTB Houseが提案する新規プロダクト


「深層学習(ディープラーニング)」をコンセントとするRTB House


私どもはリターゲティングがビジネスの根幹であり、日本では約200のクライアント様(アカウント数)を持たせていただいております。一番のサービスコンセプトが「深層学習(ディープラーニング)」でして、こちらが他社との大きな違いです。ほかの企業様と、機能面やサービスの違いを感じていただき受け入れられておりますので、そのあたりもお話いたします。


DSPやリターゲティングなどで、エンジニアリングアルゴリズムが優れている話をよく耳にすると思います。私も2014年からアドテック業界にいる中で、よく言うアルゴリズムはブラックボックスとなり、あまり知られていないと感じています。私どもの一番の特徴であるエンジンについても、詳しくご説明したいと思う一方で、この部分をお客様にご説明しますと3人に1人が必ず眠くなります(笑)。本日は1/3の方が眠くならないようにお話いたします(笑)

各媒体のエンジンが行う、DSPやリターゲティングの5つのポイント


DSPやリターゲティングは主に5つのポイントで各媒体のエンジンが分析を行います。まず1つ目が、媒体タグが広告主様のサイトに貼られ、そのタグからユーザーの行動、購買情報などを取得します。2つ目は、その情報をもとに送信されるデータをエンジンに送り、お客様からいただいている商品データフィードと一致させ、その商品の価格や在庫数、一緒に買われてる商品などを分析します。3つ目は配信枠に対する入札(プライシング)、4つ目は配信クリエイティブ選定、5つ目はどの広告枠に配信をするのか、という大きく5つのポイントに分かれて広告配信は行われています。


我々はグローバルコンセプトとして、そのすべてにおいてディープラーニングを活用しています。この話をもとに、これまでのDSPと2010年以降に出てきたDSPと比較し、どういうことが起きていたのか、お話させていただきます。


“これまでのユーザー行動”と資料に書かせていただきましまが、市場にアプリが出るまでの時代を思い描いていただければと思います。画面の左側に黒い点がたくさん連なっています。x軸がユーザーの広告が配信されるデバイスへの接触時間です。y軸はそのユーザーの購買確率だと考えてイメージしてください。その黒いドットが各cookieユーザーごとのコンバージョン情報と思っていただくとわかるのですが、いわゆる広告配信に接触する時間が長ければ長いユーザーほどたくさん購入していたのが2010年以前、ということがわかります。


つまりコンバージョン情報がある中で、各広告配信事業者はこの黒いドットの中央値を取るというのが、分析のアルゴリズムが成功すると考えてください。このような青い点々の図が中央値を取ると考えております。

機械学習でいえば、2010年以前は、xの軸が高ければ高いほどy軸が高いという、y=axのような軸で分析を行っていました。


ロジスティック回帰分析で使われる手法とは


他社でいえば、こういう分析モデルの一部を代理店様にも公表しているケースが多いです。例えば、最後に見た商品をフィードで探しにいき、その商品が所属しているカテゴリーの中のベストオブビュー、ベストオブバイを広告に出すようなアルゴリズムがあるといわれています。同じように、買い付けのECPMにおいても予測されるCTR、CVRと掛け合わせたeCPMがわかり、実際にyahooに出る、Safariに出る、Googleに出た時にそのeCPMのアライアンスを出す、というような計算式が決められています。

とはいえ、ユーザー行動は多様化しており、左側にあるようにデバイスやテレビ配信、スマホ、アプリケーションが出たり、様々な広告が見られ、広告配信フォーマットもさまざまなものが出てきました。購入チャネルも多様化して、さまざまなところからユーザーは情報を取得し、購買に至っています。一方で右側に示しているように、広告に対しユーザーか霹靂が出てしまい、アドブロックツールがグローバルで進み、アメリカやヨーロッパでは多くのユーザーが広告をブロックし始めています。


2010年以降では、ユーザーが多彩な動きをしています。それを表したのが、こちらの表です。黒いドットと赤いドットがありますが、4、5年前からアトリビューションという話が出ていまして、ポストビュー、ポストクリック、ラストクリックなどさまざまな指標がありますので、ここではあえてポストクリックとラストクリックという2種類しか出していません。

良質なユーザーの動きを捉えると、S字曲線を描く



先ほどのページでお見せした1次関数のような手法でこの図を分析しますと、一直線で真ん中を捉えようとしますが赤い点数で囲ったユーザーは、この分析のモデルからは外れます。CPCを高くすればこのユーザーに届きます。しかし、例えば今設定しているCPC20円、25円ですと、この真ん中の点線に近いユーザーに届きやすい、という判断がされてしまいます。結果的に従来のエンジンだと効果が出ない、もしくはインプレッションを出してもコンバージョンされないと判断されたユーザーが一定数出てきてしまいます。


ただ、実はそのお客様にとって良質なユーザーだとすると、そのユーザーを捉える動きというのは、このようなS字曲線を描く、と考えております。単純に線形か非線形かという話をしているのですが、こういう非線形な表現ができるのが、今ようやく出始めたディープラーニングであり、いわゆるツリー分析やニューラルネットワーク分析と呼ばれる手法となります。

他社にはない、「ディープラーニング」を持つRTBだけの特徴2点

簡単にできるのでは、と皆様考えていらっしゃると思います。他社において、広告配信においてモデルチェンジできない理由は大きく2つあると思います。1つ目はマシーンラーニングにおいて多くのエンジニアを要します。他社であれば海外拠点に数千人のエンジニアを抱えているケースが多いため、

人をほとんど必要としないモデルに移行をすると、大幅な体制変更を余儀なくされます。ですが、弊社は代表たった1人でモジュールを発見、蓄積し、学習モデルもほとんど1人でつくりあげています。これは機械が独自で成長していくモデルのため、人件費が一切掛かりません。

また2つ目はタグやフィードを例としてお話しますと、タグが貼られて実際のcookieユーザーに対し、タグが発火され、配信先でインプレッションを出す0.00001秒の間に、冒頭で話した5つ以上の情報を通してリクエストを返すというのは、線形分析のように簡単な計算式でないとすぐ行うことはできませんでした。


媒体のタグが貼られているサイトに行くとよくわかるのですが、こういった媒体のタグ発火はとても早く、この膨大なリクエストを一瞬で返せる計算式がある、と思われます。

リクエストを早く返す、というビジネスモデルの特性から、なかなかディープラーニングに移行できない、つまり、「ディープラーニング技術×広告配信」が世界でも日本でも広まっていない理由だと思っております。

今のところ、どなたも寝ていませんので本日の目標は達成しています(笑)。


他社比較で判明した、インプレッション、eCPM、ROASの増加

この2年間、既存媒体で獲得できなかったユーザーがRTB houseでは獲得できるという話をよく聞きます。他社でリターゲティングできているユーザーがいれば、我々だけでリターゲティングできているユーザーもいます。2社で被っているユーザーもいます。しかし、エンジンのアルゴリズム設計が全く異なるため、他社が全くダメだと判断したユーザー、RTB Houseが効果が出ないと判断したユーザーを各々がサイトにもう1回返すことによって、そのユーザーが再度コンバージョンする可能性もありますし、その効果が出ないと判断し合ったそれぞれの媒体にも良い影響が与えられると私は考えております。


本日はあるお客様にご協力いただき、さまざまなデータを集めました。eCPMという話があるのですが、これがいわゆる媒体枠の買付単価だと思ってください。中央値が180〜200円と言われており、これを超えさらにCPCを上げるとeCPMも高くなります。この山が下がっていく理由は、どんなにインプレッションを出してもクリックしてもらえない、もしくはコンバージョンをしないからです。eCPMを高くすれば効果が上がるわけではありません。

お客様に私どもを導入してから、その会社のインプレッション、eCPM、ROASなどの項目をいただき、比較させていただきました。

先ほどのエンジニアのアルゴリズムが異なるという話がありましたので、私どもが4月から開始移行、既存媒体で実施していたときよりもインプレッションが増えている話が実際にこのグラフでわかると思います。eCPMは他社と比べると2〜3倍高く出ています。そのため購入確度が高いユーザーに対してかなり高いeCPMを出せていることがわかっています。

加えてコンバージョンの量とROASについてもお客様からデータをいただいたので、お見せいたします。インプレッションに比例してコンバージョンのボリュームも3〜4割弱くらい増えております。

最初は半信半疑で日本市場に来たのですが、来てみると他社と比較しても、ものすごくコンバージョンが出ますし、予算がそのままロケーションされるという話はほとんどなく、純増する場合や全く取れていなかったユーザーが取れている、という喜びの声もいただいております。リターゲティングは市場において終わってきているという話もありますが、私はまだまだいける、と思い始めております。


ラストクリック型の計測/コンバージョンごとの課金モデル

大きくまとめると、日本市場で私どもが挑戦できている理由が2つあります。


1つ目が、ラストクリック型の計測ができます。従来のDSPはだいたいポストクリック30日で管理画面請求、かつGA、Adobeのアナリティクスと乖離が激しいと聞いておりました。RBT Houseの場合、ラストクリックでも媒体評価ができ、管理画面でもその数値を見ることができます。それはラストクリックで何日間評価するか、時間軸まで媒体側で設定できるので、GAやAdobeと近い数値で管理画面を見ることができます。


もう1点、こちらも日本で好評いただいている点なのですが、従来のCPC課金のようなクリック×CPCという請求モデルもあります。一方で、お客様の目標KPIをいただき、それに伴ってコンバージョンごとにコストが発生する課金モデルもおつくりしており、日本では約7割がこのモデルでご提供しておりますこの課金モデルがお客様にとってリスクが少なく積極的に導入いただいております。


RTB Houseが提案する新規プロダクト


本日、新規プロダクトのことも話したくて参りました。クリエイティブと新規ユーザー向けの話をいたします。

クリエイティブですが、リターゲティングの広告は結構見飽きた感があると思います。左側に表示していますのは、『Social banner』と呼ばれるバナーで、文字通りその画像に対し「いいね」を押す、または興味がない、というボタンが押せるため、その情報をRTB Houseのエンジンに送ることで、付加情報を加えることができます。マウスオーバーしますとLikeが出てきまして、ボタンを押すと色が変わります。


また、右側のサーチアドと呼ばれるものは旅行会社様向けに提供していますが、アドの中でお客様に旅行の目的地や出発日、人数などの入力窓を用意し、実際にその検索結果ページに飛ばすことがアドの中で実現できます。これはグローバルで既に実施させており、既にテストしております。


クリエイティブの話でもう1つお伝えしたいのが、フルページレコメンデーションです。DSPやサードパーティだと段々ITPの影響でcookie情報が取れなくなってきますので、お客様に広告を出してから広告主サイトに行くまで、なるべくさまざまなユーザー情報をDSP自体が保有しようとしています。そのうちの1つがフルページレコメンデーションです。


広告をクリックしてお客様のサイトに行く前にもう1ページ、色んな商品を見せてあげる別のサイトを挟み、その中でより関心度の高い商品をクリックしてもらうようなプロダクトです。こういうクリエイティブを本社ではカスタマイズして、お客様のデザインに合わせて実装しております。


もう1点お伝えしたいのが、新規ユーザー向けのサービスとして、『Snippets』を提供しております。

今既にGoogleやyahooの新規向け広告があると思います。そういった広告は静止画が多いですが、配信先にRTB Houseのクリエイティブを追加し、配信するというモデルです。ポイントは、新規ユーザー向けのスタティッククリエイティブをダイナミックに使える点です。中央ヨーロッパや南米で非常に盛り上がっており、リターゲティングを使っていないブランド系のお客様にもたくさん使用いただいております。国内での実装はないため、年内の実装を目指しております。

始め方がとても簡単で、今使われている会社様にもよりますが、はやければ1週間程度で配信できます。


本日はご静聴いただき、ありがとうございました。

RTB House 高橋 君成一
RTB House 高橋 君成一

大学卒業後人材業界を経て2014年からCriteoに入社。さらにアプリ企業を経て2018年1月から現職。日本法人の立ち上げから1人目として参画して現在は18名の従業員まで成長。売り上げもAPAC(アジア太平洋地域)の70%を占めるまで成長。

ECセミナーからのお知らせを受け取る

下記項目を入力の上、送信することで、

ECセミナーJPからの、更新情報、セミナー開催情報などを受け取ることができます。

オススメ 記事一覧

関連セミナー記事

『後悔しないD2Cカート選定のポイント』

D2C、単品リピートECで、年商30億の企業へ成長するためのEC事業成長のHow Toとしてグループ会社であるエクセレントメディカルで行っている事業内容、そのなかから成功事例や失敗事例をお伝えします。

~最新調査結果から分析~ アフターコロナの中国人消費者像と中国マーケティングの考え方

本日は、アフターコロナの中国人消費者の変化、中国マーケティングの考え方を中心にお話をさせていただきます。

「中国越境ECの展開施策」

「中国越境ECの展開施策」と題し、百分百を活用した取り組み、そのほかの施策についてご紹介いたします。

【事例】コロナ禍におけるリアル店舗からのデジタルシフト戦略

本セミナーでは、新型コロナウイルス(COVID-19)の影響により、販促店舗の一斉休業を余儀なくされた状況下でも、販促予算をECに積極的に投下し、事業拡大を狙った結果、コロナ情勢下でもEC売上拡大に成功した株式会社SABON Japan様の実績をご紹介致します。 株式会社SABON japanの鈴木様にもご登壇いただき、広告を活用したマーケティング戦略をディスカッション形式でご紹介いたします。

「事例」をベースにしたマーケティング施策

難しい理論の話よりも、なるべく再現性のありそうな事例の話をベースにお話いたします。特にGoogle、Facebookを始めとする媒体は、自動学習を始めたことにより近年運用効果に差異が出にくくなってきました。またD2Cと言われる「Story」をもつ通販企業の参入で、ダイレクトマーケティングはますます競争が激化しています。そこで差を生むのは、「クリエイティブをどうするのか」「Dataをどう使うか」この2点に集約されると考えています。こちらに関して弊社のナレッジをお話します。

「LTV向上に向けたクロスチャネルCRM」

情報過多の時代において、ユーザーとのコミュニケーションをクロスチャネルで設計することが重要視されています。それを実現しようにも、DMPやマーケティングオートメーションなどのキーワードだけが先行して、実業務に落とせていない事業者様は多いのではないでしょうか?本セッションでは本当に効果の高い自社にあったタッチポイント(メール・LINE・広告など)の見極め方・具体的な事例について解説します。

「ANA 国際エコー賞に学ぶ顧客体験型ソリューション」

世界の主要企業・団体がどのようなデータベースマーケティングを行っているのか、どのようにデジタルテクノロジーの活用をマーケティングに活用しているのか、それらのマーケティング活動を表彰するアワード・ANA国際エコー賞の受賞作から、実際に成果を上げた最新事例を紹介し、日本でのマーケティングプランニングへの視点や発想を解説します。

「LINE公式アカウント×キャンペーンで友だちを獲得する手法。最新LINEコンテンツ運用事例と共に公開!」

多くの会社でLINEアカウントを使ったマーケティングが活性化している中、ユーザーに飽きられない魅力的なアカウントであり続けるための秘訣は?LINEアカウントの活性化、キャンペーンツールを活用した友だち獲得のアイデアを、事例を交えてご紹介します。

「キャンペーン手法によるリピート率アップと休眠顧客の掘り起こし戦略」

株式会社 ADDIXの中元と申します。私から「キャンペーン手法によるリピート率アップと休眠顧客の掘り起こし戦略」についてお話いたします。

ユーザーとブランドが創る「共に楽しむ世界」 ~ネットとリアルの融合で生まれる新しいステージ~

日本の20~30代女性の3人に2人が毎月利用するコスメ・美容の総合サイト『@cosme』。そんな『@cosme』がプロデュースする「@cosme STORE」について、本来別チャネルで販売している商品を横断的に取り揃えた品揃えや『@cosme』のランキングを反映した売り場といった特徴から、ユーザーとブランドとの接点拡大や顧客理解、顧客体験の向上につながるポイントについてご紹介します。 また、2020年1月10日、原宿駅前にオープンする「@cosme TOKYO」の店舗紹介や、アイスタイルグループが見据える新しい「ネットとリアルの融合」の姿を、リテールテックの活用、ユーザーの「体験」を大事にした仕掛けづくりとともに、お話させていただきます。

「LINE課金対策を意識したLINE×CRM施策の鉄板パターンをご紹介」

LINE公式アカウント統合に伴い、LINEのメッセージ配信による課金は、「友だち数」から「通数」に変更されました。通数課金を前提にした、メッセージ配信においては、従来の一斉配信ではなく、顧客データを活用した配信を意識する必要がとなります。 本セッションでは、通数課金の対策としての顧客データの活用、企業様が今取り組むべきLINE施策の成功事例をご紹介します。

よなよなエール流 ファンとの絆づくり

「よなよなエール」「インドの青鬼」「水曜日のネコ」「僕ビール、君ビール。」などのクラフトビールを製造・販売するヤッホーブルーイングのオフライン×オンライン問わないファンとのコミュニケーション施策についてお話いたします。

「D2C元年となる2020年のデジタルマーケティング戦略」

世界中でユニコーン企業が増え続けるなか、ここ数年の大きなグローバルトレンドとなっているD2C。旧来の通信販売となにが違うのか、日本のD2Cスタートアップの動向はどうか。通信販売の価格帯別(2,000円以上4,000円未満)シェア日本No.1を獲得したメンズスキンケアブランド『BULK HOMME』の過去と未来を下敷きとして考察します。

カスタマイズした一元管理で顧客に合った情報を即座に現場へ共有!~業務改善・人件費を削減した成功事例~

一元管理システム「アシスト店長」の利活用ポイントとして、業務改善だけでなく、企業に合わせたカスタマイズを実施。難しいサイトも統合を可能にし、人件費を抑えながらも、お客様ひとりひとりに合わせた情報を現場に落とし込む成功事例をご紹介いたします。

自社EC売上最大化セミナー ~課題ごとの売上最大化施策大公開~

株式会社これからの川村と申します。本日は、最大のCVRにするためのECの地盤づくりを、事例を含めて詳しくご紹介いたします。

KPIの可視化にかかる工数を劇的に削減し、マーケティングの意思決定スピードを上げる方法

ADDIXの木野と申します。本日は、「KPIの可視化に掛かる工数を劇的に削減し、マーケティング意思決定スピードを上げる方法」をお伝えいたします。

Googleショッピング広告で検索結果をおさえる!2019年最新トレンドと売上増加事例 大公開

Google広告のショッピングキャンペーンから生成される『Googleショッピング広告』GoogleアップデートによるSEO変動の集客への影響に対応するため、広告枠からの集客が重要性になります。 本セミナーでは、Googleショッピング広告の導入からの準備フローを効率化できる『EC Booster』を活用して、自社ECの運営をGoogleショッピング広告でくベストプラクティスを解説します。

「CPAから脱却した広告運用とは」

シナジーマーケティングはCRMのご支援をしている会社です。本日は「アドレサブル広告」に着目し、その活用補法を事例を含めて詳しくご紹介いたします。

「RTB Houseの最新トピックスから実例、ノウハウまで」

RTB Houseの高橋と申します。本日は弊社の一番の特徴であるエンジンについても、実例を含めて詳しくご説明いたします。また、新味プロダクトについてもご紹介させていただきます。

ネット通販(EC事業)とバックオフィス(EC物流)~失敗しないC事業を構築する為に~

株式会社ヒューマニアインターナショナルの代表取締役、善里と申します。今ECでどのような流れが起きており、なぜ物流、バックヤードが重要になるのか、集客に役立つUXやLTVの活用方法を交えながらご紹介させていただきます。

「日本企業のネクストチャイナ進出を実現するShopee出店戦略設計 ~出店サポート内容と連携方法について~」

BeeCruise株式会社の岩本氏が、ネクストチャイナ進出を実現するShopee出店戦略設計をテーマに、出店ステップや成功事例を詳しくご紹介いたします。

「コンタクトセンターのアウトソースを考える~コンタクトセンターをアウトソースすることで得られるメリットやアウトソース本来の意味と価値~」

コールセンターの受託業務を中心に行うCENTRIC株式会社。「コンタクトセンターのアウトソースを考える」をテーマに、そもそも事業にとってコンタクトセンターってどんな位置付けなのか、何のためにアウトソースするのか、どういったことを判断して外注先を決めていくのか?といったことをお話しさせていただきます。

リピート顧客を新規獲得しやすいWeb集客施策 〜なぜあのLPは定期加入率が高いのか?!〜

ペンシルはWEBコンサルティングの会社です。専門的なコンサルティングにより、顧客の売上をあげるための「成功シート」、解析ツール、TIPSを含めながら、数字の取れるLPの成功事例をご紹介いたします。

台湾でのLINE Pay利用状況

台湾でも圧倒的なアクティブユーザーを持つLINE。そのLINEのペイメントサービスLINE Payを活用し、台湾越境ECで成功するためのポイントをご紹介いたします。

自動撮影システムで、商品撮影はもっと効率化・単純化できる!

Orteryの「自動撮影システム」の活用ポイントとは、コンピューター制御で、いつでも誰でも同じクオリティーで撮影することが可能な点です。従来の撮影方法と比べ、約5倍の業務効率化を実現。さらに、360度アニメーション撮影を取り入れた場合の成功事例もご紹介いたします。

新規顧客獲得最終手段の真実をお伝えします!

プロスペクトクリエイは、顧客データベース、システム、アウトバンドを駆使したサービスを構築。生きたリストづくり、効果的なアウトバンドにつながる「自動見込み顧客発掘サービス」の成功事例をご紹介いたします。

ECサイトフェリシモの事例に学ぶ。 キャンペーンの売り上げを3倍にしたモーメント分析とは

株式会社ビービットのセミナー。『フェリシモ』のECサイトの事例から、データドリヴンマーケティングの重要性について、モーメント分析の具体例に触れながら、デジタルマーケティングのPDCAについてご紹介しています。

サイトに流入してきたユーザーのCV率を向上させる、仮説の立て方とシナリオ設計のコツ

ReproWebを提供する、Repro株式会社のセミナーです。今回はコンバージョンを向上させるポイント、コンバージョン貢献度などに注目し、ページ最適化について解説しています。

W11に向けてのプロモーション

アジア圏でPRサポートを展開するVECTORグループ。 中国本土におけるPR企画の立案・実施、ブランディング、マーケティングリサーチ、 イベントの企画・実施 を行うVECTOR CHINAの板屋氏による、中国のマーケットについて、2018年のW11を振り返りながら、今年のW11に向けた戦略について講演しています。

WEBマーケティングで顧客情報を徹底活用 ~データの力を活かそう~

世界的潮流として社会システムのデジタル化がダイナミックに進展しており、ビッグデータ時代が本格的に到来しています。第四次産業革命とのとらまえかたもあり、企業は15年以内にデジタル化に対応しないと淘汰されると言われています。 企業にはウェブ上で物販や予約販売などの事業基盤を構築するに加え、収益を獲得増大させるために、顧客データを活用したマーケティングが必要不可欠です。今回は、クイックにウェブマーケティングを行う意義とデータの持つ力についてセミナーを行います。

DG1活用について   

多様化、高速化が要求される現在の消費マーケットにおいて、1to1コミュニケーションが実現できるプラットフォーム「DG1」。ウェブサイトやLPの構築、カート機能や決済、オンライン予約機能まで、あらゆるWEB上での顧客体験を実現するソリューションを実際に使用していくセミナーです。

D2C時代を勝ち残る!売上UP成功率98%以上のEC戦略セミナー

ECサイトに特化したコンサルティングを展開する株式会社Crescent。D2C時代にフィットしたノウハウを、マーケティングノウハウを駆使して提供、EC戦略の最大化をご提案しています。

飛躍の2019年へ 「今」こそ見直したいビジネスモデルと集客構造

株式会社これから による、単品通販、リピート通販に焦点を当てたセミナーです。同社の支援領域はEC通販に特化したコンサルティングから、クリエイティブ制作、マーケティング支援など多岐にわたります。

Wowma!ならではの強みと戦略

auコマース&ライフ株式会社が展開しているWowma!について、コンセプトやモールにおけるビジョン、サービス対象セグメントなどを、KDDI独自の拡大戦略・プロモーション施策と交えてご紹介。 Wowma!出展をお考えの企業様向けの講演です。

「自社ブランドで年商20億まで売上を伸ばした成功事例!」~広告費を使わずに顧客をリピートさせた方法~

株式会社ネットショップ支援室、株式会社薬事法ドットコム、株式会社フルスピードの三社共催セミナー「薬機法を理解してWeb集客を効率的に行う方法」【第一部】自社ブランドで年商20億まで売上を伸ばした成功事例!

封入物=顧客が100%手に取る広告媒体! ~最小限の広告費で顧客をリピートさせた成功事例~

ECカートシステム「楽楽リピート」の利活用ポイントとして、 「封入物」を「顧客が100%手に取る広告媒体」として捉え、広告費を最小限に抑え、リピート率を上げてきた事例を、化粧品・健康食品販売業の例を挙げて紹介します。

成長を見据えた、クロネコヤマトができるお手伝い

ヤマトフィナンシャル株式会社が、EC決済業界について多様化が進む決済手段についてご紹介しています。 導入推奨の決済から最新の決済情報まで、今後メインストリームになるキャッシュレス決済などについて展開しています。

申込み完了率6.3%向上! 入力フォームでの最先端機能!

皆様、こんにちは。ショーケース・ティービーの大熊と申します。我々が得意としている領域は非常にニッチなものです。入力フォームの領域において、ノウハウを蓄積してきたものを本日はご紹介できればと思っています。よろしくお願いします。

ECサイトで成果をあげる!サイト内検索ナビゲーションの改善ポイント

同社が提供するASP/SaaS 「probo」と、「probo EC」の紹介と、売り上げアップに直結する施策…ECの『サイト内検索』の最適化をご提案。実際にサントリー、キッコーマン、ダイキン他800社への導入実績があります。

事例で見る越境EC成功 ~日本を超えて韓国、中国全世界に販路拡大戦略~

株式会社Ms.IDのセミナーでは、自社ブランド『セレクトモカ』の日本国内のソリューションとして、新たにCAFE24JAPANへ移行した際のメリットやノウハウを紹介しています。

新規顧客のコンバージョンを最大化させる決済手段とは? ~ジャックスグループの後払い「アトディーネ」の事例大公開~

ECサイト利用時に必須になる決済サービス。 後払い決済サービス『アトディーネ』を提供しているジャックス・ペイメント・ソリューションズ株式会社の久米氏が、後払い決済サービスと、アトディーネについて紹介しています。

未来のビジネスを決定づけるデジタル化資産戦略

中小企業向けのソリューション。未来のビジネスを決定づけるデジタル化資産戦略として、DG1が提供できるプラットフォームをご紹介しています。

通販・EC・D2C成功のためのCRMと顧客育成分析ノウハウについて

やずや通販CRM基幹システム、やずや少数盛栄塾など通販の総合ノウハウを提供する、やずや未来館による、スマホ時代の到来による、プラットフォームとの適性な付き合い方、経営=マーケティング=CRMの方程式について解説しています。

マーケティングオートメーションの活用方法と必要なコンテンツとは

企業のマーケティング活動を支援しているMtame株式会社。BtoB領域のMA(マーケティングオートメーション)の最適化について解説しています。

導入のみでCVR10倍を実現するD2C特化型SaaSとは

株式会社SUPER STUDIOのセミナー。自社が提供しているD2C特化型SaaS『EC Force』の紹介をしながら、マーケティング支援、CRM等 優位性について、事例を交えながら解説します。

全46件中 1〜 46件を表示