catch-img

「なぜいま郵送DMで新規獲得なのか?デジタル×9,100万IDのリアル行動データで“真の見込み客”と企業を繋げる」

株式会社ロイヤリティ マーケティング  
営業推進本部 本部長
蛭川 和伸

大学卒業後、自動車流通企業でデータベースマーケティング、営業を経て、航空マイレージを拡充促進する会社で提携推進営業。2011年より(株)ロイヤリティ マーケティングにおいてPonta提携社開拓及び提携社向けマーケティング支援、DMサービスの立ち上げをはじめIDマーケティング(DSP、DMP、リサーチ等プロモーション全般)の推進により多数のクライアントの売上拡大および顧客獲得に従事。


目次[非表示]

  1. 1.約9,100万会員を持つPontaサービス
  2. 2.Pontaのマーケティング支援でわかる「3つの力」
  3. 3.意外にも若年層への訴求力がある、郵送DMの魅力
  4. 4.旅行予約をトリガーに!ガソリンスタンドの成功事例
  5. 5.既存顧客×Ponta会員でアプローチ!健康食品メーカー様の成功事例
  6. 6.インパクト&購買検証で、購入本数約21%アップ!飲料メーカー様の成功事例
  7. 7.提携社との相関性、ターゲットの予測で10年継続契約!金融会社様の成功事例
  8. 8.3年間で約3万人のリードを送客!通販事業者様の成功事例


約9,100万会員を持つPontaサービス



What’s Pontaということで、Pontaサービスについてご紹介させていただきます。リアル店舗を中心に多彩な提携ラインアップとなっており、ライフスタイルやライフステージに関するデータを管理しております。


127社、約180ブランド、提携店舗数は約22万店の広がりとなっております。オフラインという印象が非常に強いのですが、リクルート様との資本業務提携により、ホットペッパービューティー、ホットペッパーグルメをはじめ、オンラインにも展開しています。リアル店舗で代表的な提携社はローソン、シェル、食品スーパーのライフ、すき家、はま寿司、ドラッグストアのトモズなどもございます。川の流れのようになっているところはライフスタイルを伴う提携先でして、UR賃貸住宅、書店もそうですね。あとはアパマンショップ、スーツのAOKIなどが挙げられます。会員の構成は、男女半々くらいです。年代別で見ますと、提携先のカラーにもよりますが、若年やシニアも会員として有しております。本日マーケティング事例を多めにご用意をしておりますので、ぜひご紹介させてください。

※会員数、提携社数などの掲載データは、2019年10月25日開催のセミナー時点での数字です。


Pontaのマーケティング支援でわかる「3つの力」


Pontaのマーケティング支援とは、という話に入ります。まず、オウンドメディアを持っているのですが、単なる媒体営業、広告営業というわけではなく、クライアント様のビジネス構造を理解し、成果を上げるということを前提に動いております。プロモーション、KPIの設計、最適なROAS、メディアのプランニング、効果検証を行い新たなプランを回していく、ということを行わせていただいております。ポイント提携社も提携していない企業も、CRMも含めて培った経験をマーケティング事業でご支援をさせていただいております。


シンプルに我々は何ができるのかといいますと、自信を持ってご支援できることが3つあります。Pontaの3つ力と書かせていただきました。見つける、届ける、わかる、です。

まず見つける力です。基本的なPontaデータの使い方をお伝えいたします。このデータベースは弊社が保持しているものなのですが、まずPonta会員になっていただく際にお預かりする基本属性データ、22万以上の店舗から得られるタッチポイント、実利用データ、リサーチのパネルも展開しておりまして、そこから嗜好などを分析し、ライフスタイルデータ、デジタルのデータなどを管理しております。これを用いてクライアント様のターゲットを見出し、プロモーションの実行、結果の検証、次の打ち手を分析していくようになります。

1つ参考例を見ていきましょう。プロモーションの前にクライアント様のデータを一部お預かりして、弊社のデータ解析で、お客様の実利用の傾向、嗜好性を分析し、対象となる潜在顧客を見つける、その人にアプローチをしていく、ということを行っております。クラスタリングをして、顧客に応じて異なるクリエイティブが出ていく、ベースとなるペルソナ化なども行っております。



続いて2つ目の届ける力ですが、弊社オウンドメディアを外部連携の中、進めております。1点目としてダイレクトメールがあります。定期的にメンテナンスを行いまして到達率を担保しております。すごく細かくセグメントしても対応可能です。



続いて2点目はEメール広告です。3点目に、Pontaの公式アプリです。開くと自分のポイントが見られ、Pontaカード代わりに利用できます。ここに広告を入れることも可能になっておりまして、非常に効果の高いアプローチになっております。4点目がWEBのディスプレイ広告です。マイクロアド社やスーパーシップ社などと連携し広げていく、ということを行っております。


3つ目は、わかる力です。こちらはPontaポイントを活用いただき、それによってコンバージョンした方のデータをお預かりするなど、導線の仕方はいろいろなパターンがあり、効果検証までさせていただいております。一例ですが、左の表はエリア、年代、どのあたりがリフト値高いのか、をレポートしております。右側はセグメント前のリフト値を示したものになります。この濃いところにより多くアプローチをしていきましょう、とお伝えしております。以上が見つける、届ける、わかる、の3つです。この後はなぜ今DMなのか、というお話をさせていただきます。



意外にも若年層への訴求力がある、郵送DMの魅力



皆様、最近郵送DMへはお取り組みされていらっしゃるでしょうか。昨今ますますデジタルに寄っていって、郵送のDMも郵券代が上がっていき、クリエイティブを作るのも時間が掛かるということで若干敬遠されているのかな、と感じております。当然弊社もデジタルのメディアを持っておりますし、外部連携もやっておりますので力を入れているところなのですが、郵送DMにも非常に力を入れておりまして、年間数千万通を発送しております。DMの優れている点を改めて考えますと、訴求力だと思っております。物が届くインパクト感、説得力、行動喚起力など、One to Oneに最適と言われております。



弊社もデジタルに取り組む一方、デジタルの課題というのも感じております。リーチの課題ですと、なかなかターゲットサイズが担保できない、到達率はどうなのか。伝わり方ですと、しっかり見てもらえない、行動喚起力が乏しい、のような点が課題として挙げられるのではないかと思います。こちらは日本DM協会の実態調査なのですが、年々調査を行い、一番下が2018年の調査となっております。いわゆる開封率を見ると、自分宛のDMについては約8割が開封をしていることがわかります。そこから行動喚起率はどうなのかといいますと、ざっくりした「行動した」という回答が24%、購入、利用、問い合わせした、資料請求した方それぞれの数値が出ております。受け取り側のところから調査をしたところ、若年層の反応が良くなっております。自分宛に物が届くという体験は、なかなかデジタル世代には物珍しいことなのかもしれません。特に20代男性、女性、50代以上ですと女性も非常に反応が高くなっております。


ディノスセシール様のDM大賞を受賞された事例なのですが、日頃カート落ちした商品のリコメンドを、EメールとDMのフォローアップで比較したところ、20%売り上げが向上しております。ここに来て、改めて郵送DMが注目されています。


続いて、PontaからDMを送る価値というお話をさせていただきます。キャラクターのポンタをクリエイティブにお使いいただけるのがメリットですね。ロイヤルユーザーは非常に反応が早いという数字も出ています。弊社から会員に向けて、「Pontaからお得な情報です」という代行DMの形でお送りするため、受け取り側に安心してご覧いただけます。


旅行予約をトリガーに!ガソリンスタンドの成功事例



ここからはPonta DMの事例をいくつかご紹介させていただきます。業種、業界問わずクライアント様から高くご評価いただいた事例です。まず、ガソリンスタンドを運営している企業様の事例です。大型連休中に集中的に利用を促したいというオーダーをいただきました。ターゲットは当然車を持っている方、レンタカーを借りたい方となります。提携の旅行予約サイトを利用されたデータをもとに、出発するタイミングに合わせてキャンペーン告知を郵送DMでさせていただきました。一方、こういった行動の予兆のない方もABテストで含めておりまして、行動予定のある人、ない人で参加率が6倍も違ったという事例がございます。デジタルから行動を捉え、オフライン、郵送DMでコンバージョンを高めていった成功事例です。


既存顧客×Ponta会員でアプローチ!健康食品メーカー様の成功事例



続きまして、健康食品のクライアント様です。まずはクライアント様のデータをお預かりしました。Pontaのデータと掛けあわせて弊社のアナリストが分析し、そこから得られた教師データをもとに、いわゆる潜在顧客に効果的にアプローチをしていきました。スコアリングをした際に類似性が出てくるのですが、この事例でいうと類似率60%以上のユーザーを顕在化して展開できた、という事例です。


インパクト&購買検証で、購入本数約21%アップ!飲料メーカー様の成功事例



次に飲料メーカー様の事例です。相当な力を入れた缶コーヒーを発売されることとなり、郵送サンプリングをされたい、という要望がございました。ターゲットとなる方に6缶お送りした事例です。この6缶という数、送料はその分掛かってしまうのですが、テイスティングに1週間くらい掛けてほしい、そのくらい自信のある商品なので飲んでいただきたい、という気持ちがありまして、ご自宅に6缶をお届けしています。


ターゲットをどういう風に判別したかというところが肝となっており、興味のある方はぜひお問い合わせください。お送りしたあとにその方に購買意向を含めたアンケートも行い、サンプリング後、実際買ったのか、継続しているのかをリサーチし、クライアント様にレポートさせていただいた事例になります。ちなみに、無作為に抽出したサンプル会員としっかり抽出した会員との継続購買率の差は、プラス5.9%です。一人あたりの購買本数はプラス21.5%となりました。


提携社との相関性、ターゲットの予測で10年継続契約!金融会社様の成功事例



金融会社様の事例です。こちらは10年くらい新規顧客獲得でご利用を続けていただいている話になります。最初は緩やかなデモグラフィックでターゲティングして郵送しておりました。やればやるほど新規顧客の獲得につながる状態でしたが少しずつ効果が薄くなってきたところで、提携社との相関性をチェック、ターゲットの予測モデルを行う、リサーチを含めてよりターゲットになるクラスタリング、クリエイティブの変更を行っていきました。弊社のグループ企業dmiのアナリストと機械学習を行い、ターゲットのスコアリングモデルを作ってDMを届けることなどもしております。そのようなかたちで約10年継続し成果を出し続けているという事例でございます。


3年間で約3万人のリードを送客!通販事業者様の成功事例




本日お越しいただいている方の中には通販事業をしている方が多いと伺っております。こちらは通販事業様の成功事例です。ご支援したのは2つの領域なのですが、1つが2ステップマーケティング、いわゆる初回無料、リードを大量に送るものですね。そちらと、いきなり定期購入をしましょうと促す、1ステップマーケティングをご用意しました。今回は1つ目の2ステップマーケティングの事例をご紹介します。クライアント様は中高年向けの商品メーカーです。当時持たれていた課題ですが、いろんな紙媒体を試してもなかなか新規の獲得が増えてこない、そこで優良媒体を探している、できたら大手プラットフォーマーと連携したい、というご相談をいただきました。リーチメディアとしてはPontaのDMなのですが、3年間にわたり継続していただき、リードの送客で反応率約3%、3年間で約3万人のリードを送客させていただいた事例です。こちらも施策を続けているなかで、次に大切な定期購入に引きあがってこないと途中でご相談いただきました。その際に定期購入された方のデータをお預かりしまして弊社でその顧客層の分析を行い、より定期購入に引きあがりやすい顧客をメインにリード送客、回していき効果を高めていった、という事例になっております。

以上事例を多めにご紹介させていただきました。気になる事例やプロモーションがございましたら、ぜひお気軽にお問い合わせください。


ロイヤリティ マーケティング 蛭川 和伸
ロイヤリティ マーケティング 蛭川 和伸

大学卒業後、自動車流通企業でデータベースマーケティング、営業を経て、航空マイレージを拡充促進する関連会社で提携推進営業。2011年より(株)ロイヤリティ マーケティングにおいてPonta提携社開拓及び提携社向けマーケティング支援、DMサービスの立ち上げをはじめIDマーケティング(DSP、DMP、リサーチ等プロモーション全般)の推進により多数のクライアントの売上拡大および顧客獲得に従事。

ECセミナーからのお知らせを受け取る

下記項目を入力の上、送信することで、

ECセミナーJPからの、更新情報、セミナー開催情報などを受け取ることができます。

オススメ 記事一覧

関連セミナー記事

ユーザーとブランドが創る「共に楽しむ世界」 ~ネットとリアルの融合で生まれる新しいステージ~

日本の20~30代女性の3人に2人が毎月利用するコスメ・美容の総合サイト『@cosme』。そんな『@cosme』がプロデュースする「@cosme STORE」について、本来別チャネルで販売している商品を横断的に取り揃えた品揃えや『@cosme』のランキングを反映した売り場といった特徴から、ユーザーとブランドとの接点拡大や顧客理解、顧客体験の向上につながるポイントについてご紹介します。 また、2020年1月10日、原宿駅前にオープンする「@cosme TOKYO」の店舗紹介や、アイスタイルグループが見据える新しい「ネットとリアルの融合」の姿を、リテールテックの活用、ユーザーの「体験」を大事にした仕掛けづくりとともに、お話させていただきます。

「D2C元年となる2020年のデジタルマーケティング戦略」

世界中でユニコーン企業が増え続けるなか、ここ数年の大きなグローバルトレンドとなっているD2C。旧来の通信販売となにが違うのか、日本のD2Cスタートアップの動向はどうか。通信販売の価格帯別(2,000円以上4,000円未満)シェア日本No.1を獲得したメンズスキンケアブランド『BULK HOMME』の過去と未来を下敷きとして考察します。

カスタマイズした一元管理で顧客に合った情報を即座に現場へ共有!~業務改善・人件費を削減した成功事例~

一元管理システム「アシスト店長」の利活用ポイントとして、業務改善だけでなく、企業に合わせたカスタマイズを実施。難しいサイトも統合を可能にし、人件費を抑えながらも、お客様ひとりひとりに合わせた情報を現場に落とし込む成功事例をご紹介いたします。

「キャンペーン手法によるリピート率アップと休眠顧客の掘り起こし戦略」

株式会社 ADDIXの中元と申します。私から「キャンペーン手法によるリピート率アップと休眠顧客の掘り起こし戦略」についてお話いたします。

自社EC売上最大化セミナー ~課題ごとの売上最大化施策大公開~

株式会社これからの川村と申します。本日は、最大のCVRにするためのECの地盤づくりを、事例を含めて詳しくご紹介いたします。

KPIの可視化にかかる工数を劇的に削減し、マーケティングの意思決定スピードを上げる方法

ADDIXの木野と申します。本日は、「KPIの可視化に掛かる工数を劇的に削減し、マーケティング意思決定スピードを上げる方法」をお伝えいたします。

Googleショッピング広告で検索結果をおさえる!2019年最新トレンドと売上増加事例 大公開

Google広告のショッピングキャンペーンから生成される『Googleショッピング広告』GoogleアップデートによるSEO変動の集客への影響に対応するため、広告枠からの集客が重要性になります。 本セミナーでは、Googleショッピング広告の導入からの準備フローを効率化できる『EC Booster』を活用して、自社ECの運営をGoogleショッピング広告でくベストプラクティスを解説します。

「CPAから脱却した広告運用とは」

シナジーマーケティングはCRMのご支援をしている会社です。本日は「アドレサブル広告」に着目し、その活用補法を事例を含めて詳しくご紹介いたします。

「RTB Houseの最新トピックスから実例、ノウハウまで」

RTB Houseの高橋と申します。本日は弊社の一番の特徴であるエンジンについても、実例を含めて詳しくご説明いたします。また、新味プロダクトについてもご紹介させていただきます。

ネット通販(EC事業)とバックオフィス(EC物流)~失敗しないC事業を構築する為に~

株式会社ヒューマニアインターナショナルの代表取締役、善里と申します。今ECでどのような流れが起きており、なぜ物流、バックヤードが重要になるのか、集客に役立つUXやLTVの活用方法を交えながらご紹介させていただきます。

「日本企業のネクストチャイナ進出を実現するShopee出店戦略設計 ~出店サポート内容と連携方法について~」

BeeCruise株式会社の岩本氏が、ネクストチャイナ進出を実現するShopee出店戦略設計をテーマに、出店ステップや成功事例を詳しくご紹介いたします。

「コンタクトセンターのアウトソースを考える~コンタクトセンターをアウトソースすることで得られるメリットやアウトソース本来の意味と価値~」

コールセンターの受託業務を中心に行うCENTRIC株式会社。「コンタクトセンターのアウトソースを考える」をテーマに、そもそも事業にとってコンタクトセンターってどんな位置付けなのか、何のためにアウトソースするのか、どういったことを判断して外注先を決めていくのか?といったことをお話しさせていただきます。

リピート顧客を新規獲得しやすいWeb集客施策 〜なぜあのLPは定期加入率が高いのか?!〜

ペンシルはWEBコンサルティングの会社です。専門的なコンサルティングにより、顧客の売上をあげるための「成功シート」、解析ツール、TIPSを含めながら、数字の取れるLPの成功事例をご紹介いたします。

台湾でのLINE Pay利用状況

台湾でも圧倒的なアクティブユーザーを持つLINE。そのLINEのペイメントサービスLINE Payを活用し、台湾越境ECで成功するためのポイントをご紹介いたします。

自動撮影システムで、商品撮影はもっと効率化・単純化できる!

Orteryの「自動撮影システム」の活用ポイントとは、コンピューター制御で、いつでも誰でも同じクオリティーで撮影することが可能な点です。従来の撮影方法と比べ、約5倍の業務効率化を実現。さらに、360度アニメーション撮影を取り入れた場合の成功事例もご紹介いたします。

新規顧客獲得最終手段の真実をお伝えします!

プロスペクトクリエイは、顧客データベース、システム、アウトバンドを駆使したサービスを構築。生きたリストづくり、効果的なアウトバンドにつながる「自動見込み顧客発掘サービス」の成功事例をご紹介いたします。

ECサイトフェリシモの事例に学ぶ。 キャンペーンの売り上げを3倍にしたモーメント分析とは

株式会社ビービットのセミナー。『フェリシモ』のECサイトの事例から、データドリヴンマーケティングの重要性について、モーメント分析の具体例に触れながら、デジタルマーケティングのPDCAについてご紹介しています。

サイトに流入してきたユーザーのCV率を向上させる、仮説の立て方とシナリオ設計のコツ

ReproWebを提供する、Repro株式会社のセミナーです。今回はコンバージョンを向上させるポイント、コンバージョン貢献度などに注目し、ページ最適化について解説しています。

W11に向けてのプロモーション

アジア圏でPRサポートを展開するVECTORグループ。 中国本土におけるPR企画の立案・実施、ブランディング、マーケティングリサーチ、 イベントの企画・実施 を行うVECTOR CHINAの板屋氏による、中国のマーケットについて、2018年のW11を振り返りながら、今年のW11に向けた戦略について講演しています。

WEBマーケティングで顧客情報を徹底活用 ~データの力を活かそう~

世界的潮流として社会システムのデジタル化がダイナミックに進展しており、ビッグデータ時代が本格的に到来しています。第四次産業革命とのとらまえかたもあり、企業は15年以内にデジタル化に対応しないと淘汰されると言われています。 企業にはウェブ上で物販や予約販売などの事業基盤を構築するに加え、収益を獲得増大させるために、顧客データを活用したマーケティングが必要不可欠です。今回は、クイックにウェブマーケティングを行う意義とデータの持つ力についてセミナーを行います。

DG1活用について   

多様化、高速化が要求される現在の消費マーケットにおいて、1to1コミュニケーションが実現できるプラットフォーム「DG1」。ウェブサイトやLPの構築、カート機能や決済、オンライン予約機能まで、あらゆるWEB上での顧客体験を実現するソリューションを実際に使用していくセミナーです。

D2C時代を勝ち残る!売上UP成功率98%以上のEC戦略セミナー

ECサイトに特化したコンサルティングを展開する株式会社Crescent。D2C時代にフィットしたノウハウを、マーケティングノウハウを駆使して提供、EC戦略の最大化をご提案しています。

飛躍の2019年へ 「今」こそ見直したいビジネスモデルと集客構造

株式会社これから による、単品通販、リピート通販に焦点を当てたセミナーです。同社の支援領域はEC通販に特化したコンサルティングから、クリエイティブ制作、マーケティング支援など多岐にわたります。

Wowma!ならではの強みと戦略

auコマース&ライフ株式会社が展開しているWowma!について、コンセプトやモールにおけるビジョン、サービス対象セグメントなどを、KDDI独自の拡大戦略・プロモーション施策と交えてご紹介。 Wowma!出展をお考えの企業様向けの講演です。

「自社ブランドで年商20億まで売上を伸ばした成功事例!」~広告費を使わずに顧客をリピートさせた方法~

株式会社ネットショップ支援室、株式会社薬事法ドットコム、株式会社フルスピードの三社共催セミナー「薬機法を理解してWeb集客を効率的に行う方法」【第一部】自社ブランドで年商20億まで売上を伸ばした成功事例!

封入物=顧客が100%手に取る広告媒体! ~最小限の広告費で顧客をリピートさせた成功事例~

ECカートシステム「楽楽リピート」の利活用ポイントとして、 「封入物」を「顧客が100%手に取る広告媒体」として捉え、広告費を最小限に抑え、リピート率を上げてきた事例を、化粧品・健康食品販売業の例を挙げて紹介します。

成長を見据えた、クロネコヤマトができるお手伝い

ヤマトフィナンシャル株式会社が、EC決済業界について多様化が進む決済手段についてご紹介しています。 導入推奨の決済から最新の決済情報まで、今後メインストリームになるキャッシュレス決済などについて展開しています。

申込み完了率6.3%向上! 入力フォームでの最先端機能!

皆様、こんにちは。ショーケース・ティービーの大熊と申します。我々が得意としている領域は非常にニッチなものです。入力フォームの領域において、ノウハウを蓄積してきたものを本日はご紹介できればと思っています。よろしくお願いします。

ECサイトで成果をあげる!サイト内検索ナビゲーションの改善ポイント

同社が提供するASP/SaaS 「probo」と、「probo EC」の紹介と、売り上げアップに直結する施策…ECの『サイト内検索』の最適化をご提案。実際にサントリー、キッコーマン、ダイキン他800社への導入実績があります。

事例で見る越境EC成功 ~日本を超えて韓国、中国全世界に販路拡大戦略~

株式会社Ms.IDのセミナーでは、自社ブランド『セレクトモカ』の日本国内のソリューションとして、新たにCAFE24JAPANへ移行した際のメリットやノウハウを紹介しています。

新規顧客のコンバージョンを最大化させる決済手段とは? ~ジャックスグループの後払い「アトディーネ」の事例大公開~

ECサイト利用時に必須になる決済サービス。 後払い決済サービス『アトディーネ』を提供しているジャックス・ペイメント・ソリューションズ株式会社の久米氏が、後払い決済サービスと、アトディーネについて紹介しています。

未来のビジネスを決定づけるデジタル化資産戦略

中小企業向けのソリューション。未来のビジネスを決定づけるデジタル化資産戦略として、DG1が提供できるプラットフォームをご紹介しています。

通販・EC・D2C成功のためのCRMと顧客育成分析ノウハウについて

やずや通販CRM基幹システム、やずや少数盛栄塾など通販の総合ノウハウを提供する、やずや未来館による、スマホ時代の到来による、プラットフォームとの適性な付き合い方、経営=マーケティング=CRMの方程式について解説しています。

通販・EC・D2C成功のためのCRMと顧客育成分析ノウハウについて

ECスタートアップの成長支援のために、CRフルフィルメントの一括サービを事業コンセプトとして展開している株式会社PREDiA 代表取締役 西間木氏による、顧客体験向上のための施策について、CRMの具体的な活用と、事例として男性化粧品のバルクオムを例に紹介しています。

マーケティングオートメーションの活用方法と必要なコンテンツとは

企業のマーケティング活動を支援しているMtame株式会社。BtoB領域のMA(マーケティングオートメーション)の最適化について解説しています。

導入のみでCVR10倍を実現するD2C特化型SaaSとは

株式会社SUPER STUDIOのセミナー。自社が提供しているD2C特化型SaaS『EC Force』の紹介をしながら、マーケティング支援、CRM等 優位性について、事例を交えながら解説します。

全37件中 1〜 37件を表示