catch-img

【SMN×アルファアーキテクト 前編】「AIを用いたユーザーインサイト分析で動画マーケディングを最適化」

SMN株式会社
首都圏営業部 営業2課(現、営業1課) 課長
御園 武志

SMN株式会社
事業戦略室 プロデューサー
田中 祐

アルファアーキテクト株式会社
Planning Unit Leader
角南 名英


前編である本記事では、SMN株式会社が提供するマーケティングAIプラットフォーム「VALIS-Cockpit(ヴァリス-コックピット)」を使ったユーザーインサイト分析の紹介、アルファアーキテクト株式会社からは分析結果をもとにした最適な動画クリエイティブのPDCAサイクルについて、セッション形式でお話しいたします。

目次[非表示]

  1. 1.アルファアーキテクト株式会社 会社概要
  2. 2.SMN株式会社 会社概要
  3. 3.インサイト分析ツール『VALIS-Cockpit(ヴァリス-コックピット)』 
  4. 4.『VALIS-Cockpit(ヴァリス-コックピット)』の活用方法

アルファアーキテクト株式会社 会社概要

角南:アルファアーキテクト株式会社は、「Keep Architecting of ”Future”アーキテクトであり続ける」をビジョンに掲げ、動画マーケティングの最適化を支援している会社です。動画マーケティングの計画・プランニングから動画クリエイティブの企画・制作、配信、運用、分析までをワンストップで提供できる『VeleT(ベレット)』というソリューションを展開しております。

SMN株式会社 会社概要

御園:SMN株式会社は、「発想力と開発力で社会にダイナミズムをもたらすユニークな事業開発会社になる」をビジョンに掲げ、アドテック事業、アフィリエイト事業、メディアプランニング事業を展開しております。主なサービスとしては、DSP『Logicad』、マーケティング分析ツール『VALIS-Cockpit(ヴァリス-コックピット)』、最近はTV視聴データを活用した『TVBridge』など、多岐に渡るサービスを提供しております。

インサイト分析ツール『VALIS-Cockpit(ヴァリス-コックピット)』 

御園:ここからは本題に入り、角南様とトークをしながら本題に入りたいと思います。2020年に入ってから、『Logicad』における動画配信が急増し、昨対比200%以上で成長しております。ちなみに、アルファアーキテクト様においても、動画配信サービスのニーズは増えていると感じていらっしゃいますか?

角南:そうですね、かなり増えていると思います。これから5Gの時代に入りますので、ここが浸透していけばさらに動画配信、動画コンテンツが加速すると思いますね。

御園:そうですよね。では、アルファアーキテクト様にもご使用いただいている『VALIS-Cockpit(ヴァリス-コックピット)』について、田中さんからご紹介いただきます。

田中:インサイト分析ツール『VALIS-Cockpit(ヴァリス-コックピット)』についてお話いたします。下記の画像をご覧ください。

『VALIS-Cockpit(ヴァリス-コックピット)』とは、『Logicad』が持つ膨大な行動ログ、データを用いてセグメント作成、分析を行い、さらに『Logicad』と連携することで配信、態度変容計測まで実現するツールです。

御園:なるほど、分析から広告配信に至るまで通貫してできるのが、『VALIS-Cockpit(ヴァリス-コックピット)』なんですね。

田中:そうなんです。例えば、ユーザー行動ログの中で「中古車」というワードを調べている人がどのような方なのか分析・可視化。そのユーザーが配信したい方であれば『Logicad』に連携し配信することができます。

「ユーザー行動ログ」とは何か?という質問をいただくことが多いためご説明いたします。下記画像をご覧ください。

「ユーザー行動ログ」とは、膨大な外のデータというイメージを持っていただければと思います。自社サイト内であればGoogleアナリティクスで見られるのですが、サイトに至るまでは、多くのユーザーがさまざまなサイトに触れ意思決定をしていることが多いです。自社サイト外のさまざまな接触データこそ、『Logicad』が保有しているデータです。

御園:4億ユニークブラウザ、毎月3500億レコードとは、かなり膨大な量ですね。

田中:その通りです。日々ご愛顧いただいておりまして、このデータが集まっております。そして、使えるデータとして還元させていただいております。


行動ログをどのように可視化しているのかを明記した下記画像をご覧ください。

下記画像は我々がカスタマージャーニーと呼んでいるものです。横軸を時間軸、右上にサイト接触などのアクションが書かれています。サイト接触を行ったユーザー群に対し、過去4週間接触した興味について可視化します。

御園:4週間から直近1週間までのユーザー行動を可視化できるのですね。さらに、アクション後も見られるのでしょうか?

田中:その通りです。例えば、動画視聴をした後どうだったのか、LP離脱した後も確認できます。興味内容を深掘りしたい場合も下記の画像のように知ることができます。

キーワードの文字の大きさがさまざまですが、これはキーワードの文字が大きい方がより興味の度合いが大きいことを示しています。ただのボリュームで集計しているわけではなく、興味の集団の中で特に何が特徴的なのかを集計しております。

御園:文字の色がさまざまですね。意味はあるのでしょうか?

田中:実は類似したキーワードが同系色で表示されるようになっています。例えば、「成分」というキーワードが紫に表示されていますが、ピンクなどの文字には「美容」「肌」などのワードが見え、関連していることがわかるようになっています。

御園:見える化に非常に特化しているのですね。

田中:そうなんです。特にこの画像を見ていただくと「予防」に興味を持っていることがわかりますので、広告としても活用し、反応しそうなキーワードを動画に入れておくことが可能です。

『VALIS-Cockpit(ヴァリス-コックピット)』の活用方法

御園:では、活用事例としてアルファアーキテクト様はどのように活用されているのでしょうか?

角南:まずは、アルファアーキテクトが『VALIS-Cockpit(ヴァリス‐コックピット) 』をどのように使っているのかからお話しいたしますね。

1つ目がユーザーインサイトの発掘です。ユーザーが持つ潜在意識を可視化し、それによって得た知見をターゲティング、クリエイティブに反映することで、プロモーションの効果改善に活用しております。

御園:クリエイティブへの反映もできるのですね。

角南:アルファアーキテクトとしては導入するきっかけがまず動画クリエイティブへ還元できる情報を得られること、でしたので積極的に動画クリエイティブの企画検討の材料として活用しております。

2つ目が『Logicad』の配信セグメントの生成です。『VALIS-Cockpit(ヴァリス-コックピット)』の管理画面を用いて特定のキーワードに接触したターゲットのセグメント、LP来訪ユーザー、コンバージョンしたユーザーの類似ユーザーの配信セグメント生成に使用しています。

御園:広告から配信までフル活用いただいているのですね!特にアルファアーキテクト様は動画広告を専門で扱っていらっしゃいますが、どういったKPIや指標を持っていらっしゃるのでしょうか?

角南:アルファアーキテクトでは、動画を視聴したユーザーがその後どのような行動をしたか?動画広告が検索行動、ひいては商品購入や申込みにどの程度寄与したか?つまり「ビュースルーコンバージョン」「ビュースルーサーチ」をKPIに定めることが多いですね。

ビュースルーコンバージョン
動画広告視聴ユーザーが、別のルートでサイトを訪問しコンバージョン(商品の購入、会員登録、資料請求など)をした場合に発生する指標

ビュースルーサーチ
動画広告視聴ユーザーが、検索し、サイトを訪問した場合に発生する指標

御園:では、視聴完了率、再生単価ではなく、購入や成果に近しい指標を見ていらっしゃるのですね。

角南:仰る通りです。単純なリーチや認知度といった指標も大事ですが、その先の、動画を視聴したことがどれだけ最終的な獲得や検索行動に寄与したのかを数字として見ていくことを大切にしております。

もう1つは、クリエイティブやターゲットの課題です。実はアルファアーキテクトでは自社でアンケートツールを持っており、もともと定性的なアウトプット指標としてユーザーの感情を調査することで、数値では計ることのできないクリエイティブ評価を得ておりました。これは現状も非常に効果的に機能している貴重な情報として継続しております。

ただ、アンケートはどうしても回答するユーザーの心情だったり、タイミングだったりで主観的になりがちで、もう少し客観的な定性情報を用いて補完したいと考えておりました。
そのため、SMNさんの『VALIS-Cockpit(ヴァリス-コックピット)』を用いて、より定量的なインサイトデータを得ることで、従来のアンケート調査とアウトプットを組み合わせて、クリエイティブ制作やターゲティング検討に活かしています。

御園:アルファアーキテクト様でできない部分を『VALIS-Cockpit(ヴァリス-コックピット)』でカバーしているのですね。

後編ではいよいよアルファアーキテクト株式会社より『VALIS-Cockpit(ヴァリス-コックピット)』を活用した最新事例をご紹介いたします。公開をお楽しみに。


『Logicad』サービスサイト

『VALIS-Cockpit(ヴァリス-コックピット)』サービスサイト


『VeleT(ベレット)』サービスサイト

ECセミナーからのお知らせを受け取る

下記項目を入力の上、送信することで、

ECセミナーJPからの、更新情報、セミナー開催情報などを受け取ることができます。

アップロードしています。少々お待ちください。