catch-img

【後編】<ネットショップ支援室×ネットプロテクションズ>卸取引のDXを「一手」勝ち!受発注業務の効率化と、決済で債権管理と売上げアップを可能に!

株式会社ネットプロテクションズ
ビジネスディベロップメントグループ 
シニアアライアンスエグゼクティブ
小山佑太

ビジネスディベロップメントグループにて、NP掛け払いの事業開発や販売代理店開拓等を主に担当、NP掛け払いの事業成長と更なる普及に邁進。それら活動を通じ、法人間決済の「次のアタリマエ」の実現や、各企業の経営課題解決と成長の支援を行う。また勉強会/セミナーへの登壇や各カンファレンスへの参加等、ネットプロテクションズのエバンジェリスト的役割も担う。


本セミナー前編では、卸取引のデジタルトランスフォーメーションを先取りできる、従来のアナログな卸取引の「仕組み」を変えるための方法論「BtoB EC」の始め方と活用方法、後編では、リスク保証型の請求代行サービス「NP掛け払い」がもたらす革新的なメリット、売上UP方法もご紹介いたします。

目次[非表示]

  1. 1.自己紹介
  2. 2.会社概要
  3. 3.「後払い/掛け払い決済」の基本ビジネスモデル
  4. 4.「NP掛け払い」とは
  5. 5.卸業界のよくあるお悩み
  6. 6.課題を解決する『NP掛け払い』
    1. 6.1.『NP掛け払い』の特徴①
    2. 6.2.『NP掛け払い』の特徴②
    3. 6.3.『NP掛け払い』の特徴③
  7. 7.『NP掛け払い』活用事例
    1. 7.1.『NP掛け払い』活用事例① オフィスコム株式会社様
    2. 7.2.『NP掛け払い』活用事例② 飲食店向けお酒の卸売企業様
    3. 7.3.『NP掛け払い』活用事例③ アパレル商材の卸売り企業様
  8. 8.『NP掛け払い』利用料金
  9. 9.与信上限金額と入金スケジュール

自己紹介


会社概要


株式会社ネットプロテクションズは、2000年に設立したD2C向けの後払い決済を世の中に初めて提供したリーディングカンパニーです。流通総額としても実績No.1の企業で、2018年度で売上135億円を突破、年間流通総額は3000億円を突破する見込みです。営業拠点は、東京、京都、福岡、海外には台湾にもございます。

株式会社ネットプロテクションズは、会社づくり、事業づくり、組織づくりにおいても世の中に必要とされる「つぎのアタリマエをつくる」というミッションを実現するため、日々邁進しております。また、後払い決済事業では我々が間に入ることで商取引をスムーズにし、皆様の事業の拡大、決済や請求に関する課題を解決し、成長を支援する立ち位置になっていきたいと日々考えております。

「後払い/掛け払い決済」の基本ビジネスモデル


株式会社ネットプロテクションズは、「NP後払い」を導入いただく企業様と物品販売、サービス提供を行う企業様の間に入り、後払い決済に必要な機能をすべて我々が担い、請求、決済のフルアウトソースが可能になります。


「NP後払い」は現在、日本国内で10人に1人が利用しており、ニーズ、認知も大幅に広がっております。年間流通総額は3000億円を超える見込みで、ECの個人向け物販で見ますと、既に「アタリマエ」になってきております。

「NP掛け払い」とは


「NP掛け払い」とは、売り手企業、買い手企業の間に我々が入り、掛け売り、請求に必要なすべての機能を包含しているサービスです。加盟企業数は2300社、2018年度の年間取扱金額は590億円となっております。「NP掛け払い」は通販だけではなく対面・非対面の双方で利用可能、物品だけでなくサービス使用料金、システムの利用料金にも使えるようになっており、あらゆるBtoB商取引に活用いただけます。

卸業界のよくあるお悩み

卸業界で今どのような課題、悩みが多く聞かれるのかを見ながら、『NP掛け払い』でどのように解決できるのか触れていきたいと思います。

今読んでいる皆様の中には、働き方改革、販路拡大、業務効率化などさまざまな課題が思い起こされると思います。その中で請求、回収についてはどのような課題が日々起きているのかフォーカスして見ていきましょう。

・請求・回収業務の不可

卸企業様のなかには、現金集金をされている企業様もいると思います。この決済方法を行うには、営業、経理などの部署への業務不可が増加しています。さらに、新型コロナウイルスの影響でダメージを受けている業界では、支払い遅延、貸し倒れリスクの増加懸念が増加しています。実際に飲食店、アパレル・雑貨小売店のようにダメージの多い業界ですと、「新型コロナウイルス関連倒産」が相次いでおります。業務不可のみならず、与信や債権の管理もウィズコロナの今では経営課題の1つとして捉えなければなりません。

・困難な人材確保

卸業界は求職者の確保が難航しており、さらに働き方改革や残業の削減が求められ、生産性を上げながら効率化を進ませることに頭を悩ませる方が多いのではと思います。卸に近い運輸・倉庫業も人手不足が深刻化しております。

自社で請求や決済を行うのも1つの手段ですが、新型コロナウイルスの影響で社会情勢が不安な世の中だからこそ、ITを活用したシステムを導入することで攻めの経営、課題解決することができるのでは、と我々は考えております。

課題を解決する『NP掛け払い』

「NP掛け払い」とは、売り手企業、買い手企業の間に我々が入り、掛け売りに必要なすべての機能、つまり与信、請求書発行、代金回収、入金管理、催促、未回収リスク保証を代行するサービスです。

我々は決済業務を減らすではなく“なくす”という発想をしております。
受発注のEC化については前編で株式会社ネットショップ支援室様から触れていただきましたが、EC化を進めながら決済の部分もフルアウトソースすることで、受注から販売、請求、掛け売り決済をワンストップで実現することができます。

新型コロナウイルスの影響でリモートワークが当たり前になっていりますが、オフィスに出社しなくても受注のWEB化、そのまま請求のフルアウトソースにつなげることが可能です。

『NP掛け払い』の特徴①


次に『NP掛け払い』の特徴を3つご紹介いたしましょう。
まず1つ目は、我々はすべての保証を未払いリスク込みでご提供することで、保証サービスでは難しい決済をなくすということを実現できる点です。

『NP掛け払い』の特徴②


2つ目は、販売先企業様の取引先情報につきまして、事前登録、書類提出、捺印は一切必要ない点です。いただいているのは販売先企業様の「企業名」「住所」「電話番号」3つの情報のみで最短5分で利用可能です。さらに、与信通過率も98%となっており、与信通過による取りこぼしもありません。

『NP掛け払い』の特徴③


3つ目は、コンビニ払いは全体の50%の方が利用いただいており、飲食店や美容室で多い個人事業主様であれば約70%の高比率で利用いただいている点です。

『NP掛け払い』活用事例

ここからは具体的な事例を3つご紹介しましょう。

『NP掛け払い』活用事例① オフィスコム株式会社様


オフィスコム株式会社様は家具のECを担っている企業様なのですが、ECでもともと前払い決済をしていたところに後払い決済を導入いただきました。結果として売上アップと顧客満足度をアップすることが実現できております。

『NP掛け払い』活用事例② 飲食店向けお酒の卸売企業様


少額の売掛債権の回収業務に労力を費やしていたのですが、『NP掛け払い』にアウトソースいただくことで業務不可の軽減と売上アップを成功しております。

『NP掛け払い』活用事例③ アパレル商材の卸売り企業様


こちらの企業様も少額の売掛債権の回収業務に多大な労働力を費やしていたのですが、『NP掛け払い』に支払いを統一することで、業務負荷の軽減し売上アップを実現しております。

『NP掛け払い』活用方法 共通点
上記の『NP掛け払い』を活用している企業様の共通点は、業務負荷の削減をし、その浮いたリソースで新規開拓に費やすことで売上アップ、人手を変えることなく売上アップに貢献している点であると感じております。

『NP掛け払い』利用料金

気になる『NP掛け払い』の料金については、下記画像をご覧ください。


請求書の再発行・郵送料金については、1通あたり190円(税抜き)です。掛け売りのサービスですので、同じ販売先企業様に複数回販売したとしても1通190円(税抜き)は変わりませんので、1社につき190円(税抜き)と考えていただければと思います。再発行も190円(税抜き)に含んでおります。

与信上限金額と入金スケジュール


買い手の利用条件ですが、1社あたり1か月最大300万円までが基本設定です。300万円以上の場合、ご相談いただければ可能なケースもございますので、お気軽にお話いただければと思います。

決済方法は、コンビニ払い銀行振込、口座振替の3つから販売先企業様に選んでいただくことができます。

入金スケジュールとは立替払いを意味していますが、当月末締めで考えた場合、販売先企業様は翌月末にお支払いいただき、加盟店様には翌々月10日にお支払いいたします。

『NP掛け払い』に決済をお任せいただくことで、攻めと守りを両立しながら、今日を機会に決済や請求に関する部分を改めて考えていただきますと幸いです。本日はご清聴ありがとうございました。

『NP掛け払い』サービスサイトへ

​​​​​​​

『楽楽B2B』サービスサイトへ

株式会社ネットプロテクションズ 小山佑太
株式会社ネットプロテクションズ 小山佑太

ビジネスディベロップメントグループにて、NP掛け払いの事業開発や販売代理店開拓等を主に担当、NP掛け払いの事業成長と更なる普及に邁進。それら活動を通じ、法人間決済の「次のアタリマエ」の実現や、各企業の経営課題解決と成長の支援を行う。また勉強会/セミナーへの登壇や各カンファレンスへの参加等、ネットプロテクションズのエバンジェリスト的役割も担う。

ECセミナーからのお知らせを受け取る

下記項目を入力の上、送信することで、

ECセミナーJPからの、更新情報、セミナー開催情報などを受け取ることができます。

アップロードしています。少々お待ちください。