catch-img

これから中国市場とどう向き合い、どう利益を残せるか?

船井総研ロジ株式会社
グローバルSCM室 室長 
中野 好純

P&Gを経て株式会社船井総合研究所へ入社。船井総研時代は、海外事業戦略策定プロジェクト、日本企業の中国進出、国内外の市場にむけたマーケティング実務支援を行う。2012年に、船井流経営メソッドを武器に中国企業にコンサルティングする事業として、船井(上海)商務信息咨詢有限公司を創業。2020年に帰国し、船井総研ロジ株式会社に転籍。

現在は、船井上海時代のネットワークを活かし、ロジスティクスとマーケティングを融合した世界にむけて日本商品を「爆売り」するビジネスをプロデュースしている。

著書:中国市場で日本の商品を「高く売る」ためのマーケティング戦略(総合法令出版社刊)


先日船井総研ロジ株式会社は「中国巨大市場への「爆売り」から始める 越境販売ビジネス実践フォーラム!」を行いました。この記事ではセミナー第4部の重要ポイントをまとめてご紹介いたします。

目次[非表示]

  1. 1.自己紹介
  2. 2.セミナー内容の振り返り
  3. 3.爆売りまでの方程式
    1. 3.1.リサーチ(商品見極め)
    2. 3.2.テスト販売チャネル
    3. 3.3.直送モデル(ライブコマース)
    4. 3.4.保税区モデル
    5. 3.5.国内ECモデル
  4. 4.皆様の今のステージは?

自己紹介

セミナー内容の振り返り

船井総研ロジ新関の講座(本セミナー第3部)でもご紹介しましたが、爆売りまでの方程式を振り返りましょう。

上記が画像のように、マーケティングも物流と同様に3段階で変わっていきます。一見遠い道のりのように思われますが、意外と時間はかかりません。

まずは直送モデルでスタートし月間2,000個発送できたら保税区モデルに移行しましょう。月間6,000個発送の目途が経ちましたら、いよいよ国内ECへ移行します。ここまでいきますとファンが既にたくさんできております。W11の後見ブランドになる可能性を秘めていると言えるでしょう。

爆売りまでの方程式

直送モデルにいくまでに2つのステージがあります。リサーチとテスト販売チャネルを決して軽視しないでください。

リサーチ(商品見極め)

リサーチフェーズでは中国国内で商品がどのように売られているのかを把握しましょう。ネット上に競合情報がたくさん載っていますので参考にしてください。そして、実際に商品を中国の方に使用していただき、エンドユーザーの声に耳を傾けましょう。中国人消費者の声を20名以上に聞くことによって、販促チャネル、価格、販促キーワードを抽出します。そして投資金を計算するために、この段階での中期的な販売目標を設定しましょう。

テスト販売チャネル

商品適合性の高いチャネルで商品を売り、市場の反応を見ましょう。もしライブコマースを行うご予算があればぜひ実施していただきたいです。

直送モデル(ライブコマース)

テスト販売の結果を見ながら、ライブコマースから本格の直送モデルに入っていきましょう。月販2,000個を目指しながら直送モデルを考えましょう。

保税区モデル

月販2,000個を超えたら保税区に移行し越境プラットフォームに出店し巨大市場への広告を継続しましょう。月販6,000個を越えたら、いよいよ中国国内ECへ挑戦しましょう。

国内ECモデル

ここまで来ましたら、現地法人設立や現地代理店への商品提供を視野に入れます。

皆様の今のステージは?

今皆様が悩まれていることについて4つのステージに分けて考えます。それぞれのステージで必ずすべきことがありますので、下記画像にて詳しくご紹介します。

船井総研ロジでは、マーケティングと物流の両輪で、ステージ1から4のすべての企業様を全力でサポートさせていただいております。

まずはステージ1の段階で、ユーザーモニターリサーチにしっかりと力を入れてサポートさせていただきたいです。中国にいる中国人の方に触っていただき、電話インタービューからリアルの商品評価を実施いたします。

そしてテスト販売についてですが、キャリアさんのお力を借りながら中国チャンネルへの販売を設定いただきます。第三講座(URL)で話した越境配送コンシェルジュもこの段階でサポートいたします。

次は保税区モデルでは、ライブコマースより拡販し、ベスト出店を見極めましょう。我々はトータルサポートを実施します。

最後に現地の販売となりますと、船井総研グループで現地法人設立を支援し、もしくは船井総研ロジは商社機能を拡充します。お客様のパートナーとして中国巨大市場の商流に入ります。

本日は、中国巨大市場への「爆売り」をテーマに重要ポイントをお伝えさせていただきました。ご不明点などお気軽に船井総研ロジにご相談いただけますと幸いです。

本日はご清聴ありがとうございました。

企業サイトへ


船井総研ロジへのお問い合わせ

船井総研ロジ株式会社  中野 好純
船井総研ロジ株式会社  中野 好純

P&Gを経て株式会社船井総合研究所へ入社。船井総研時代は、海外事業戦略策定プロジェクト、日本企業の中国進出、国内外の市場にむけたマーケティング実務支援を行う。2012年に、船井流経営メソッドを武器に中国企業にコンサルティングする事業として、船井(上海)商務信息咨詢有限公司を創業。2020年に帰国し、船井総研ロジ株式会社に転籍。 現在は、船井上海時代のネットワークを活かし、ロジスティクスとマーケティングを融合した世界にむけて日本商品を「爆売り」するビジネスをプロデュースしている。 著書:中国市場で日本の商品を「高く売る」ためのマーケティング戦略(総合法令出版社刊)

ECセミナーからのお知らせを受け取る

下記項目を入力の上、送信することで、

ECセミナーJPからの、更新情報、セミナー開催情報などを受け取ることができます。

アップロードしています。少々お待ちください。