catch-img

『後悔しないD2Cカート選定のポイント』

株式会社ネットショップ支援室
山川 直人


株式会社ネットショップ支援室にて福岡支社長、兼グループ会社である株式会社ファヴールマルシェの福岡支社長。前職は過払い金の司法書士事務所で勤務し、そこでは総数200名規模の24時間365日稼働のコールセンターで勤務していた経験を活かし、お客様の目線に立ったリアルに近い通販の接客をご提案に強みを持つ。


目次[非表示]

  1. 1.自己紹介
  2. 2.会社概要
  3. 3.年商30億の企業へ成長するためのHow To
    1. 3.1.モールと自社サイトのメリット・デメリット
  4. 4.封入物とは何か?
  5. 5.封入物の成功事例・失敗事例
    1. 5.1.「仕入れ商品」の売上UP事例
    2. 5.2.シーズン商品の売上UP事例
    3. 5.3.商品を使う動機を満たさずクーポンを同梱した、失敗事例
  6. 6.自動メールでのCRM施策
  7. 7.単品通販におけるLINE連携の成功事例
  8. 8.受注処理の自動化
  9. 9.効率化するための4つのPDCA
  10. 10.新規獲得からCRMまでALL IN ONEで対応可能な『楽楽リピート』

己紹介

株式会社ネットショップ支援室にて福岡支社長として運営全般に関わりながら、グループ会社である株式会社ファヴールマルシェの福岡支社長を兼任しております。今、入社して2年目ですが、前職は過払い金の司法書士事務所で働いており、そこでは総数200名規模の24時間365日稼働のコールセンターで従事しておりました。



ネットショップ支援室では本日ご紹介させていただきます『楽楽リピート』『アシスト店長』など、ECを行う上で必要なツールの営業を行い、ファヴールマルシェではコスメの開発はもちろん、げ銭アプリを運営する17 Madia Japan様とコラボイベントを行い、ダイバー様たちと共同コスメ開発を行っております。

会社概要

ドクターズコスメとして名高い通販会社であるエクセレントメディカルは実は弊社のグループ会社です。ネットショップ支援室で作ったシステムをエクセレントメディカルで使用し、使った結果を共有し改善案やPDCAを回すことで、よりブラッシュアップした製品を皆様にお届けするスキームで動いております。


『アシスト店長』は楽天、Yahoo!、Amazonなど多くのネットショップで受注処理を効率化するツールです。『楽楽リピート』は単品リピート通販特化型のカートシステム、『楽楽B2B』は卸向けのカートというように、さまざまなツールを展開しております。ECの根幹的なシステムをすべて“一気通貫”で提供できる、EC業界でも唯一無二の会社です。


弊社のツール『楽楽リピート』を導入いただいている企業様を少しご紹介させていただきますと、『ユーグレナ』で有名な株式会社エボラ様、コンタクトECで導入いただいている眼鏡で知名度の高い株式会社ゾフ様、九州で有名な製薬会社である株式会社サン・クラルテ様にもご利用いただいております。

年商30億の企業へ成長するためのHow To

本日は、グループ会社であるエクセレントメディカルで行っている事業内容、そのなかから成功事例や失敗事例をお伝えさせていただきます。


現在、株式会社ネットショップ支援室は年商30億の企業になりましたが、福井に10年前立ち上げており、当初は資金力や知見、マンパワーもない状態でした。そのなかでどうのように売上を伸ばしていったのか、骨組みからお話させていただきます。


最初はモールからの出店を始めました。楽天、Yahoo!、Amazonで集客を行っていたのですが、自社商品だけでなくベンチマークとなる他社の商材も仕入れることにより、似たような商材を求めるお客様を自社サイトに誘導することを行っておりました。

モールと自社サイトのメリット・デメリット

モールと自社のメリット、デメリットを紐解いていきましょう。モールは楽天、Yahoo!、Amazonなどを利用することで高い集客力を獲得することができます。しかし、デメリットとしては顧客データを有効活用できません。自社サイトであれば自力で集客しなければなりませんが、顧客情報を活用できるメリットがあります。


モールへ出店した場合、モールへのマージンがあるため利幅が伸びません。仕入れ商品も同様で仕入れ原価が高いため利益が低くなります。


そこで、自社サイトで自社商品を販売することにより、利益率を大幅に改善する方法を行いました。その方法とは、封入物とメールを最大限に活用することです。


その前に、「楽天などのモールから自社サイトへの集客は禁止ではないの?」と思っている方は多いのではないでしょうか。実は約4年前に露骨でなければ可能という規約が発表されまして、弊社ではこの規約に合わせながら封入物やメールで売上をアップさせています。

封入物とは何か?

まず、そもそも封入物とは何かという点からお話させていただきます。皆様も何かしら通販で注文した経験があるのではないでしょうか。商品を注文し箱を開けますと商品本体、チラシ、冊子、お手紙などが入っていることが多いと思います。このチラシ、冊子、お手紙を封入物といいます。


今お話しました冊子ですが、広げてみるとQRコードが2つ載っています。これは、楽天でご購入いただいた方には楽天のショップのURL、もう1つには自社サイトのURLを載せており、露骨ではない誘導をしております。しかし、横を見ますとLINEと連携するとクーポンがもらえる、チラシの裏を見ますと自社サイトで使えるクーポンがあるなど、さまざまな導線を張りながら自社サイトに誘導しております。


封入物の例をもう少しご紹介していきましょう。

0円のサンプルから定期に引き上げる告知、商品の使い方やお客様の声を明記した封入物をモールで購入したお客様にお届けしています。


封入物の最大のメリットは、商品を購入した方が100%手にするという点です。ECではどうしてもその方に合った接客が難しいものです。なかには、すべてのお客様に対し同じ内容のチラシ、冊子、メール、サンプルをお送りする企業様も多いですが、もし対面で接客する際に同じようなことをするのか考えてみますと、きっとやらないのではないでしょうか。


対面ではお客様の顔が見えており、過去の情報を把握しご提案していると思います。ECでもここが非常に大切です。自社では購買情報がありますので、お客様に合ったサンプル、封入物をお送りすることが可能です。これをECでも行うことにより、その方に合った接客が実現できるようになります。

封入物の成功事例・失敗事例

ここから、封入物の成功事例・失敗事例をご紹介しましょう。

「仕入れ商品」の売上UP事例

まず1つ目としまして、「仕入れ商品」をご購入いただいたお客様に自社商品の紹介冊子を入れた事例を見ていきます。約2万5000名の方にこのような同梱物をお送りしたのですが、結果的にこの紹介冊子だけで約1400万円の自社商品が自社サイトで売れました。


単純に約1400万円という数字も大きいですが、自社サイトに誘導したことによりマージンの支払い率が減る、自社商品になることで原価が下がるなどのさまざまな効果が出ております。

シーズン商品の売上UP事例

もう1つ成功事例をご紹介しましょう。春先に新型コロナウイルス対策としまして次亜塩素酸水のブームが起こっていたかと思います。弊社でも次亜塩素酸水を販売しており、ご紹介するのはコロナ禍前の実績です。11月~1月に、モール、自社サイトでご購入いただいたお客様にこれからの時期の感染症対策、消毒アイテムはいかがでしょうか、とチラシをお送りいたしました。


約1万9000名の方に同梱し、引き上げ率は0.9%、チラシの制作だけで125万円の売上アップが実現しました。冬のシーズンしか売れないものですので、同梱して2か月で売上125万円、しかも掛かった費用は封入物の製作費、印刷費のみという結果が出ました。

商品を使う動機を満たさずクーポンを同梱した、失敗事例

次に失敗事例をご紹介します。エクセレントメディカルで自信作であったお肌のピーリング商品のお試し品をご購入いただいたお客様に本品のクーポンを同梱しました。しかし、引き上げ率は0.7%と弊社が考えていた結果よりも大幅に低くなってしまいました。そこでPDCAを回し原因を究明したところ、商品の良さをしっかり伝えられていないのではないか、という結論に至りました。そこで、効果効能、効果的な使い方、お客様の声をご一緒にクーポンに明記することで、引き上げ率0.7%から4.0%に大幅改善されました。


ここから考えられることは、商品を使う動機には、効果、使い方、利用事例、お客様の声といった内容が必要ということです。実際に購入に至る動機は、定期購入がお得である、今であればクーポンが使える点が結びつき、商品を使う動機、購入に至る動機の2つが揃って初めて定期購入になります。


失敗事例では、商品を使う動機が満たされていると勘違いしたままクーポンをチラシとして送ってしまい、残念な引き上げ率となってしまいました。


このことからも、皆様が封入物をお送りする際にお客様が今何を考えているのか、どういう心情なのか、どういうことをして欲しいのかを考えアプローチすると良いでしょう。

自動メールでのCRM施策

封入物をお送りしたあと、メールでの接客も重要だと考えています。通販サイトで購入をすると、どこも同じような発送メールが届きますが、エクセレントメディカルではプラスαとしてお客様の購入情報、過去の履歴、踏んできた媒体によってパターン化したテンプレートにより内容を差し替えています。


例えば、エクセレントメディカルの商品でいいますと「ハイドロキノン」という商品があります。この「ハイドロキノン」は含有している強い成分のため注意が必要です、という文面を必ず入れています。この商品を購入した場合に必ず差し込むように運用しています。


このほかにも購買情報に合わせて値引きクーポンやキャンペーンについて差し込むのも良い運用方法などではないかと思います。


キャンペーンで有効な方法は、納品書やメールにクーポン情報を差し込むことができますので、せっかくご購入いただいたのであれば、お客様の接点を最大限に活かすことが非常に大切です。ただ接点を増やしたいと言っても、一人ひとりのお客様の接点を1件ずつ行っていては手が回りません。エクセレントメディカルではツールを使用しメールを自動作成、自動送信を行っています。ここで空いた時間に人が手で行わなくてはならない作業に充てることで、ファンやリピーターを増やすことができます。


そういったご提案をしているおかげで、ネットショップ支援室の評価は1万件を超えるレビューの中で5段階中4.7という高評価をいただいております。


一方でメールというEC顧客の接点に最近では困りごとも増えてきました。メールですと開封率が低い、端末毎に合わせてさまざまなテンプレが必要になる、開封しても中身が見てもらえない、即効性がないという課題を解決する方法として、LINEの連携があります。

単品通販におけるLINE連携の成功事例

こちらもエクセレントメディカルの実際の実績になりますが、PCサイト、スマホサイトにLINE連携の導線を引いておりまして、現在稼働しているお客様の50%がLINE連携をしていただいております。


LINEの連携のメリットは、これまでお話しましたメールでの施策、注文確認メール、発送メール、フォローメール、ステップメールなどをLINEに置き換えて送信することができます。LINEに置き換えることで開封率が格段に上がり、オリジナルメッセージを送ることにより1to1の接客を受けているような印象をお客様に与えることができます。


LINEの連携を促進する方法としまして、エクセレントメディカルではLINE連携をしていただきますとポイントをプレゼントする、お試しサンプルがもらえる、といった施策を平行して行いながら、既存のお客様をどんどんLINEに紐づけることを行っております。


『楽楽リピート』の宣伝にはなりますが、『楽楽リピート』であればよく通販サイトであるようなID、パスワードを入力する手間もLINE連携をしていただくことにより「LINEでログイン」というボタン1つでショップサイトにログインすることができます。


なぜLINE連携が重要なのかといいますと、例えばLPをお客様を獲得した場合、獲得したのはスタートであり、そこからどれだけLTVを取れるのか、一人のお客様からどれだけ売上が取れるのか、という点が通販において非常に大きなウエイトを持ちます。そのためネットショップ支援室では購入していただいた後のアクションをとても重要視しています。


前半部分のまとめですが、封入物、同梱物の施策をまずチャレンジしてみましょう。

そのなかでも

①   1to1の封入物・同梱物施策

②   ①を実行する上で、さらに自動メール差込で接客向上

上記2点を行うことでオフラインのような接客を実現できますので、ぜひトライしてみてください。

さらにLINEを活用しますと、飛躍的に確立がアップしますので、取り入れていただくと良いでしょう。

受注処理の自動化

さて、後半では受注処理の自動化についてお話していきたいと思います。

受注処理には仕組化が非常に大切です。業務はコア業務(売上拡大業務)とノンコア業務(受注処理業務)の2つに分かれます。売上拡大のための作業(コア業務)を行うために、どのようにルーティン作業(ノンコア業務)を減らすか、が仕組化の本質です。よくお客様から「そもそも考える時間がない」とご相談をいただくのですが、ここはやると決めていただき、どんどんPDCAを回ることが大切です。そのなかでさまざまなシステムを入れて効率化を図ることが重要になっていきます。


こういった悩みが出るフェーズとは、売上がちょっと伸びてきたフェーズかと思います。事業を立ち上げた段階では、立ち上げた方、あるいはスペシャリストの方が一人で事業を回せていた時代を超えると、皆でチームとなって動かなくてはならない時代に入ります。このときに仕組化の悩みが出てきます。


どのような悩みが出てくるのかといいますと、「改善したいけれど業務で手一杯で施策どころではない」「毎日の受注処理が大変…」「人を増やしたけれどミスが増えてしまう」「利益が出ない」など、こういった悩み、お話をよく伺います。


特にこの利益が出ないという部分を分解して詳しく見ていきましょう。会計処理をしてみると意外と利益が出ないという理由を分解しますと、①大量広告・安売りをしてしまう、②獲得した顧客をリピーターにできていない、③「仕組化」ができておらず、受注処理=“人件費”が高い、という3つの悩みに分類されることが非常に多いです。


①大量広告・安売りをしてしまうについては、広告やLPのPDCAにより改善が見られると思います。②獲得した顧客をリピーターにできていないについては封入物、同梱物、メールの差込内容によって顧客をファンにしていきLTVを獲得することで改善が見込めます。③「仕組化」ができておらず、受注処理=“人件費”が高い、についてですが、もう少し紐解いてみますと、受注・発送処理を行うバックヤードの課題が浮き彫りになっていることがわかります。バックヤードのガラパゴス化と言われるもので、バックヤード業務手順が独自の進化をし、企業様オリジナルになっているケースが挙げられます。


受注処理とは、注文を受け、お礼のメールを送り、クレジットカードなどの与信を取り、出荷をしていきます。出荷を終えれば完了メール、フォローメールをお送りするというのが一般的な流れです。しかし、スムーズに動いていない店舗様が多く、創業当初から活躍する職人さんによる独自の手順が非常に多くなっている傾向があります。ほかの売れている店舗様の仕組みを取り入れて標準化、平準化することが大切です。


具体的に平準化できるものについては、一部抜粋をさせていただきましたが、


①   受注データ処理の自動化

②   メール送信の自動化

③   クレジット・後払いの自動与信

④   受注データ検索条件保存機能・手順化

⑤   メール一括送信機能

⑥   メール自動差込機能。条件差込機能

⑦   封入物(チラシ・サンプル)の自動同梱


こういったことをすべて仕組化していくことが重要です。⑦の自動同梱についてですが、前半ではその方に合った同梱を行うべきとお伝えしました。注文内容を見て「この方に何が必要か」を考えるのは非常に大変ですので、エクセレントメディカルでは「こういった条件の方にはこのチラシを入れたい」「このチラシを入れることで、このようなゴールを描きたい」などシナリオ設定することで。注文が入ってきたら自動でピッキングリストに入ってくるシステムを導入しています。


上記の7つを行いますと、先ほど職人の方が一人ひとりオリジナルの手順で作業を行っていたのがすべて手順化され、自動化することができます。最後に残ってしまう部分としては、ピッキングし箱詰めする部分かと思います。ここはどうしても手作業になりますが、ここもアウトソーシングをすることで自社業務から手放す企業様もいらっしゃいます。

効率化するための4つのPDCA

ここまでのまとめです。

効率化するためには、大きく4つのPDCAで捉えることができます。

①    まず他社の成功事例を知る

②    良い部分を取り入れる

③    属人化の廃止

④    他社でやっていないことは一度見直す


良い事例など学びになる部分は試してみます。そして、自社しか行っていない特殊な運用は本当に必要なのか見直していただくと良いでしょう。そこで要らないと感じた運用は廃止することにより属人化していくことを止めていきましょう。そうすることで新しい方が増えた場合、担当が代わった場合でもスムーズに引継ぎができ事業拡大ができるようになります。

新規獲得からCRMまでALL IN ONEで対応可能な『楽楽リピート』

ここまでの全体をまとめますと、

ECで売上を上げるためには、効率化で時間を削減し、空いた時間で人の頭で考えていかなければならないことにリソースを割いていくことが大切です。


顧客一人ひとりのCRM施策を行い、受注処理の効率化を見直していきましょう。すべて自社で行おうとすると限界が来てしまいますので、システムやツールを利用すると大幅な効率化が見込めます。


ただし、システムを入れようとすると「システムって難しそう」「いろんなツールを使わなくてはいけないの?」「結局コストが高くなりそう」という悩みが出てくるかと思います。


そこで解決策としておすすめしたいのが、弊社の『楽楽リピート』です。リピート通販で必要なものがALL IN ONEですべて入っております。サイト構築、受注処理も簡単にできます。メルマガやステップメールも配信でき、封入物も自動的セットが可能です。また、LINEの連携もできるツールになっております。いわゆるカートシステムでよくある新規顧客を獲得するところはもちろん、それ以降のCRMツールが行うLTVの最大化についてもカバーしております。新規獲得からCRMまでALL IN ONEで対応できるシステムです。


CRMの中で踏んできた広告媒体によりその後の接客を変えていくという話がありましたが、『楽楽リピート』ではまさにそのような機能を持っております。踏んできた媒体によって封入物、メールを出し分けることが可能です。その上でステップメールなども変化ができますので、一人ひとりに合ったCRM、つまりリアルな接客に近しいような接客ができる点が弊社の強みです。


もし興味がある方がいらっしゃいましたら、ぜひ弊社までお声掛けください。ご清聴いただき、ありがとうございました。





楽楽リピートは、D2C(Direct to Consumer)のEC取引—リピート通販で使えるカートです。グループ会社のEC事業で培った「D2Cにおける定期・単品通販でいかに売上を上げるか」このノウハウがASPカートシステムになりました。


株式会社ネットショップ支援室 山川直人
株式会社ネットショップ支援室 山川直人

前職は過払い金最大手の司法書士事務所にて事務局局長として運営に携わる。 広告費は毎月3億。365日24時間止まらないコールセンターを運営。  ㈱ネットショップ支援室・㈱ファヴールマルシェに入社後は、 福岡支社を設立しEC総合グループの横断ポジションとして 自社通販のノウハウを凝縮したアシスト店長や楽楽リピートをはじめとした ソリューション営業、新規事業として人なし・ノウハウなし・資金300万円から始められる“化粧品・サプリ”などの立ち上げコンサルテイングを担当。

ECセミナーからのお知らせを受け取る

下記項目を入力の上、送信することで、

ECセミナーJPからの、更新情報、セミナー開催情報などを受け取ることができます。

オススメ 記事一覧

関連セミナー記事

『後悔しないD2Cカート選定のポイント』

D2C、単品リピートECで、年商30億の企業へ成長するためのEC事業成長のHow Toとしてグループ会社であるエクセレントメディカルで行っている事業内容、そのなかから成功事例や失敗事例をお伝えします。

~最新調査結果から分析~ アフターコロナの中国人消費者像と中国マーケティングの考え方

本日は、アフターコロナの中国人消費者の変化、中国マーケティングの考え方を中心にお話をさせていただきます。

「中国越境ECの展開施策」

「中国越境ECの展開施策」と題し、百分百を活用した取り組み、そのほかの施策についてご紹介いたします。

【事例】コロナ禍におけるリアル店舗からのデジタルシフト戦略

本セミナーでは、新型コロナウイルス(COVID-19)の影響により、販促店舗の一斉休業を余儀なくされた状況下でも、販促予算をECに積極的に投下し、事業拡大を狙った結果、コロナ情勢下でもEC売上拡大に成功した株式会社SABON Japan様の実績をご紹介致します。 株式会社SABON japanの鈴木様にもご登壇いただき、広告を活用したマーケティング戦略をディスカッション形式でご紹介いたします。

「事例」をベースにしたマーケティング施策

難しい理論の話よりも、なるべく再現性のありそうな事例の話をベースにお話いたします。特にGoogle、Facebookを始めとする媒体は、自動学習を始めたことにより近年運用効果に差異が出にくくなってきました。またD2Cと言われる「Story」をもつ通販企業の参入で、ダイレクトマーケティングはますます競争が激化しています。そこで差を生むのは、「クリエイティブをどうするのか」「Dataをどう使うか」この2点に集約されると考えています。こちらに関して弊社のナレッジをお話します。

「LTV向上に向けたクロスチャネルCRM」

情報過多の時代において、ユーザーとのコミュニケーションをクロスチャネルで設計することが重要視されています。それを実現しようにも、DMPやマーケティングオートメーションなどのキーワードだけが先行して、実業務に落とせていない事業者様は多いのではないでしょうか?本セッションでは本当に効果の高い自社にあったタッチポイント(メール・LINE・広告など)の見極め方・具体的な事例について解説します。

「ANA 国際エコー賞に学ぶ顧客体験型ソリューション」

世界の主要企業・団体がどのようなデータベースマーケティングを行っているのか、どのようにデジタルテクノロジーの活用をマーケティングに活用しているのか、それらのマーケティング活動を表彰するアワード・ANA国際エコー賞の受賞作から、実際に成果を上げた最新事例を紹介し、日本でのマーケティングプランニングへの視点や発想を解説します。

「LINE公式アカウント×キャンペーンで友だちを獲得する手法。最新LINEコンテンツ運用事例と共に公開!」

多くの会社でLINEアカウントを使ったマーケティングが活性化している中、ユーザーに飽きられない魅力的なアカウントであり続けるための秘訣は?LINEアカウントの活性化、キャンペーンツールを活用した友だち獲得のアイデアを、事例を交えてご紹介します。

「キャンペーン手法によるリピート率アップと休眠顧客の掘り起こし戦略」

株式会社 ADDIXの中元と申します。私から「キャンペーン手法によるリピート率アップと休眠顧客の掘り起こし戦略」についてお話いたします。

ユーザーとブランドが創る「共に楽しむ世界」 ~ネットとリアルの融合で生まれる新しいステージ~

日本の20~30代女性の3人に2人が毎月利用するコスメ・美容の総合サイト『@cosme』。そんな『@cosme』がプロデュースする「@cosme STORE」について、本来別チャネルで販売している商品を横断的に取り揃えた品揃えや『@cosme』のランキングを反映した売り場といった特徴から、ユーザーとブランドとの接点拡大や顧客理解、顧客体験の向上につながるポイントについてご紹介します。 また、2020年1月10日、原宿駅前にオープンする「@cosme TOKYO」の店舗紹介や、アイスタイルグループが見据える新しい「ネットとリアルの融合」の姿を、リテールテックの活用、ユーザーの「体験」を大事にした仕掛けづくりとともに、お話させていただきます。

「LINE課金対策を意識したLINE×CRM施策の鉄板パターンをご紹介」

LINE公式アカウント統合に伴い、LINEのメッセージ配信による課金は、「友だち数」から「通数」に変更されました。通数課金を前提にした、メッセージ配信においては、従来の一斉配信ではなく、顧客データを活用した配信を意識する必要がとなります。 本セッションでは、通数課金の対策としての顧客データの活用、企業様が今取り組むべきLINE施策の成功事例をご紹介します。

よなよなエール流 ファンとの絆づくり

「よなよなエール」「インドの青鬼」「水曜日のネコ」「僕ビール、君ビール。」などのクラフトビールを製造・販売するヤッホーブルーイングのオフライン×オンライン問わないファンとのコミュニケーション施策についてお話いたします。

「D2C元年となる2020年のデジタルマーケティング戦略」

世界中でユニコーン企業が増え続けるなか、ここ数年の大きなグローバルトレンドとなっているD2C。旧来の通信販売となにが違うのか、日本のD2Cスタートアップの動向はどうか。通信販売の価格帯別(2,000円以上4,000円未満)シェア日本No.1を獲得したメンズスキンケアブランド『BULK HOMME』の過去と未来を下敷きとして考察します。

カスタマイズした一元管理で顧客に合った情報を即座に現場へ共有!~業務改善・人件費を削減した成功事例~

一元管理システム「アシスト店長」の利活用ポイントとして、業務改善だけでなく、企業に合わせたカスタマイズを実施。難しいサイトも統合を可能にし、人件費を抑えながらも、お客様ひとりひとりに合わせた情報を現場に落とし込む成功事例をご紹介いたします。

自社EC売上最大化セミナー ~課題ごとの売上最大化施策大公開~

株式会社これからの川村と申します。本日は、最大のCVRにするためのECの地盤づくりを、事例を含めて詳しくご紹介いたします。

KPIの可視化にかかる工数を劇的に削減し、マーケティングの意思決定スピードを上げる方法

ADDIXの木野と申します。本日は、「KPIの可視化に掛かる工数を劇的に削減し、マーケティング意思決定スピードを上げる方法」をお伝えいたします。

Googleショッピング広告で検索結果をおさえる!2019年最新トレンドと売上増加事例 大公開

Google広告のショッピングキャンペーンから生成される『Googleショッピング広告』GoogleアップデートによるSEO変動の集客への影響に対応するため、広告枠からの集客が重要性になります。 本セミナーでは、Googleショッピング広告の導入からの準備フローを効率化できる『EC Booster』を活用して、自社ECの運営をGoogleショッピング広告でくベストプラクティスを解説します。

「CPAから脱却した広告運用とは」

シナジーマーケティングはCRMのご支援をしている会社です。本日は「アドレサブル広告」に着目し、その活用補法を事例を含めて詳しくご紹介いたします。

「RTB Houseの最新トピックスから実例、ノウハウまで」

RTB Houseの高橋と申します。本日は弊社の一番の特徴であるエンジンについても、実例を含めて詳しくご説明いたします。また、新味プロダクトについてもご紹介させていただきます。

ネット通販(EC事業)とバックオフィス(EC物流)~失敗しないC事業を構築する為に~

株式会社ヒューマニアインターナショナルの代表取締役、善里と申します。今ECでどのような流れが起きており、なぜ物流、バックヤードが重要になるのか、集客に役立つUXやLTVの活用方法を交えながらご紹介させていただきます。

「日本企業のネクストチャイナ進出を実現するShopee出店戦略設計 ~出店サポート内容と連携方法について~」

BeeCruise株式会社の岩本氏が、ネクストチャイナ進出を実現するShopee出店戦略設計をテーマに、出店ステップや成功事例を詳しくご紹介いたします。

「コンタクトセンターのアウトソースを考える~コンタクトセンターをアウトソースすることで得られるメリットやアウトソース本来の意味と価値~」

コールセンターの受託業務を中心に行うCENTRIC株式会社。「コンタクトセンターのアウトソースを考える」をテーマに、そもそも事業にとってコンタクトセンターってどんな位置付けなのか、何のためにアウトソースするのか、どういったことを判断して外注先を決めていくのか?といったことをお話しさせていただきます。

リピート顧客を新規獲得しやすいWeb集客施策 〜なぜあのLPは定期加入率が高いのか?!〜

ペンシルはWEBコンサルティングの会社です。専門的なコンサルティングにより、顧客の売上をあげるための「成功シート」、解析ツール、TIPSを含めながら、数字の取れるLPの成功事例をご紹介いたします。

台湾でのLINE Pay利用状況

台湾でも圧倒的なアクティブユーザーを持つLINE。そのLINEのペイメントサービスLINE Payを活用し、台湾越境ECで成功するためのポイントをご紹介いたします。

自動撮影システムで、商品撮影はもっと効率化・単純化できる!

Orteryの「自動撮影システム」の活用ポイントとは、コンピューター制御で、いつでも誰でも同じクオリティーで撮影することが可能な点です。従来の撮影方法と比べ、約5倍の業務効率化を実現。さらに、360度アニメーション撮影を取り入れた場合の成功事例もご紹介いたします。

新規顧客獲得最終手段の真実をお伝えします!

プロスペクトクリエイは、顧客データベース、システム、アウトバンドを駆使したサービスを構築。生きたリストづくり、効果的なアウトバンドにつながる「自動見込み顧客発掘サービス」の成功事例をご紹介いたします。

ECサイトフェリシモの事例に学ぶ。 キャンペーンの売り上げを3倍にしたモーメント分析とは

株式会社ビービットのセミナー。『フェリシモ』のECサイトの事例から、データドリヴンマーケティングの重要性について、モーメント分析の具体例に触れながら、デジタルマーケティングのPDCAについてご紹介しています。

サイトに流入してきたユーザーのCV率を向上させる、仮説の立て方とシナリオ設計のコツ

ReproWebを提供する、Repro株式会社のセミナーです。今回はコンバージョンを向上させるポイント、コンバージョン貢献度などに注目し、ページ最適化について解説しています。

W11に向けてのプロモーション

アジア圏でPRサポートを展開するVECTORグループ。 中国本土におけるPR企画の立案・実施、ブランディング、マーケティングリサーチ、 イベントの企画・実施 を行うVECTOR CHINAの板屋氏による、中国のマーケットについて、2018年のW11を振り返りながら、今年のW11に向けた戦略について講演しています。

WEBマーケティングで顧客情報を徹底活用 ~データの力を活かそう~

世界的潮流として社会システムのデジタル化がダイナミックに進展しており、ビッグデータ時代が本格的に到来しています。第四次産業革命とのとらまえかたもあり、企業は15年以内にデジタル化に対応しないと淘汰されると言われています。 企業にはウェブ上で物販や予約販売などの事業基盤を構築するに加え、収益を獲得増大させるために、顧客データを活用したマーケティングが必要不可欠です。今回は、クイックにウェブマーケティングを行う意義とデータの持つ力についてセミナーを行います。

DG1活用について   

多様化、高速化が要求される現在の消費マーケットにおいて、1to1コミュニケーションが実現できるプラットフォーム「DG1」。ウェブサイトやLPの構築、カート機能や決済、オンライン予約機能まで、あらゆるWEB上での顧客体験を実現するソリューションを実際に使用していくセミナーです。

D2C時代を勝ち残る!売上UP成功率98%以上のEC戦略セミナー

ECサイトに特化したコンサルティングを展開する株式会社Crescent。D2C時代にフィットしたノウハウを、マーケティングノウハウを駆使して提供、EC戦略の最大化をご提案しています。

飛躍の2019年へ 「今」こそ見直したいビジネスモデルと集客構造

株式会社これから による、単品通販、リピート通販に焦点を当てたセミナーです。同社の支援領域はEC通販に特化したコンサルティングから、クリエイティブ制作、マーケティング支援など多岐にわたります。

Wowma!ならではの強みと戦略

auコマース&ライフ株式会社が展開しているWowma!について、コンセプトやモールにおけるビジョン、サービス対象セグメントなどを、KDDI独自の拡大戦略・プロモーション施策と交えてご紹介。 Wowma!出展をお考えの企業様向けの講演です。

「自社ブランドで年商20億まで売上を伸ばした成功事例!」~広告費を使わずに顧客をリピートさせた方法~

株式会社ネットショップ支援室、株式会社薬事法ドットコム、株式会社フルスピードの三社共催セミナー「薬機法を理解してWeb集客を効率的に行う方法」【第一部】自社ブランドで年商20億まで売上を伸ばした成功事例!

封入物=顧客が100%手に取る広告媒体! ~最小限の広告費で顧客をリピートさせた成功事例~

ECカートシステム「楽楽リピート」の利活用ポイントとして、 「封入物」を「顧客が100%手に取る広告媒体」として捉え、広告費を最小限に抑え、リピート率を上げてきた事例を、化粧品・健康食品販売業の例を挙げて紹介します。

成長を見据えた、クロネコヤマトができるお手伝い

ヤマトフィナンシャル株式会社が、EC決済業界について多様化が進む決済手段についてご紹介しています。 導入推奨の決済から最新の決済情報まで、今後メインストリームになるキャッシュレス決済などについて展開しています。

申込み完了率6.3%向上! 入力フォームでの最先端機能!

皆様、こんにちは。ショーケース・ティービーの大熊と申します。我々が得意としている領域は非常にニッチなものです。入力フォームの領域において、ノウハウを蓄積してきたものを本日はご紹介できればと思っています。よろしくお願いします。

ECサイトで成果をあげる!サイト内検索ナビゲーションの改善ポイント

同社が提供するASP/SaaS 「probo」と、「probo EC」の紹介と、売り上げアップに直結する施策…ECの『サイト内検索』の最適化をご提案。実際にサントリー、キッコーマン、ダイキン他800社への導入実績があります。

事例で見る越境EC成功 ~日本を超えて韓国、中国全世界に販路拡大戦略~

株式会社Ms.IDのセミナーでは、自社ブランド『セレクトモカ』の日本国内のソリューションとして、新たにCAFE24JAPANへ移行した際のメリットやノウハウを紹介しています。

新規顧客のコンバージョンを最大化させる決済手段とは? ~ジャックスグループの後払い「アトディーネ」の事例大公開~

ECサイト利用時に必須になる決済サービス。 後払い決済サービス『アトディーネ』を提供しているジャックス・ペイメント・ソリューションズ株式会社の久米氏が、後払い決済サービスと、アトディーネについて紹介しています。

未来のビジネスを決定づけるデジタル化資産戦略

中小企業向けのソリューション。未来のビジネスを決定づけるデジタル化資産戦略として、DG1が提供できるプラットフォームをご紹介しています。

通販・EC・D2C成功のためのCRMと顧客育成分析ノウハウについて

やずや通販CRM基幹システム、やずや少数盛栄塾など通販の総合ノウハウを提供する、やずや未来館による、スマホ時代の到来による、プラットフォームとの適性な付き合い方、経営=マーケティング=CRMの方程式について解説しています。

マーケティングオートメーションの活用方法と必要なコンテンツとは

企業のマーケティング活動を支援しているMtame株式会社。BtoB領域のMA(マーケティングオートメーション)の最適化について解説しています。

導入のみでCVR10倍を実現するD2C特化型SaaSとは

株式会社SUPER STUDIOのセミナー。自社が提供しているD2C特化型SaaS『EC Force』の紹介をしながら、マーケティング支援、CRM等 優位性について、事例を交えながら解説します。

全46件中 1〜 46件を表示