catch-img

「LINE公式アカウント×キャンペーンで友だちを獲得する手法。最新LINEコンテンツ運用事例と共に公開!」

株式会社ADDIX
中山 大助/石田 優依

中山 大助:株式会社ADDIX コーポレート事業部 CXユニット マネージャー
大阪で紙卸の会社に入社後、東京にて富士フイルムとNTTデータのジョイントベンチャー企業を経てADDIXへ。現在、CX室に所属。企業の課題解決とビジネス成功のために、ビジネスを全体俯瞰して、ADDIXとしての継続支援、事業拡大に従事。

石田 優依:株式会社ADDIX デジタルマーケティング事業部
2018年、ADDIXに新卒入社。デジタルマーケティング事業部にて、SNSアカウント/広告のコンサルティングから運用を担当。


多くの会社でLINEアカウントを使ったマーケティングが活性化している中、ユーザーに飽きられない魅力的なアカウントであり続けるための秘訣は?LINEアカウントの活性化、キャンペーンツールを活用した友だち獲得のアイデアを、事例を交えてご紹介します。

目次[非表示]

  1. 1.会社概要
  2. 2.事業概要
  3. 3.セミナーの目的
  4. 4.ユーザーがLINEに求めることを知る
  5. 5.LINEを活用した6つの最新事例
  6. 6.LINEの友達増加に有効な「デジタルスクラッチ」
  7. 7.「デジタルスクラッチ」を活用したキャンペーン事例

会社概要

ADDIXは、UXの知識とデジタルの知見を用い、お客さまのビジネスの課題を解決し、成長につなげることを主業務としております。そんな私たちが掲げるミッションは、「Enjoy Digital Co-evolution」。世の中の企業、商品、サービスに私たちのノウハウが加わることにより、デジタルを起点に共に進化をしていく、そういった使命を持ち、お客さまの課題に共に向き合っております。

事業概要

ADDIXは5つの事業部門から成り立っております。

1つ目が、デジタルディベロップメント事業部です。UXを起点に、アプリ開発や、LINEであればAPI連携、ロイヤリティープログラムとの連携、システム開発などを行っております。


2つ目は、デジタルオペレーション事業部です。例えば、LINEでキャンペーンを行った際の事務局対応などのオペレーション業務を代行や改善支援。そのほか、BPOで業務代行、RPAの導入支援。直近ではテレワーク業務に対するツールやソリューションの提供を行っています。


3つ目は、デジタルプラットフォーム事業部です。顧客の接点や体験を可視化・定量化を目的に、自社サービスも展開します。Googleアナリティクスのデータをパワーポイントのデータにたった1分、無料でアウトプットする「FARO REPORT」や、LINEでいいますと、LINEでいいますと、LINEを含めたECサイトなどへの集客チャネル別のパフォーマンス分析などを行います。


4つ目は、デジタルマーケティング事業部です。LINEを含むソーシャルはもちろん、クリエイティブ領域などを担当しています。今回のLINEに関する運用代行や広告出稿の業務もこの事業部が担当しています。


5つ目は、デジタルプロデュース事業部です。先の4つの専門性を持った事業部を横断し、必要と考えるプロフェッショナルを集め組織化し、企業様の課題を常に意識した推進役となるチームです。ゼロベースで新しいビジネスづくりのお手伝いもさせていただいております。


もともと、我々は某出版社様のデジタル部署の立ち上げからご支援させていただいており、その背景もあり、弊社のソーシャルメディアの実績でお伝えしますと「ファッション系、コスメ系」のお客様とのお取り組みが多くなっております。今回お話しするLINE以外にも、ソーシャルメディアのKPI設計、投稿コンテンツの企画、制作、投稿代理、効果検証まで一貫してご支援が可能です。


セミナーの目的

本日のセミナーのゴールです。

①    LINE活用の最新事例を把握する
②    自社・クライアント様で活用できる手法を見つける
③    新規コンテンツ案のヒントをつかむ

です。この3つをお持ち帰りいただきたいと考えております。

ユーザーがLINEに求めることを知る

まず「ユーザーがLINEに何を求めているか」という問いに対し、とあるデータがございます。企業の公式アカウントをフォローする理由をデータ化したものになります。このデータを見ますと、ほかのメディアと比べると、LINEはクーポンをもらう、お得な情報をゲットする、実利、実益を求めるメディアであるという認識が強いのがわかります。コンテンツを配信する側から見ますと、ユーザーが求めている実利、実益が提供できるコンテンツが大事になります。


次に、企業アカウントをきっかけに購入したことがある商品を調べたアンケートのデータをご紹介しましょう。結論からいいますと、購入のきっかけになったSNSはLINEが一番多くなっています。つまり、LINEは購入に最も近いメディアといえると思います。


我々がご支援させていただいている肌感覚で申し上げますと、1to1マーケティングで、1人のユーザーに対し実利、実益を配信する上手さ、ほかのメディアとは異なる立ち位置を確立していると感じております。そのあたりを念頭にどういった見せ方があるのか、最新事例を石田からお話させていただきます。

LINEを活用した6つの最新事例

私、石田から最新事例をお伝えさせていただきます。他社事例ベースになりますので細かい数字まではご共有できませんが、今一番どんな見せ方がホットなのか、といった目線でご覧いただけますと幸いです。


1つ目としまして、「スキンケアコスメ様」の事例をご紹介いたします。改めてになりますが、LINEにはプッシュ通知が届く空色のメッセージ画面と、下の方に常に表示されているリッチメニューの2つで主に構成されています。このスキンケアコスメ企業様は、リッチメニューの一部をタップすると診断メニューが出てくるようにし、そのメニューの指示通りに診断を進めていくと、自分が気になっているボディパーツのケア方法が動画で配信される仕組みになっております。


このリッチメニュー活用方法の優れている点は、プッシュ通知ですと何度も表示されユーザーが飽きてしまうところを、診断コンテンツというユーザーにとって学びになるようなコンテンツをリッチメニューに常に表示させることで、ブロック率上昇を防ぐ効果的な活用したところです。


2つ目は、「ドイツの自動車メーカー様」の事例をご紹介いたします。こちらの企業様はサウンドコンテンツの配信をされています。まず、リッチメッセージで音声データを配信します。その音声データをユーザーに聞かせ、「このエンジン音の車種はどれでしょう?」という問題を投げかけます。正解はこちらと書かれた赤枠をタップしますと、タイムラインに飛び、正解と詳しい解説が見られるようになっています。


こちらのLINE活用の特徴は、タイムラインで回答発表することにより、通常プッシュメッセージでいくつも送ってしまうと通数課金が余計に掛かってしまうところを節約し、さらに解説で興味喚起させているところです。このあたりから、ユーザーに対し効果的なアプローチができていると考えております。


3つ目は、「ファッションブランド様」の事例です。この企業様はメッセージで透過効果のあるリッチメッセージをお送りしています。通常、リッチメッセージは正方形のベタ貼りバナーを用意するのですが、pngの透過で意図的にアイテムの背景を無地透明にすることにより、一番クリックさせたい部分を触らせるような仕組みづくりをしております。


弊社でも透過画像の投稿を実施していますが、特にLINEでは20~34歳までの女性の反応が良く、通常の広告と比べクリック率が平均2倍ほど上がっております。


4つ目は、先程の「スキンケアコスメ様」の別の活用方法なのですが、一番下のリッチメニューとリッチメッセージの2つをつなげて、縦長の広告のようなものを作っています。ただメッセージだけで送るだけでは見過ごされてしまいますので、この2つをつなげることにより引きを強くする効果を出しています。


5つ目は、「ハイファッションブランド様」です。カルーセルスタイルのカードメッセージで投稿しています。商品のバリエーションが豊富な場合は、このようなカルーセルスタイルで投稿していくと、かなりCTRの改善が見込めるようになります。


別事例ですが、こちらもカルーセルを活用した事例で、ただ商品を紹介するだけでなく、リニューアルした店舗内観やランウェイの様子など、素材がたくさんあるような場合にもこのカルーセル投稿が有効です。


この事例を踏まえて、本日お持ち帰りいただきたいLINE活用の3つのポイントがございます。


1つ目は、リッチメッセージを多様化する、飽きさせないこと
2つ目は、リッチメニューは常に掲載される重要な広告枠であると認識すること
3つ目は、LINEの主戦場になっているホーム投稿を活用すること


という3点が非常に重要なのではと考えております。

LINEの友達増加に有効な「デジタルスクラッチ」

ここから中山に戻りまして、最後のパートをお話させていただきます。ここからはLINEのお友達に対してどのようにコンテンツを見せていくか、という点についてお伝えいたします。


改めてLINEのお友達数はどのように増やしていくか、を考えていきます。広告でお友達を獲得していく、これはもちろん有益な方法ですが、広告以外ではどのようにお友達を増やしていくのか、ここにフォーカスし、お話させていただきたいと思います。


私からご提案するのは、デジタルスクラッチです。コインで削るスクラッチカードがありますが、弊社はスマホを使い、指で削れるデジタルスクラッチという手法を安価でご提供しております。初期費用なしで、月額3万円でお試しできるツールです。


このデジタルスクラッチを掛け合わせた成功事例を共有させていただきます。


改めて、紙のスクラッチがどのようなものか考えますと、そもそもスクラッチカードを店舗やイベント会場などで入手しなければ始められないというデメリットがあります。しかし、デジタルスクラッチは「メルマガやSNS投稿、広告」など、手軽な手法で入手が可能となり、そのまま自宅にいながらスクラッチをする機会がつくれ、その場で手軽にスクラッチでき、即時当選結果もわかるというメリットがあります。


店舗集客で上手くいっている事例をご紹介しましょう。スマホで得たノベルティを店舗で受け取るという誘導を行い、店舗への来店効果がアップしたというものです。


実際にユーザーがどのようにスクラッチまで進むのか、デモ画面を見ていきましょう。読み取りますと、お名前やメールアドレスを登録するフォーマットが出てきます。必要情報を入力しますとスクラッチ画面が表示されます。


管理画面のご説明をいたします。管理画面ではキャンペーン名称やTOP画像、A賞やB賞の設定、当選確率を細かく設定できます。登録する素材がお手元に揃っていれば、たった約10分で登録が可能です。


ディーラー様に使用いただいた事例をご紹介しましょう。午前中に設定し、午後からすぐにキャンペーンを実行できるということで、紙にはできないデジタルスクラッチの優位性を感じていただいております。


簡単なフローをお話しますと、デジタルスクラッチですので、お客様のスマホでキャンペーンサイトにアクセスしてもらう、という導線もありますが、居酒屋さんでこのキャンペーンスクラッチを使用する場合、店舗用スマホや店舗用ipadでスクラッチをしてもらう、ということも可能です。例えば、生ビールをオーダーしたらスクラッチができるようになるなど、指定商品の購入を上げたい際の施策に使用できます。ほかにも、お会計時に1万円を超えていたらスクラッチが削れるようにすれば、A賞はお買い上げ金額から20%引き、B賞は10%引きなど、割引適用による客単価増加につながる施策も実施できます。


「デジタルスクラッチ」を活用したキャンペーン事例

ファッションブランド様の事例をご紹介しましょう。2018年12月と2019年1月に実施いただいたLINEのフォロワー数を獲得するためのキャンペーンに、このデジタルスクラッチをご使用いただきました。


店舗、もしくはECサイトで2万円以上購入された方、且つLINEのお友達申請をした方というのがキャンペーン応募対象者でした。LINEでお友達になったときのメッセージで、キャンペーン告知を行うことで、店頭の目標お買い上げ金額、目標友達獲得数の2つを達成することができました。


次に、神奈川のテナントビル様の事例をご紹介します。デジタルスクラッチでクリスマスキャンペーンクーポンを配布し、その期日が過ぎたらすぐにお正月キャンペーンクーポンに切り替え、効率的に集客ができた事例です。


本日のLINEを使用した集客、さらにデジタルスクラッチを使用した事例をもとに、実務として貴社にすぐに活用いただきますと幸いです。気になる点やご質問がございましたら、お気軽に弊社にお問い合わせください。ご清聴いただき、ありがとうございました。


デジタルで企業や社会をアップデートする株式会社ADDIX(アディックス)

ADDIX (アディックス)は、デジタルビジネス/ビジネスデザイン専門企業です。最新のテクノロジーとソリューションで企業の課題を解決し、ポテンシャルを引き出して持続的な成長を支援します。

企業サイトへ



スクラッチキャンペーンツール FARO SCRATCH

デジタルなスクラッチくじが体験できるFAROスクラッチサービス。
アイデア次第で使い道は無限大!店頭集客・ECサイト集客~SNSのフォロワー獲得まで、思いのまま!

ツールサイトへ

株式会社ADDIX 中山大助/石田優依
株式会社ADDIX 中山大助/石田優依

中山 大助:株式会社ADDIX コーポレート事業部 CXユニット マネージャー 大阪で紙卸の会社に入社後、東京にて富士フイルムとNTTデータのジョイントベンチャー企業を経てADDIXへ。現在、CX室に所属。企業の課題解決とビジネス成功のために、ビジネスを全体俯瞰して、ADDIXとしての継続支援、事業拡大に従事。 石田 優依:株式会社ADDIX デジタルマーケティング事業部 2018年、ADDIXに新卒入社。デジタルマーケティング事業部にて、SNSアカウント/広告のコンサルティングから運用を担当。

ECセミナーからのお知らせを受け取る

下記項目を入力の上、送信することで、

ECセミナーJPからの、更新情報、セミナー開催情報などを受け取ることができます。

オススメ 記事一覧

関連セミナー記事

「LINE公式アカウント×キャンペーンで友だちを獲得する手法。最新LINEコンテンツ運用事例と共に公開!」

多くの会社でLINEアカウントを使ったマーケティングが活性化している中、ユーザーに飽きられない魅力的なアカウントであり続けるための秘訣は?LINEアカウントの活性化、キャンペーンツールを活用した友だち獲得のアイデアを、事例を交えてご紹介します。

「キャンペーン手法によるリピート率アップと休眠顧客の掘り起こし戦略」

株式会社 ADDIXの中元と申します。私から「キャンペーン手法によるリピート率アップと休眠顧客の掘り起こし戦略」についてお話いたします。

ユーザーとブランドが創る「共に楽しむ世界」 ~ネットとリアルの融合で生まれる新しいステージ~

日本の20~30代女性の3人に2人が毎月利用するコスメ・美容の総合サイト『@cosme』。そんな『@cosme』がプロデュースする「@cosme STORE」について、本来別チャネルで販売している商品を横断的に取り揃えた品揃えや『@cosme』のランキングを反映した売り場といった特徴から、ユーザーとブランドとの接点拡大や顧客理解、顧客体験の向上につながるポイントについてご紹介します。 また、2020年1月10日、原宿駅前にオープンする「@cosme TOKYO」の店舗紹介や、アイスタイルグループが見据える新しい「ネットとリアルの融合」の姿を、リテールテックの活用、ユーザーの「体験」を大事にした仕掛けづくりとともに、お話させていただきます。

「LINE課金対策を意識したLINE×CRM施策の鉄板パターンをご紹介」

LINE公式アカウント統合に伴い、LINEのメッセージ配信による課金は、「友だち数」から「通数」に変更されました。通数課金を前提にした、メッセージ配信においては、従来の一斉配信ではなく、顧客データを活用した配信を意識する必要がとなります。 本セッションでは、通数課金の対策としての顧客データの活用、企業様が今取り組むべきLINE施策の成功事例をご紹介します。

よなよなエール流 ファンとの絆づくり

「よなよなエール」「インドの青鬼」「水曜日のネコ」「僕ビール、君ビール。」などのクラフトビールを製造・販売するヤッホーブルーイングのオフライン×オンライン問わないファンとのコミュニケーション施策についてお話いたします。

「D2C元年となる2020年のデジタルマーケティング戦略」

世界中でユニコーン企業が増え続けるなか、ここ数年の大きなグローバルトレンドとなっているD2C。旧来の通信販売となにが違うのか、日本のD2Cスタートアップの動向はどうか。通信販売の価格帯別(2,000円以上4,000円未満)シェア日本No.1を獲得したメンズスキンケアブランド『BULK HOMME』の過去と未来を下敷きとして考察します。

カスタマイズした一元管理で顧客に合った情報を即座に現場へ共有!~業務改善・人件費を削減した成功事例~

一元管理システム「アシスト店長」の利活用ポイントとして、業務改善だけでなく、企業に合わせたカスタマイズを実施。難しいサイトも統合を可能にし、人件費を抑えながらも、お客様ひとりひとりに合わせた情報を現場に落とし込む成功事例をご紹介いたします。

自社EC売上最大化セミナー ~課題ごとの売上最大化施策大公開~

株式会社これからの川村と申します。本日は、最大のCVRにするためのECの地盤づくりを、事例を含めて詳しくご紹介いたします。

KPIの可視化にかかる工数を劇的に削減し、マーケティングの意思決定スピードを上げる方法

ADDIXの木野と申します。本日は、「KPIの可視化に掛かる工数を劇的に削減し、マーケティング意思決定スピードを上げる方法」をお伝えいたします。

Googleショッピング広告で検索結果をおさえる!2019年最新トレンドと売上増加事例 大公開

Google広告のショッピングキャンペーンから生成される『Googleショッピング広告』GoogleアップデートによるSEO変動の集客への影響に対応するため、広告枠からの集客が重要性になります。 本セミナーでは、Googleショッピング広告の導入からの準備フローを効率化できる『EC Booster』を活用して、自社ECの運営をGoogleショッピング広告でくベストプラクティスを解説します。

「CPAから脱却した広告運用とは」

シナジーマーケティングはCRMのご支援をしている会社です。本日は「アドレサブル広告」に着目し、その活用補法を事例を含めて詳しくご紹介いたします。

「RTB Houseの最新トピックスから実例、ノウハウまで」

RTB Houseの高橋と申します。本日は弊社の一番の特徴であるエンジンについても、実例を含めて詳しくご説明いたします。また、新味プロダクトについてもご紹介させていただきます。

ネット通販(EC事業)とバックオフィス(EC物流)~失敗しないC事業を構築する為に~

株式会社ヒューマニアインターナショナルの代表取締役、善里と申します。今ECでどのような流れが起きており、なぜ物流、バックヤードが重要になるのか、集客に役立つUXやLTVの活用方法を交えながらご紹介させていただきます。

「日本企業のネクストチャイナ進出を実現するShopee出店戦略設計 ~出店サポート内容と連携方法について~」

BeeCruise株式会社の岩本氏が、ネクストチャイナ進出を実現するShopee出店戦略設計をテーマに、出店ステップや成功事例を詳しくご紹介いたします。

「コンタクトセンターのアウトソースを考える~コンタクトセンターをアウトソースすることで得られるメリットやアウトソース本来の意味と価値~」

コールセンターの受託業務を中心に行うCENTRIC株式会社。「コンタクトセンターのアウトソースを考える」をテーマに、そもそも事業にとってコンタクトセンターってどんな位置付けなのか、何のためにアウトソースするのか、どういったことを判断して外注先を決めていくのか?といったことをお話しさせていただきます。

リピート顧客を新規獲得しやすいWeb集客施策 〜なぜあのLPは定期加入率が高いのか?!〜

ペンシルはWEBコンサルティングの会社です。専門的なコンサルティングにより、顧客の売上をあげるための「成功シート」、解析ツール、TIPSを含めながら、数字の取れるLPの成功事例をご紹介いたします。

台湾でのLINE Pay利用状況

台湾でも圧倒的なアクティブユーザーを持つLINE。そのLINEのペイメントサービスLINE Payを活用し、台湾越境ECで成功するためのポイントをご紹介いたします。

自動撮影システムで、商品撮影はもっと効率化・単純化できる!

Orteryの「自動撮影システム」の活用ポイントとは、コンピューター制御で、いつでも誰でも同じクオリティーで撮影することが可能な点です。従来の撮影方法と比べ、約5倍の業務効率化を実現。さらに、360度アニメーション撮影を取り入れた場合の成功事例もご紹介いたします。

新規顧客獲得最終手段の真実をお伝えします!

プロスペクトクリエイは、顧客データベース、システム、アウトバンドを駆使したサービスを構築。生きたリストづくり、効果的なアウトバンドにつながる「自動見込み顧客発掘サービス」の成功事例をご紹介いたします。

ECサイトフェリシモの事例に学ぶ。 キャンペーンの売り上げを3倍にしたモーメント分析とは

株式会社ビービットのセミナー。『フェリシモ』のECサイトの事例から、データドリヴンマーケティングの重要性について、モーメント分析の具体例に触れながら、デジタルマーケティングのPDCAについてご紹介しています。

サイトに流入してきたユーザーのCV率を向上させる、仮説の立て方とシナリオ設計のコツ

ReproWebを提供する、Repro株式会社のセミナーです。今回はコンバージョンを向上させるポイント、コンバージョン貢献度などに注目し、ページ最適化について解説しています。

W11に向けてのプロモーション

アジア圏でPRサポートを展開するVECTORグループ。 中国本土におけるPR企画の立案・実施、ブランディング、マーケティングリサーチ、 イベントの企画・実施 を行うVECTOR CHINAの板屋氏による、中国のマーケットについて、2018年のW11を振り返りながら、今年のW11に向けた戦略について講演しています。

WEBマーケティングで顧客情報を徹底活用 ~データの力を活かそう~

世界的潮流として社会システムのデジタル化がダイナミックに進展しており、ビッグデータ時代が本格的に到来しています。第四次産業革命とのとらまえかたもあり、企業は15年以内にデジタル化に対応しないと淘汰されると言われています。 企業にはウェブ上で物販や予約販売などの事業基盤を構築するに加え、収益を獲得増大させるために、顧客データを活用したマーケティングが必要不可欠です。今回は、クイックにウェブマーケティングを行う意義とデータの持つ力についてセミナーを行います。

DG1活用について   

多様化、高速化が要求される現在の消費マーケットにおいて、1to1コミュニケーションが実現できるプラットフォーム「DG1」。ウェブサイトやLPの構築、カート機能や決済、オンライン予約機能まで、あらゆるWEB上での顧客体験を実現するソリューションを実際に使用していくセミナーです。

D2C時代を勝ち残る!売上UP成功率98%以上のEC戦略セミナー

ECサイトに特化したコンサルティングを展開する株式会社Crescent。D2C時代にフィットしたノウハウを、マーケティングノウハウを駆使して提供、EC戦略の最大化をご提案しています。

飛躍の2019年へ 「今」こそ見直したいビジネスモデルと集客構造

株式会社これから による、単品通販、リピート通販に焦点を当てたセミナーです。同社の支援領域はEC通販に特化したコンサルティングから、クリエイティブ制作、マーケティング支援など多岐にわたります。

Wowma!ならではの強みと戦略

auコマース&ライフ株式会社が展開しているWowma!について、コンセプトやモールにおけるビジョン、サービス対象セグメントなどを、KDDI独自の拡大戦略・プロモーション施策と交えてご紹介。 Wowma!出展をお考えの企業様向けの講演です。

「自社ブランドで年商20億まで売上を伸ばした成功事例!」~広告費を使わずに顧客をリピートさせた方法~

株式会社ネットショップ支援室、株式会社薬事法ドットコム、株式会社フルスピードの三社共催セミナー「薬機法を理解してWeb集客を効率的に行う方法」【第一部】自社ブランドで年商20億まで売上を伸ばした成功事例!

封入物=顧客が100%手に取る広告媒体! ~最小限の広告費で顧客をリピートさせた成功事例~

ECカートシステム「楽楽リピート」の利活用ポイントとして、 「封入物」を「顧客が100%手に取る広告媒体」として捉え、広告費を最小限に抑え、リピート率を上げてきた事例を、化粧品・健康食品販売業の例を挙げて紹介します。

成長を見据えた、クロネコヤマトができるお手伝い

ヤマトフィナンシャル株式会社が、EC決済業界について多様化が進む決済手段についてご紹介しています。 導入推奨の決済から最新の決済情報まで、今後メインストリームになるキャッシュレス決済などについて展開しています。

申込み完了率6.3%向上! 入力フォームでの最先端機能!

皆様、こんにちは。ショーケース・ティービーの大熊と申します。我々が得意としている領域は非常にニッチなものです。入力フォームの領域において、ノウハウを蓄積してきたものを本日はご紹介できればと思っています。よろしくお願いします。

ECサイトで成果をあげる!サイト内検索ナビゲーションの改善ポイント

同社が提供するASP/SaaS 「probo」と、「probo EC」の紹介と、売り上げアップに直結する施策…ECの『サイト内検索』の最適化をご提案。実際にサントリー、キッコーマン、ダイキン他800社への導入実績があります。

事例で見る越境EC成功 ~日本を超えて韓国、中国全世界に販路拡大戦略~

株式会社Ms.IDのセミナーでは、自社ブランド『セレクトモカ』の日本国内のソリューションとして、新たにCAFE24JAPANへ移行した際のメリットやノウハウを紹介しています。

新規顧客のコンバージョンを最大化させる決済手段とは? ~ジャックスグループの後払い「アトディーネ」の事例大公開~

ECサイト利用時に必須になる決済サービス。 後払い決済サービス『アトディーネ』を提供しているジャックス・ペイメント・ソリューションズ株式会社の久米氏が、後払い決済サービスと、アトディーネについて紹介しています。

未来のビジネスを決定づけるデジタル化資産戦略

中小企業向けのソリューション。未来のビジネスを決定づけるデジタル化資産戦略として、DG1が提供できるプラットフォームをご紹介しています。

通販・EC・D2C成功のためのCRMと顧客育成分析ノウハウについて

やずや通販CRM基幹システム、やずや少数盛栄塾など通販の総合ノウハウを提供する、やずや未来館による、スマホ時代の到来による、プラットフォームとの適性な付き合い方、経営=マーケティング=CRMの方程式について解説しています。

通販・EC・D2C成功のためのCRMと顧客育成分析ノウハウについて

ECスタートアップの成長支援のために、CRフルフィルメントの一括サービを事業コンセプトとして展開している株式会社PREDiA 代表取締役 西間木氏による、顧客体験向上のための施策について、CRMの具体的な活用と、事例として男性化粧品のバルクオムを例に紹介しています。

マーケティングオートメーションの活用方法と必要なコンテンツとは

企業のマーケティング活動を支援しているMtame株式会社。BtoB領域のMA(マーケティングオートメーション)の最適化について解説しています。

導入のみでCVR10倍を実現するD2C特化型SaaSとは

株式会社SUPER STUDIOのセミナー。自社が提供しているD2C特化型SaaS『EC Force』の紹介をしながら、マーケティング支援、CRM等 優位性について、事例を交えながら解説します。

全40件中 1〜 40件を表示