catch-img

単品リピート通販の売れる「新常識」 CVRを最大化する最新web接客とは?

単品通販の売上を大きくするポイントの一つが、LPの「CVR」。CVRを例えば120%改善するだけでも、CV数も120%成長させることができます。 CVRを大きく改善するカギは、「会話型の入力フォーム」にありました。 多くの通販企業のCVRを改善してきた実績をもとに最新の「勝ちパターン」をご紹介します。

記事を見る

catch-img

【後編】スクロール360が展開する“次世代型CRM物流”とは?

今年5月に稼働開始をした株式会社スクロール360の新物流センター、スクロールロジスティクスセンターみらい(以下「SLCみらい」)にECセミナー.jp編集部が潜入! 前編では、「SLCみらい」を関東に創設した理由やリピート通販に強みを持つCRM施策まで幅広くお伺いしました。後編では、気になるスクロール360に依頼するメリットや具体的な強み・企業ビジョンについてお話を伺います。

記事を見る


catch-img

【前編】潜入!「SLCみらい」がアフターコロナに負けない理由と最新鋭設備

今年5月に稼働開始をした株式会社スクロール360の新物流センター、スクロールロジスティクスセンターみらい。秋葉原からつくばエクスプレスで40分のみらい平駅から、徒歩で通える好立地9,000坪と、自社倉庫では関東最大級の規模を誇ります。 今回はその話題の新物流センターにECセミナー.jp編集部が潜入! 前編では、関東に創設した理由やリピート通販に強みを持つCRM施策まで幅広くお伺いしました。

記事を見る


catch-img

【事例】コロナ禍におけるリアル店舗からのデジタルシフト戦略

本セミナーでは、新型コロナウイルス(COVID-19)の影響により、販促店舗の一斉休業を余儀なくされた状況下でも、販促予算をECに積極的に投下し、事業拡大を狙った結果、コロナ情勢下でもEC売上拡大に成功した株式会社SABON Japan様の実績をご紹介致します。 株式会社SABON japanの鈴木様にもご登壇いただき、広告を活用したマーケティング戦略をディスカッション形式でご紹介いたします。

記事を見る



catch-img

「W11対策」「中国越境EC」で利用できる注目サービスを比較!プラットフォーム・拡販施策・戦略まとめ

W11、ASEAN全域へのEC展開の最新動向をまとめました。2018年の経産省の発表によると、中国からの日本製品の購入額は1.5兆円を超えており、対前年比30%と急激に成長しています。新型コロナウイルスの影響で日本で買い物ができない中国の方々は、「リベンジ消費」と呼ばれる越境ECがさらに活性化しているとの話題も。そこで、ECセミナー.jpが注目する、「中国越境EC」に関連するサービスを企業様事に施策、戦略が比較検討できるように、まとめてご紹介していきます。越境EC事業を成功させるために活用してください。

記事を見る

catch-img

「事例」をベースにしたマーケティング施策

難しい理論の話よりも、なるべく再現性のありそうな事例の話をベースにお話いたします。特にGoogle、Facebookを始めとする媒体は、自動学習を始めたことにより近年運用効果に差異が出にくくなってきました。またD2Cと言われる「Story」をもつ通販企業の参入で、ダイレクトマーケティングはますます競争が激化しています。そこで差を生むのは、「クリエイティブをどうするのか」「Dataをどう使うか」この2点に集約されると考えています。こちらに関して弊社のナレッジをお話します。

記事を見る

ECセミナーからのお知らせを受け取る

下記項目を入力の上、送信することで、

ECセミナーJPからの、更新情報、セミナー開催情報などを受け取ることができます。