catch-img

「中国越境EC」注目企業!プラットフォーム・拡販施策・戦略まとめ

W11、ASEAN全域へのEC展開の最新動向をまとめました。2018年の経産省の発表によると、中国からの日本製品の購入額は1.5兆円を超えており、対前年比30%と急激に成長しています。新型コロナウイルスの影響で日本で買い物ができない中国の方々は、「リベンジ消費」と呼ばれる越境ECがさらに活性化しているとの話題も。そこで、ECセミナー.jpが注目する、「中国越境EC」企業の施策、戦略をまとめてご紹介していきます。

記事を見る

catch-img

「事例」をベースにしたマーケティング施策

難しい理論の話よりも、なるべく再現性のありそうな事例の話をベースにお話いたします。特にGoogle、Facebookを始めとする媒体は、自動学習を始めたことにより近年運用効果に差異が出にくくなってきました。またD2Cと言われる「Story」をもつ通販企業の参入で、ダイレクトマーケティングはますます競争が激化しています。そこで差を生むのは、「クリエイティブをどうするのか」「Dataをどう使うか」この2点に集約されると考えています。こちらに関して弊社のナレッジをお話します。

記事を見る

catch-img

「LTV向上に向けたクロスチャネルCRM」

情報過多の時代において、ユーザーとのコミュニケーションをクロスチャネルで設計することが重要視されています。それを実現しようにも、DMPやマーケティングオートメーションなどのキーワードだけが先行して、実業務に落とせていない事業者様は多いのではないでしょうか?本セッションでは本当に効果の高い自社にあったタッチポイント(メール・LINE・広告など)の見極め方・具体的な事例について解説します。

記事を見る

catch-img

「ANA 国際エコー賞に学ぶ顧客体験型ソリューション」

世界の主要企業・団体がどのようなデータベースマーケティングを行っているのか、どのようにデジタルテクノロジーの活用をマーケティングに活用しているのか、それらのマーケティング活動を表彰するアワード・ANA国際エコー賞の受賞作から、実際に成果を上げた最新事例を紹介し、日本でのマーケティングプランニングへの視点や発想を解説します。

記事を見る

catch-img

「世界をもっと身近に。越境ECカートNo1が語る「越境ECのイマ」

経済産業省によると2020年迄に越境ECの市場規模は109兆円を超えることが予想されています。 縮小していく国内市場、突如現れた宝石箱インバウンド市場。 訪日観光客が日々増し大注目のインバウンド市場ですが、 そのインバウンド市場を超える可能性を持つのが越境EC市場です。 経済産業省の報告によると、越境EC市場の世界規模の対前年比成長率については、2018 年 23.3%の伸びがあり 2021年まで対前年比 2 桁成長が見込まれているとのことです。 本セミナーでは既に独自ドメインで越境ECを行っておる事業者様・これから越境EC事業を検討されていらっしゃる事業者様向けに越境ECサイト構築と、海外EC事情についてお話いたします。 豊富な実例をもとに、成功例も失敗例も包み隠さずご紹介します。

記事を見る

catch-img

「物流業者の視点から見る、これからの越境ECで攻めるべき国とは?~当社事例から学ぶ海外進出成功のカギ~」

越境EC市場が毎年拡大していく中で、海外進出に乗り出す日本のEC事業者は今や珍しくありません。 国内ECに慣れている事業者でもなかなか一筋縄ではいかないのが越境EC市場。 創業から一貫して越境EC特化の物流サービスを行ってきた当社ならではの視点から、通関事情や消費者のニーズを踏まえ、今、越境EC進出にお勧めの国をピックアップしてみました。 これから海外進出を検討されている方、既に進出しているが問題を抱えている方、などなど、リアルな物流事情を求めている方向けにお話いたします。

記事を見る

catch-img

「LINE公式アカウント×キャンペーンで友だちを獲得する手法。最新LINEコンテンツ運用事例と共に公開!」

多くの会社でLINEアカウントを使ったマーケティングが活性化している中、ユーザーに飽きられない魅力的なアカウントであり続けるための秘訣は?LINEアカウントの活性化、キャンペーンツールを活用した友だち獲得のアイデアを、事例を交えてご紹介します。

記事を見る

catch-img

「LINE課金対策を意識したLINE×CRM施策の鉄板パターンをご紹介」

LINE公式アカウント統合に伴い、LINEのメッセージ配信による課金は、「友だち数」から「通数」に変更されました。通数課金を前提にした、メッセージ配信においては、従来の一斉配信ではなく、顧客データを活用した配信を意識する必要がとなります。 本セッションでは、通数課金の対策としての顧客データの活用、企業様が今取り組むべきLINE施策の成功事例をご紹介します。

記事を見る

catch-img

自社ネットショップ特化セミナー ~2020年自社ネットショップ販促トレンド×AI活用徹底解説~

創業以来8年間1500社以上の自社ネットショップの支援をしてきた株式会社これからがこれまでのノウハウをもとに、2020年のネットショップトレンドを大予想。 最新の広告トレンドや、AIを用いた自社ネットショップの制作やコンサルティングで集めた売れるサイトのノウハウを公開致します。

記事を見る

ECセミナーからのお知らせを受け取る

下記項目を入力の上、送信することで、

ECセミナーJPからの、更新情報、セミナー開催情報などを受け取ることができます。